オートマタを鑑賞したみんなと感想・レビュー・コメント一覧(49)

[全部を表示 | コメント有りのみ表示]
評判はあまり高くなかったので期待低めに観たのだが、その低い期待を超える出来ではなかった。人類の為に働くロボットが自我をもったらという王道のテーマを危機的近未来というこちらも王道の設定。部分的にはいくつか面白い/新しいシーンやアイディアが見られたが、それらが効果的に脚本に練こまれておらず、全体として完成度の低い印象を受けた。「人間性」や「ジェンダー」など深いテーマを取り上げていて、その意図は評価できるが、十分表現できていたとは言い難い。主役が違う俳優ならいう考えが一瞬頭をよぎったが、やはり脚本でしょう。
最初はやっぱりどうしても「ブレードランナー」を連想してしまいます。しかしだんだんと「あれ?あれれ?」と方向がかわってくる、みたいな。そして、ラストを観て「なんかトゥモローワールド落ち着いたな」って感じ。人間の赤子じゃないけど。あと、髪の毛が青いのは、綾波?
よくある退廃的な未来で、よくある人間とロボットとの何やらが起きて、「まぁ、そうなりますよねぇ」という展開で進む映画。僕の集中力が乏しかったのか、登場人物の感情が読み取りにくくて、「?」なまま終わった印象。盛り上がりを期待したんだけど、一定のテンポでそのまま収束しちゃった感じ。パンフで物語を補完しよう。にしてもパンフ薄いなぁ。
◆社会派SFで、アクションものではない。人間たちが絶滅への道を歩いている、その先を考える話。人間ならば虚しさを感じてもいいはずの設定だが、ラストは詩的な希望感がある。達観しているとも、安らかとも言える内容だった。 ◆オートマタの設定と造形が好き。人工知能の進化をわざと抑制し、コントロール下に置こうとする人間たちの設定がよく反映されていると思った。主人公の目線を通して愛着も覚える。 ◆生命賛歌の仕方が好きすぎてうっかり2回見た。あと、アントニオ・バンデラスは最高にかっこいい。
ken
4.サルからヒトに進化したように、ヒトも人工知能に進化する。生物と無生物で異なるように感じるが、それゆえに人工知能には「自己改造してはいけない」というプロトコルが設定されている。このプロトコルが破られると、人知の及ばない域に進み始めてしまう。
en
@劇場
早く「エクスマキナ」が観たいなぁ、まさかDVDスルーなんてことはないよな?
実は一番大事な最後のネタきちんと理解できていない……。けど、やっぱ人工知能SFはこういうのが好きだなあ。
近未来ものなんだけど、なんかオートマタのデザインとかが古くさい…退廃した世界感を出すためあえて古くさくしたのでしょうか。AIモノにありがちな、アンドロイドが進化しているという話で、黒幕やオチも想像通りでいまひとつ捻りがなかったのが残念。
荒廃した近未来SFが大好きなので満足はしたけど、今ひとつぐっとくるものがなかった。汚染された街とどこかにある海、もうすぐ生まれる子供と自己修復するアンドロイド、とかは好きのにな。第1プロトコルを頑なに破らないのはなんか「人間様」って感じで嫌だから、個人的には「生命など瑣末!」とか言って第1プロトコルも破ってくれるほうが好き。
SFアンドロイド映画の世界観デザインはいい加減更新されるべき。アンドロイド三体との行方知らずの砂漠行脚は非常に良かった。あとアンドロイドが作ったメカは見たことないデザインで非常に良かった。ツッコミどころも非常に多いけど概ね満足の良い映画だった。
オーソドックスな退廃未来のAI進化モノ。人間とAI、それぞれの行動様式も既存の概念を踏襲している感じで、あまり目新しさはなかった。生活圏が広げられないくらいの汚染区域に嬰児をつれてくんなよぅってもにょりながら後半観てた。街中に傷痍ロボットが溢れてる絵面に、人類さもありなんと皮肉を覚えつつ。ダンスのシーンはよかったな。数えられるなら踊れる。
バンデラスは小物臭漂う役が板についてしまって寂しいやら面白いやらで何とも言えないなぁ。 生き残った人間全員馬鹿なの?って思ってしまうけど、世界観はかなり好き。
とにかくアントニオ・バンデラスが散々な目にあって弱っていく様子がかわいいw不殺を貫くロボット達と銃を撃ちまくる悪役にしてはパッとしないオッサン達とを比較すると、地球の未来をまかしたくもなる。
srg
つっこみどころ満載SFでした。。
80~90年代のSFってこんな感じだったよなあと思いつつ、まあ楽しめたので良し。
自宅にて鑑賞。ブルガリア・スペイン・カナダ・米合作。2044年、太陽嵐で人口が99.7%に激減し2,100万となり、ROC社はオートマタ"ピルグリム7000"を開発、あり得る世界観を視覚化した作り込まれたビジュアルに様々な言語が行き交うSEの中に時折日本語が流れるデストピアが舞台。人工知能の自我の目醒めと云う有り触れたテーマを物語の縦糸に、創造主と生命、死生観迄を描く黙示録。坊主頭のA.バンデラスに馴れる迄、少しかかった。ラストの着地点は定石だが、今年ここ迄観た中では文句無しのNo.1。80/100点。
川崎チネチッタにて。クリオさんかわいい。You can count, you can dance.
いろいろなことを試しているかのような作品。ロボットとダンスとかキスとか。いやロボットって言っちゃダメなのか?ロボットにディスられるところは猿の惑星の置換のような気もする。
[全部を表示 | コメント有りのみ表示]
ログイン 新規登録