『マイティ・ソー バトルロイヤル』映画前売券(一般券)(ムビチケEメール送付タイプ)を鑑賞したみんなと感想・レビュー・コメント一覧(69)

[全部を表示 | コメント有りのみ表示]
バトルロイヤルなどという邦題はやめて欲しかったけど、映画自体は良かった。 今までよりもコメディ色がつよい。ロキはいいとしてバナー博士ってあんな残念だったかな。 キャストを改めてみると脇を固める人達がなかなか豪華。ケイトブランシェットなんて言われないと分かんない。あのくだらない寸劇はマットデイモンらしいし笑。 1番かっこいいのは移民の歌の戦闘シーン。それと浅野さんの見せ場も良かったな。
移民の歌がただ単にかっこいいから劇伴として使われてるんじゃなかったんだな……そのまんまやんけ!
マーベルお得意の明るさで安定のアクション。弟はやたら手が掛かるけどお姉様はそんなものじゃない!ムジョルニアが木っ端微塵!ショック受けるも(キャプテンとの合わせ技のゴォォンっとか好きなのに笑)ソーが覚醒~さすが板についていて不本意ながらの短髪でカッコいい!ロキの罠にも警戒を怠らないし笑。この兄弟好き笑。トムヒは立ち姿から満足であまのじゃくブリが素晴らしい。アスガルドがあんなことになって今後の展開はどうなるの!?小ネタ満喫させて貰ってなんですがここまでくると一見さんはどのくらい楽しめるのか気になってしまう笑。
父オーディン亡きあと、死の女神ヘラがアスガルドを支配し始める。しかし王子たち二人は、グランドマスターが支配する星へ流れ着き、ソーは奴隷としてチャンピオンと闘わなくてはならなくなる、という話。前作の不穏な終わりから、なぜいきなりコロシアム?とちょっとがっかりしていたのだが、展開に矛盾はなく、しっかりまとめ上げていた。オーディンと息子たちの会話の時、カメラがロキにフォーカスした理由や、ハルクが二年も星に残っていた理由を、セリフで説明しないというところも、コメディの面白さだけでなく、監督の技を感じた。
迫力満点。面白かった。悪人だったロキやヴァルキリー達が、ソーの力になっていくのが、爽快だった。
かなりコメディ風なので、驚きました。でも、それなりに楽しめました。
ソーってこんなに軽いノリだったっけ?と、思うほど軽かった。ロキともややブラックコメディのノリで父親が亡くなっても悲しむ気配もなくサラッとやり過ごしてしまう。まあ、次のアベンジャーズ インフィニティのつなぎ感アリアリって感じかな。でも、期待どおり面白かった。
やっぱりアベンジャーズシリーズは面白いですね〜(^-^)/今作のソーは短髪に切られてしまったけど、よりカッコ良かった〜(笑)兄弟の絆も良かったし…姉出現はビックリ…ストレンジ、ハルクと仲間が出て来ると嬉しいですね〜♪色んな意味で楽しかった作品でした☆☆☆☆
ソーとロキは仲良しだよね!裏切りも想定内だし。面白かったです
3作目のノリが一番好きです。
楽しませてもらいましたが、確かにノリが軽い。好きだけど。神様って何だっけ?だし(まぁ異星人ってことか)、家庭不和の問題ってその通りで周りに迷惑だし、余りに人間らしくて…いいのかな?助けてごっこは良かった(笑) 頭空っぽにして楽しむ映画ということで。次はアベンジャーズか。
ソーとロキの「助けて作戦」可愛かった~。面白かったんだけど、コメディ色が強すぎて安っぽくなってしまった感じがした。
ソーは長い髪のほうが好きだ……。
今回は終始コミカルで何度も笑ったしアクション満載でスカッとする、ほぼGotG的なノリ。宇宙なシーンが多くてインフィニティウォー愈々な感じ! 途中ハンマーのないソーが宇宙人に簡単に捕まるほど弱すぎてショックだったけど、その後雷神として覚醒しありがちだけど格好いい!結局それでもヘラには勝てなかったのだけど、ハートの強さで倒した所が泣ける。弟に裏切られ、父が死んで、姉に片目を潰され、最強の武器も壊れ、その上で故郷の土地を失ってでも「アスガルド」を守る選択をしたソーは本当に強い真の王だと思う。良く成長した。続↓
こんなおバカな映画よく作ったなあって感じ、フリーパスで見たけど金払って観てたら腹たっただろうなあ、これは漫画と思って諦めざるを得ない。神々の闘いの話なら聖闘士星矢でも実写化してくれた方がマシだ。
原題ラグナロクの看板に偽りなく起こってる出来事自体はシリーズ屈指の深刻さでネームドキャラもバンバン死ぬのに全く暗い印象を残さないのが凄い。『アベンジャーズ』から始まったロキいじり芸も一つの完成に至った感有り。ソーシリーズで一番好き。
映画館)2017年46本目の観賞(TOHOシネマズ上野にて)。1、2作目とずいぶん作品の雰囲気が変わりコメディパートが多くなった。その分、自分的には楽しく観賞できた。ナタリーポートマンが出なくなったのは残念だけど、その分話が面白くなったので良しとしたい。ロキがいつ裏切るかハラハラしながら見ていたが、最後には共闘したのでホッとした。(それでもまたいつ裏切るか分からないけど。)後、邦題の付け方に物申したい。バトルロイヤルの意味、ちゃんと知っているのかと思う。感想はこんなところです。
1作目2作目と毛色をがらりと変え、コメディ色強めで挑んだ3作目は結果としては成功であろう。MCUユニバースがそもそもDCユニバースと異なり、シリアスとコメディのバランスを上手く保っているという利点を持っているから、その系統に傾くのは自然であり、面白くなるのもまた自然である。ゴーストバスターズでおバカキャラを演じた彼だから、ソーだとしてもすんなり進んだことだろう。トムヒドルストン、マークラファロとの掛け合いはにやけが止まらない。ジャスティスリーグもきっとコメディテイストを入れてくるだろうが、どうバランスを取
ソーの父によって封印された死の女神ヘラが復活し、アスガルドを占領する。ソーは武器ムジョルニアを破壊され、辺境の惑星で奴隷剣闘士にされてしまう。惑星脱出を懸けてチャンピオンと対決することになるが…という話。 父の死や故郷の破滅など、テーマが重いのにどのシーンにもほぼ必ずオチが用意されているくらいコメディタッチです。過去2作と明確に異なり、GOTGに近い作風になりました。そしてソレがどハマリしています。 バディ要素と兄弟要素が同時に上手く絡まり合い、2時間10分があっと言う間です。 85点。
[全部を表示 | コメント有りのみ表示]
ログイン 新規登録