エヴェレスト 神々の山嶺を鑑賞したみんなと感想・レビュー・コメント一覧(168)

[全部を表示 | コメント有りのみ表示]
観てて苦しい。
ロケ、大変だったろうなぁ・・・観てて疲れちゃった。
山の前では謙虚になれ!
うーんー…ラスト10分、深町崩壊…当初の目的達成しなくていいのか!?★★☆☆☆
苦しい立ち上がりでしたね、どうなることかと思いきや、山に魅了されたツワモノどもがそこに待ち受けていましたね。内容的には単純ストーリー、でも山好きには堪らないんでしょうね、これは。
過去に映画館で見ました。映画のストーリー自体に印象はなく、どうして山に登るのか(登山家だから?)あいまいでした。あこがれなんでしょうか? とにかく見終わった後の感想が、すごい大変なロケだったろうなくらいでした 65点
就寝前にみて、疲労した。死んでいる様子がリアルでぞっとした。自然こわい。
ロードショー落ち映画館。主人公の極限状態の表現が、夢枕獏の中でも最も文体がフィットした本だと思っているので、2時間の映画で表現するのは無理だったなあという感想。色々なテーマが散らばっててもったいない。
家族も何も捨てて 自分の夢に突き進む羽生。自分勝手な人だと思うけれど そうしなければ生ける屍なんだな この人はきっと・・・。カッコいいけど自分の家族なら やっぱり辛いですね。
オリジナルストーリーじゃない場合、原作の核の部分が重要になってくると思う。それを表現するためなら端折ったってかまわないし、構成の組み替えも全然ありかなって。で、この作品はその点どうなのよっていう。山と対峙する中で見えてくる人の、存在。羽生を追いかけずにはいられない深町の葛藤。原作の場面ごとの切り取り・つなぎ合わせだけじゃ、うまくいかないんじゃないかしら。
on flight from 上海虹橋
岡田くんも阿部寛もサイコー! だけど、原作のいいとこすっぱ抜けすぎー!
阿部寛の演技が圧巻。岡田准一もそれに負けずに前半と後半で顔つきが変わるほど迫真迫るものがあった。原作を読んでいなかったので、ぜひ原作を読んでみたいと思った。
映像的には素晴らしいし、凄いドラマであった、役者は良い仕事をしてる、と思うが、あまり人にお薦めしたくない。理由は、後味があんまり良くないから。まあ原作(未読)が夢枕獏である事を思えばホラーの文法が現れている事は予測して然るべきであった。冷静になってみると何でそんな理由でこんなことに、という気もしてしまうが、そこへ引き返せない男達の物語、ということであろう。結末は原作よりやや受け入れやすく改変されてるのかな。あと林家彦いち師匠がちょっとだけ出演してて驚いた。原作者の人脈からであろうか。
映像素晴らしい。途中展開がはやくて残念な気もしたけど、強さを学びました。
未読ですが原作の文庫本はものすごい厚さです。これを2時間に圧縮することが無理だったのかもしれませんが、天才クライマーと同じことを山岳写真家とはいえアマチュア登山家がやってのけて仕舞うのはなぜ?ストーリーに深みがありません。岡田君はやっぱりジャニーズですね。背が低そう。永遠のゼロでは気にならなかったが。阿部寛が長身すぎるからか、気になって仕方がなかった。映像は素晴らしい、その点は一見の価値あり。
原作も漫画も読んでいない人向けだと思う。みんな人間が強すぎるよ。強いのは羽生だけでいいのに....。
晴天の山は、例えようもない程美しい。だけど、一旦天候が崩れると、これ程恐ろしい所は無い。山の天候は、一瞬で変わる。まさに、命がけで挑む美しさだ。「何故、山に登るのか?」との問いに、羽生は言った。「そこに、私が居るからだ。」と・・。命がけで挑む程、美しく荘厳な山。それこそ、神の領域。神々の山なのだ。
羽生(阿部寛)の凍死体が一番印象に残っちゃった! 2016#13
[全部を表示 | コメント有りのみ表示]
ログイン 新規登録