昼顔 DVD通常版を鑑賞したみんなと感想・レビュー・コメント一覧(138)

[全部を表示 | コメント有りのみ表示]
現実世界でもどこか当たり前のように軽く取られるようになってしまった不倫をこの作品はドラマの時点で真剣に捉えて描いており心にずっしり響くものがあったが映画の結末もその流れをしっかりと受け継いでいてある意味切なく悲しくずっしりと印象に残った。やはり不倫は人を傷つける訳でするのであれば失う物があるかもしれないし幸せにはなれないかもしれない、そういった覚悟でするべきだと改めて感じた。そうすれば軽い気持ちでは出来なくなる筈。甘えた考えで不倫が横行する昨今の世の中に喝を入れてくれるような作品で個人的には好みである。
終盤、衝撃的な展開!何か、そうなる感じがしてたけど・・。究極の悲恋物語!沙和の左手の薬指に止まった蛍。そして、ラストが、ビックリ!「夏祭りの踊りが上手に踊れたら、いい事がある。」
【A】ドラマは視聴済み/まさかの展開に胸が苦しくなった。世の中「理性」だけではどうにもならない「感情」というものがある。それはそれ程までに誰かを愛したことがなければわからないだろう。不倫を否定も肯定もしないが、それだけは経験上いえること。
周りを引っかき回すだけ引っかき回しておいて 呆気なく置いて行くなんてなんて身勝手な男だろうと
地上波録画にて。ドラマから3年後の続きとなるストーリー。そんな展開に…怖いわ。
ドラマは未視聴。しかし、上戸彩も斎藤工も好きなので、テレビ放映を見てみた。普段、恋愛モノ − ましてや不倫モノを見ることはないので新鮮だったが、最後はやっぱりそうなっちゃうよね・・・という感じ。ある意味ホラーより怖い。人間が一番怖い。
★★★★人間って,あっけなく儚い。だから好きなことやっても良い訳じゃないけど。善し悪しの判断がつかなくなるほど,人を好きになるのには憧れるかも。斎藤工のフェロモンちょうだいしました。
ドラマの再演だとばかり思っていたが、あれから3年後という続編物。舞台は金沢八景の運河の街から三浦半島の漁村へ移ったが、自転車を漕ぐ上戸彩はドラマから引き継がれた。吉瀬美智子などの話はまったく出てこないので、不倫の後日談として、映画ならではのコンパクトなストーリーラインになっている。伊藤歩のコワイ奥さんや後味の悪い結末もドラマでは難しいだろう。しかしやはり上戸は存在がフォトジェニック過ぎて、井上由美子が練りに練った「神様、あの人を私にください」などの台詞は上戸の透明な身体(このあり方は波瑠に似ている)を上滑
【日本語】社会現象なんて起きてたっけ?いっそ奥さんサイドから見た話にすればスカッとしたかも。誰もスカッを求めてないか。
どうでもいい感じ
地上波録画で鑑賞
二人とも死んでしまうかと思ったが
まさかこんな結末になろうとは…。あの時はああ言ったのに…人の気持ちはあてにならないってことかな。不倫がテーマになると、"気持ちが離れたのに家庭に収まる"もスッキリはしないし、"略奪愛成功"もなんか見方を変えれば嫌だし、かといってこんな結末は最悪すぎると思う。私が紗和なら立ち直れない…。けど、強くもしてくれた。う〜ん。厳しい。辛い。ラストの線路に踵が挟まった時に、過去の出来事が急にパッと表れる感じ。無音のあのシーン良かった。
★★★★☆
流し見でちょうどよかった。恋愛って個人の自由だけど,,いろんな人が絡むと難しいね。
いろいろ悲しくなった。。
22
不倫では幸せにはなれないのよ、というありきたりな終わりでなんかがっかり。。。ぐちゃぐちゃなもの抱えながらも法的には清算して超幸せになってくれた方が、映画としてもあれこれ考える余地が残っておもしろかったろうに。これじゃただの後味悪いだけの話だよ…。そして離婚届もらった後に悠々と車で送ってもらう男が馬鹿すぎる。
後味。あとお店の怖い店員が黒沢あすかだったのかと後から知ってびっくり。ドラマのほうが軽く見れてよかったかも。
これは・・酷いな。欲深い女達を対立させて、人殺しと泥棒はどっちが罪が重いですか?ってか? 観なくても良かったな。
[全部を表示 | コメント有りのみ表示]
ログイン 新規登録