『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』映画前売券(一般券)(ムビチケEメール送付タイプ)を鑑賞したみんなと感想・レビュー・コメント一覧(76)

[全部を表示 | コメント有りのみ表示]
08/15
08/12
08/11
08/09
08/07
@映画館 観るかどうか迷っていたが、楽しめて良かった。SWの新作観るとまた旧作を見直したくなる。SW熱再燃。
諸事情(1回目冒頭10分ほどを見逃していた)で早くも2回目。やっぱりミンバン戦の描写が好き。将校クラスが結構戦死してそうなところを見ると、帝国軍も圧倒的というわけではなかったのだなと改めて思う。1度目はキーラの芯の強いキャラ描写に戸惑っていたのだが、最初から割とそんな感じだったので納得できた。ターミネーターの時とはちょっと印象が違ったが、変わらず魅力的な女優さんだと思う。ソロは1回目の時も思ったが、時々ハリソン・フォードの面影が見えるのが良いと思う。個人的には納得の若きソロ。チューバッカ先輩は言わずもがな
ただのSF時代劇ならばかなり面白い、けれどこれがスターウォーズだとすると凄くつまらない、そんな印象。 若い頃のハンソロは、脚が短かかったんだなぁとか、なんか端々が新しいなぁとか、本当にこの後ルークやレイアに出会うのかなぁ…とか、いろんなことで、時代のつながりをまるで感じられなかった。 キーラとの再会は唐突すぎて最後までしっくりこなかった。 ミレニアムファルコンがなぜぶつからずに何処へでもいけるのか、L3-37ドロイドのこととかがわかって、そこは観てよかった。全てのスピンオフがうまくいくとは限らない。
スペースオペラスターウォーズシリーズに埋め込まれた宇宙西部劇。西部劇を数作観てから観るとそのテイストが散りばめられているのがわかって楽しめた。アメリカではこけたと聞いていたので期待値が低かったのだが私個人としては割と楽しめた。脇を固めるキャラクターが個性的なのはもちろんのこと、チューバッカはやはり良いキャラである。クローンウォーズのアニメシリーズを観ていなかったせいで大いに混乱したシーンがあるのだが、是非とも張った伏線は回収してほしいものだ。
07/30
疾走感はありましたが、脚本がちょっと複雑過ぎたような・・・。エピソード7以降にも言えるのは、SWの原点である「勧善懲悪」要素が薄れているのでは?という点。騙したり騙されたり、裏切ったり裏切られたり、いったい誰が黒幕?みたいな展開は、他の映画に任せていいんじゃないですか?あと、時系列的にはエピソード4の前だそうなので、そこに繋がるような何かを描いてほしかったですね。
ジェダイがいなければライトセーバーもなくドロイドもそんなに出ない中で頑張ってスターウォーズ感を出そうとしてたけど、資源強奪の話だったせいかマッドマックスみたいだったwチューバッカとミレニアムファルコンが出てくるだけで個人的には1800円の価値あるから楽しめたけど、更に個人的にはハンソロは港(惑星)に一人ずつ女がいるぐらいで丁度いいのに行動理由が女かよ〜ってとこと、ルークと出会った時あんなにやさぐれてて30ぐらい?で今作20ぐらい?のハンソロあんまりにもガキ、そしてインディジョーンズの若い頃と比べてイケメン
ryo
07/22
07/21
銀河一のアウトロー、ハン・ソロ。 ハン・ソロさんも若い頃は苦労してたんだね……、てかその後もっと苦労してたけども 笑 ダース・ホニャララさんは、アニメとリンクしてるらしいのですが、SWアニメはノータッチなので、唐突に出てきた感がありましたね……。 ローグ・ワンほどではないけど、楽しめました。
TOHOシネマズ日比谷にて鑑賞。若き日のハン・ソロとチューバッカの関わりを描いた作品。ハン・ソロの意外な経歴と名前の由来、これまでの作品を見てても思いつかなかった2人の出会いの展開に驚かされました。これまでの作品との音楽の使い方にも驚かされました。ハン・ソロとヒロインのキーラとの今後の展開が見たくなりました。
[全部を表示 | コメント有りのみ表示]
ログイン 新規登録