スノーデン [DVD]を鑑賞したみんなと感想・レビュー・コメント一覧(86)

[全部を表示 | コメント有りのみ表示]
苛まされ蝕まされ…葛藤に次ぐ葛藤の末、心の声に従った。その勇気を讃えたい。「すべてを監視されていてよいですか?」と彼は問い掛けてくれた。
WOWOW 録画。淡々とドキュメンタリータッチで進んでいくので少し長く感じたが、面白かった。報道の印象と違って、スノーデンは至って真っ当な人だった。でも、国家機密と個人の自由の兼ね合いは難しく、この映画で示されたリベラル的な立場が100%正しいかは微妙。時と場合によって色々とバランスが変わってくるのでしょう。
O.ストーン監督にしてはやけに散文的で説明的だなと思わせて、スリルからの感動で締めるところ、憎いわ〜。恋人との機微の描き方があまりにステレオタイプではという感はあるが、その分オチの事実で殴る力強さが光る。
矢口監督の『サバイバルファミリー』見たとき、「こんなことはまずありえない」と思ったんだけど、今回この映画を見て十分にありえるのだと思って胆が冷えた。日本がアメリカの同盟国でなくなったとき…。これだけ脅されているのだろうか。本当に怖い。どんなホラー映画よりも恐ろしい映画だった。どれだけの人がこの仕事にかかわっていたか知らないけど、スノーデン氏以外にこういった行動をとろうと思う人はいなかったのか。その中にいるときっと麻痺してしまうんだろう。その行動力に頭が下がる思いがした。『シチズンフォー』も見なくては!!!
シチズンフォー スノーデンの暴露 より淡々と語られている分更に 恐ろしさが増した印象を受けました。日本での活動の場面には驚かされました。
情報社会こわい。それを国ぐるみでやってるのもこわいし、すべてスノーデンのほうが悪いと言って開き直る国もこわい。ジョセフ・ゴードン=レヴィットの実在の人の演技はいつもうまいな。
久々のジョセフ・ゴードン=レヴィット。本人のように見える役作り。ルービックキューブで情報持ち出したんかー! 終わりの方に本人がバンバン出てくるから、なんだか笑ってしまった。
★★★★★ むちゃ面白かった。ジョセフの知的で抑えた演技が秀逸。ネット社会の怖さを改めて。
ニコラス・ケイジが脇役で出てきたのには驚いたw それにしても、PC電源切ってても内蔵カメラを遠隔で起動させて部屋の中覗き見とかホント恐ろしいわ。ノートPC買った時からあのカメラレンズがちょっと気持ち悪くてテープ貼ってるんだけど、スノーデンも同じことしてた。やっぱりあれは剥がさないでおこう。でもスマホのカメラも遠隔で起動できるんだよね…テクノロジーって怖い
最近ハズレが多かったオリバー・ストーンだが、これは結構面白かった。スノーデンさん高卒だけど大ハッカーだったのね。偉い。思い出したように出て来るニコラス・ケイジと悪のCIA上司コービンおじさん(リス・エヴァンス!)が印象的。特にあの大画面Skypeは笑ってしまった。きっとSkypeじゃなくて政府開発の専用Video通話ツールなのであろう。最後に本人が出てくるのだが、結構普通に芝居してるので、オタクっぽい外見に反して割りと目立つのが好きな人なのかもと思いました。
最近好きなジョセフの主演する映画で、これも変化に富んで面白い。スノーデンの話はここまで来ると何が正しいのか正直わからないが、一方的にアメリカの一部が悪く言っている件については、とても悪意を感じる。素晴らしい技術に対して、国は正当な理由をつけて使い始めるが、時間がたつごとに利益や権力に走る。なぜもっと平和のために使えないのだろう?結局映画のように内部告発されて身動きが取れなくなるまで歯止めがきかない。共産主義の方が最初から開き直っているだけ、まだマシに見えるのはこういう点か?とても考えさせられた映画で◎
☆8.5 高校中退の天才ITボーイ。 それだけで映画の主人公としては充分に魅力的でグイグイ引き込まれる。 そして話が進むにつれてこれが実話なのか?と目を疑いたくなるような内容にゾッとする。 途中少し飽きてしまった部分もあるが、ラストも爽快で人に薦めたくなるような作品だった。
そうことだったのか。スノーデンってものすごくまっとうな感覚の人なんだ。『シチズンフォー スノーデンの暴露』も観てみよう。アメリカでは、このあと何か変わったんだろうか?リンゼイもロシアに行ったというのを知ってちょっと安心した。
「スノーデン事件」ってこういうことだったのか、監視社会への告発。「誰もがデータベースの中にいて日々監視されている。テロリストや国や企業だけじゃない。あなた個人もだ」。暴走する国家の情報へのアクセスとコントロール。「秘密保持が防衛に、防衛が勝利につながる」
レンタルで鑑賞
鳥肌が立った。スノーデンは元々好きですが、惚れた。強く、シャープでスマートな人。 命にかえてでも真実を暴こうとする人は真に尊敬に値する。しかし、トランプになり、さらに悪化しましたね。 日本も全てエシュロンで盗聴されているのを平和ボケの日本人は知るべき。 さすが、オリバーストーン。俳優も素晴らしい。彼の強さに最後は涙が出た。全てを失っても心に従い幸せという彼。彼女との関係も素晴らしい。
便利で楽しいSNS,インターネットの恐ろしさを知りました。都市伝説で聞いたことがある内容が実際に行われていたとは…。 スノーデンさんは勇気がある。こういう人が世界をかえるんだろうな。
監視されてると思ったら自由とは思えないな。
元CIAの職員のスノーデンが個人情報監視システムについて、世間に公にする実話。自分の知らないところでデーターベースの中身や携帯電話の履歴を勝手に知られているなんて怖いです。ラスト近くで滞在中のモスクワでのインタビューで「明日を心配しないで心の平和を得た」と言った言葉がとても印象に残りました。それにしても主役のジョゼフが本物のスノーデンに良く似ていてびっくりしました。
[全部を表示 | コメント有りのみ表示]
ログイン 新規登録