「夜は短し歩けよ乙女」 DVD 通常版を鑑賞したみんなと感想・レビュー・コメント一覧(82)

[全部を表示 | コメント有りのみ表示]
自意識の戦場ですね(^^)
zan
詭弁踊り気になる。何かの祭りのパロディだろうか。普及させよう。ときどきエロい。
★★★ “四畳半神話大系”と同じ制作陣ってことで期待したけど、これは原作に比べるとイマイチだった。
★★☆☆☆小説と同じくシュール(W)
小説と同様、軽快で愉快でおもちろい (๑ᴖ◡ᴖ๑)♪
パンツ総番長に思いを寄せる女性の歌が凄すぎて声優さんググッてしまった。たった一晩のお話…なんですよね?
四畳半の”私”はすごい活舌よかったけどこんかいの”先輩”は活舌ひどいな~~とおもったら星野源だったか。事務局長すき
とんでもないサブカル映画。面白いかどうか微妙だが、とにかく映像が凄い。あの原作をひとつの話としてまとめているのはなかなか凄い。でも、是非一度は見て見て欲しいな~
原作は読んでない。序盤でもう見るのやめよと思ってやめたけど、せっかく借りてきたから頑張って最後まで見た。中盤は面白かったが、個人的に全体的にはつまらなかった。ただ、よく知ってる風景がそのまま出てきたのは親近感があった。ジブリや細田守作品を彷彿とする描写がいくらかある。四畳半神話体系の登場人物はこの作品の原作にも出てくるのだろうか?
原作既読。コレはかなり好き嫌いが分かれる内容だと思う。私は至って普通。あの回りくどい話し方にたまに苛っと来るけど。皆、顔白すぎ。しかし星野源はわりかし巧い方では?コアなファンが好きそう。
こういうアニメは私には違和感いっぱいで受け入れがたいです。原作とどういう違いがあるのか?とても気になります。
ストーリーが軽快に進めば進むほど、あの濃厚な恍惚の匂い立つ京都の幻燈はドミノ倒しのように瞬く間に過ぎ去っていく。一夜の夢の儚いことよ。「四畳半~」で明石さん=坂本真綾を置いた以上、黒髪の乙女はもはや花澤香菜以外には考えられなかった。必然であるからこそ、この選択に喝采を送りたい。
★★★★☆(20180305鑑賞)不思議なアニメでした。でも、変わってるけど、テンポ良く進むので、楽しく見られました。( ^ω^ )黒髪の乙女がかわいい!星野源さん、声優もハマってて上手くてすごいなぁ。未読の原作も読んでみようと思いました。
わぁあ!大人かわいい素敵な絵柄。 どれもコレも絵になる。 原作は未読なので比べる事は出来ないけど、これはこれでまずまずの話の運びで良かったと思います。 それより、グッツあるんだろうか?…
面白かった〜。絵も良かった☆星野源さんぴったり。
源くんが源くん。映画もコミカルで可愛い〜!乙女ちゃんに憧れて、大学生の頃1人で赤玉ポートワイン空けたものでした(笑)小説よりもすれ違っているシーンやラストが爽やかでほっこりした〜!京都良いねぇ。
アジカン好きなので観てみた。 途中から集中出来なくなり、終盤はほぼ覚えていない 笑 いつのまにかエンドロールになり、そこは元気に一緒に歌ってたww また今度ちゃんと観ます。
不思議な浮遊感。原作は読んだが半分忘れていた。が、それが良かったのかもしれない。
7点。いつも映画や本の好みが真逆の妻から「私はこれ駄目だったので合うかも」と言われて観てみたら、案の定合った(笑)。京都の街という現実世界を舞台にしていながら半分以上ファンタジーで受け手を完全に選びそうだが、黒髪の乙女・先輩・パンツ総番長など登場人物たちの根底で純粋な恋や愛が一貫しており、一周回った純文学のようにも映る。先輩のやることなすこと上手くいかない状態も面白いが、何より黒髪の乙女の旺盛すぎる好奇心を武器に歩き回るきっぷのよさが心地よく、自分も京の街に出てみたくなった。ニセ電気ブランも飲んでみたい!
[全部を表示 | コメント有りのみ表示]
ログイン 新規登録