IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/イラスト・カード付) [Blu-ray]を鑑賞したみんなと感想・レビュー・コメント一覧(150)

[全部を表示 | コメント有りのみ表示]
ホラー&グロ版グーニーズといった感じ。子供の頃はカーテンのシワとかも人の顔に見えて怖かったなぁ。この映画も子供の頃に見たら凄く怖かったと思う(R指定だけど)。大人にはちょっとヌルイ感じかな、悪くはないのですが…。映像は結構綺麗です。これが第一章らしいので、続編に期待。
なんか・・・マイクがひどい目にあいすぎじゃない?
よかった。 R指定なのが残念。子どもが観たらとても怖くて面白いと思うだろうなぁ http://retsudansensei.hatenablog.com/entry/2018/07/29/145629
何も足さない、何も引かない。つまらなくはないけど目新しいものも一切ないという。単行本化した時にちょっと加筆修正しましたという漫画を読むようなきもち…。大人や世間に搾取され押しつぶされている子ども達が、友情という光に救われてるというスティーブンキングのジュブナイルがちゃんと描かれててよかった。大人編は面白いかもという期待はある。ヘンリーの苛められっこ達への異様な執着が歪でよかった。
次の第二章で終わりにして欲しい!シリーズ化は勘弁して~
ena
劇場にて。ピエロの変貌っぷりはやりすぎ感がある。所々笑えた。
ピエロが笑う口元が妙な動きで怖かったなぁ。化け物になってからの口も怖いけど。実は原作を買ってほったらかした。確か4冊組。2時間にまとまる話なのかと思ったら、最後の字幕に第一章...続くのか。ブラッド・オン・ブラッドしちゃったしね。ホラーの部分よりは、現実の方が怖かったかなぁ。娘を手籠めにしている父親、子供を病気に仕立て上げて子離れできない母親、子供の一人を失って、もう一人の子供に無関心になる両親。アイスクリームを食べている最中に片づけられるって悲しい。こういう子供、スタンド・バイ・ミーにも出てきたね。
いやいや、いじめで腹にナイフで文字彫るとかそっちのが怖わいは
キャストが素晴らしい、特にベバリー。
スプラッタ系ホラー。ホラー演出は洋画らしいオーバーさで、逆に冷静に見れた。ピエロや、グール、ゾンビなど日本では馴染みのない妖怪たちで怖さがしっくりこないのかも。それよりも、子どもに無関心で胸糞悪い大人達の方が怖い。
子供の頃に観た気もしますが改めてリブートってことで鑑賞。恐怖に立ち向かえる勇気が己を助けるっていう仲間達との冒険がまさにジュブナイルでいいですよねー。まぁ全体的に面白いかどーかは別なんですが…。しかも続編製作なんですねw
 SをVにしたのか。
ITを観たはずなのに貞子?...とみせかけて、実はグーニーズ的なスタンドバイミーだったワ〜!!最後が泣けたぜ♡ 映像の進化もあるんだろうけど、リメイク前のペニーワイズより細かな表情の移ろいや演技が冴えていたように思いました。それに素顔がハンサムってところがまた♡
スタンド バイ ミーと貞子と寄生獣たびたびクーちゃん。最後の一行に監督のセンスを感じる。
ギンレイホール。スティーブン・キング原作の映画化。17年周期で町に現れ子どもを襲うピエロが気味悪い。この町には、子どもを救おうとする大人はいないのか? 
[レンタル][奨]
弟くんが不憫ったら!
zan
恐怖心の想像力。おデブちゃんの僕の恋が成就しなかったのは可哀そう。そんな彼のお腹にナイフ突き立てて自分の名前を彫ろうとするいじめっ子は常軌を逸している。そして残念な大人が多すぎる。自治体がしっかり下水道周辺の整備をしなければならない。
面白い。小説版でとても印象に残っていたが、本作では再度感動を味わえた。次作に期待。 冒頭のジョージーのシーンでは、ペニーワイズに恐怖より怒りを感じた。あのクズ野郎目が!あんな可愛い子供を襲うなんて! ビルの勇気がみんなに伝染し、立ち向かう姿はとても勇気付けられる。STAND BY MEのホラー版的な感じが良い。 単純なホラーではない、ストーリー性が本作の魅力である。 小説を再読したいなぁ。
なぜピエロが子供を襲うのか、その理由とかが分からなかったのでいまいち感情移入できませんでした。
[全部を表示 | コメント有りのみ表示]
ログイン 新規登録