ラ・ラ・ランド スタンダード・エディション [Blu-ray]を鑑賞したみんなと感想・レビュー・コメント一覧(57)

[全部を表示 | コメント有りのみ表示]
efu
08/23
オープニングは何度見ても心躍る。で、あの有名な天文台のタップシーン。二人の恋が始まり、春、夏、秋・・・と季節が流れていく中で、夢を追いかけ続ける女と、妥協する男。衝突もし、あーこういう風になるよなとお決まりのパターン。でも、それでいい。わかりやすくて。 5年後、時は流れてお互い新しい世界で生きてる。そこもいい。 でも、ラスト、ほんとにラストがあたし的には、はぁ?? ラスト1分前までは素晴らしかったのに、最後の最後で残念になっちゃったもったいない作品。 
08/20
08/20
08/20
ミュージカル映画なんだけど、ストーリーラインが新しいジャンルの映画を観たって感覚。音楽や色彩も凄くステキ。同監督の前作「セッション」も音のコダワリが凄かった。また、両作品に共通して、得ることと、手放すことの両面性が心の奥深くをえぐってくる。
08/18
Fal
ミュージカル映画だけど、本当の主役は「色」。徹底的に計算されたパステルカラーの画面がすごいすごい。主役二人は白人だけど、肌の色の違いが映画の美しさに貢献するようになっているあたりは感心した。ショットとかも細かいところで結構工夫されていると思う。ひたすら人工的な面白さでひっぱるのかと思ったら、後半は大人になっていくセバスチャンと対比する形でミアの身勝手さ(私はそう思ったんですが、どんなもんでしょう?)がけっこう容赦なく浮かび上がっていてリアル。これはエマ・ストーンがすごい。高評価もまあ納得の作品でした。
08/17
08/16
08/14
mo
08/14
簡単にまとめると、それぞれ夢を追う男女の恋愛ミュージカル映画。恋愛的にはバットエンドだけれど、そのそのの夢が叶った点はハッピーエンドなのかな。導入からダンスありと楽しめる作品。でも個人的にはミュージカルの良さがあまりわからない…感情を表現しているんだろうけど。ミュージカル映画ではマンマ・ミーア以来の逸品なのかな。
08/13
08/13
オープニングの終わりに車に乗り込んで急に話に入っていく感じが面白い。音楽もとても良い。画面が色鮮やかで華やか。ストーリーを気にせずに見たとしても映像と音楽で充分楽しめる。ダンスのあたり、カメラワークも面白い。歌やダンスなど、俳優の演技に迫力があり派手さがある。とりあえず盛り上がること間違いなし。
08/12
[全部を表示 | コメント有りのみ表示]
ログイン 新規登録