『マイティ・ソー バトルロイヤル』映画前売券(一般券)(ムビチケEメール送付タイプ)を鑑賞したみんなと感想・レビュー・コメント一覧(86)

[全部を表示 | コメント有りのみ表示]
やっぱりソーが一番好きだァア(;;)ワイルドなルックスが変わりすぎてショックだったけど、慣れたら凄く爽やかになった。 各キャラのお約束出し切り+魅力的な新キャラ+ソーが大成長…ギャグも深みも増してくるなんて凄い。 相変わらずスケールでかすぎんよ。新ヒロイン?やヘイムダル、岩も合流するのかな?記憶力心配だけど楽しみです。ジェーンは…(察し)
死の女神ケイト・ブランシェットに惚れる。コメディ色強いしアズガルドの国民少なすぎだし他にも細かい不満はあるけど面白かったからまぁいいか。絵画的なショットを織り交ぜてるのも好みでした。
やっぱり私はMCUのシリーズでソーのシリーズが一番好きかもしれない。ユーモアとアクション。特に本作はアクションが見どころ。邦題問題もあって不安があったがなんのその。ソーのシリーズは他の作品に比べるとコメディ色の強い印象があるのだが、原作からするとどうなのだろう。私は好きな部類である。世界観が近いところが舞台になるせいか、ガーディアンズオブギャラクシーのノリに寄った気もした。とにかく迫力のアクションとユーモアが楽しめる一作。必殺技?"助けて"が個人的にはお気に入り。
TOHOシネマズ秋田で鑑賞! 実は、「ジャスティスリーグ」を見たあとにこちらを見たので、少し小粒な感じがしちゃってダメでした…(結構、高評価の人が多くて楽しみにしてたんだけど…) 見る順番って大事かも… 吹き替え版だったし、お笑い要素が多いのも、なんだか小粒感強くなってしまったのかも…
面白かった。。。けど、アズガルドの国民って宇宙船ひとつに乗り切るほど少ないの?ちょっとガーディアンズオブギャラクシーっぽくなりすぎ。前1,2作みたいにもう少し神話の世界のお話にしてほしかったな。あとウォーリアーズスリーがあっさり退場しすぎ。前1,2作のレギュラーがここまであっさり殺される展開はさすがに嫌だった。
今作は「ガーディアンズ・オブ~」を髣髴とさせるようなポップ感になってましたね。ツェッペリンの「移民の歌」がアクションとマッチしていてシビれました~☆カール・アーバンの愛機「デス」と「トロイ」も抜群!ヒロイン?のテッサ・トンプソンがブス可愛いくていい感じ(笑)。地球に来たら、ソーを巡ってナタリー・ポートマンとバトるかもしれませんね☆
バトルロイヤルなどという邦題はやめて欲しかったけど、映画自体は良かった。 今までよりもコメディ色がつよい。ロキはいいとしてバナー博士ってあんな残念だったかな。 キャストを改めてみると脇を固める人達がなかなか豪華。ケイトブランシェットなんて言われないと分かんない。あのくだらない寸劇はマットデイモンらしいし笑。 1番かっこいいのは移民の歌の戦闘シーン。それと浅野さんの見せ場も良かったな。
移民の歌がただ単にかっこいいから劇伴として使われてるんじゃなかったんだな……そのまんまやんけ!
マーベルお得意の明るさで安定のアクション。弟はやたら手が掛かるけどお姉様はそんなものじゃない!ムジョルニアが木っ端微塵!ショック受けるも(キャプテンとの合わせ技のゴォォンっとか好きなのに笑)ソーが覚醒~さすが板についていて不本意ながらの短髪でカッコいい!ロキの罠にも警戒を怠らないし笑。この兄弟好き笑。トムヒは立ち姿から満足であまのじゃくブリが素晴らしい。アスガルドがあんなことになって今後の展開はどうなるの!?小ネタ満喫させて貰ってなんですがここまでくると一見さんはどのくらい楽しめるのか気になってしまう笑。
父オーディン亡きあと、死の女神ヘラがアスガルドを支配し始める。しかし王子たち二人は、グランドマスターが支配する星へ流れ着き、ソーは奴隷としてチャンピオンと闘わなくてはならなくなる、という話。前作の不穏な終わりから、なぜいきなりコロシアム?とちょっとがっかりしていたのだが、展開に矛盾はなく、しっかりまとめ上げていた。オーディンと息子たちの会話の時、カメラがロキにフォーカスした理由や、ハルクが二年も星に残っていた理由を、セリフで説明しないというところも、コメディの面白さだけでなく、監督の技を感じた。
迫力満点。面白かった。悪人だったロキやヴァルキリー達が、ソーの力になっていくのが、爽快だった。
かなりコメディ風なので、驚きました。でも、それなりに楽しめました。
ソーってこんなに軽いノリだったっけ?と、思うほど軽かった。ロキともややブラックコメディのノリで父親が亡くなっても悲しむ気配もなくサラッとやり過ごしてしまう。まあ、次のアベンジャーズ インフィニティのつなぎ感アリアリって感じかな。でも、期待どおり面白かった。
やっぱりアベンジャーズシリーズは面白いですね〜(^-^)/今作のソーは短髪に切られてしまったけど、よりカッコ良かった〜(笑)兄弟の絆も良かったし…姉出現はビックリ…ストレンジ、ハルクと仲間が出て来ると嬉しいですね〜♪色んな意味で楽しかった作品でした☆☆☆☆
ソーとロキは仲良しだよね!裏切りも想定内だし。面白かったです
3作目のノリが一番好きです。
日本語吹替版で鑑賞。第三作は真面目にファンタジーしていた前ニ作と比べて、うって変わった賑やかなバカ映画。一応、死の女神ヘラをケイト・ブランシェットが貫禄充分に演じているのも見どころだが、途中でソーが異世界に飛ばされてハルクと再会するくだりの確信犯的なバカテイスト全開ぶりは楽しいけど、本来の世界観と乖離があり過ぎて賛否別れるかも。安い80年代デジロックな音楽もバカムードを高めていた。吹替キャストでは、天海祐希のヘラがハマっていて、ヅカの人は様式的な芝居が上手いなぁ、と。
楽しませてもらいましたが、確かにノリが軽い。好きだけど。神様って何だっけ?だし(まぁ異星人ってことか)、家庭不和の問題ってその通りで周りに迷惑だし、余りに人間らしくて…いいのかな?助けてごっこは良かった(笑) 頭空っぽにして楽しむ映画ということで。次はアベンジャーズか。
ソーとロキの「助けて作戦」可愛かった~。面白かったんだけど、コメディ色が強すぎて安っぽくなってしまった感じがした。
ソーは長い髪のほうが好きだ……。
[全部を表示 | コメント有りのみ表示]
ログイン 新規登録