本能寺ホテル DVDスタンダード・エディションを鑑賞したみんなと感想・レビュー・コメント一覧(240)

[全部を表示 | コメント有りのみ表示]
面白かった。綾瀬はるかちゃんが好きで見た。堤さんの信長も優しくてかっこよかった。
ドタバタ系タイムスリップ映画。悪くはないんだけど可もなく不可もなく。歴史を追体験しつつちょっと良い話に触れるだけで、それ以上のもうひとひねり、もうひと押しはない。一応主人公の心境の変化的なものはあるけど、それだけじゃ脚本としては弱いよね。フジのオリジナルストーリーの限界かなぁ。堤真一と濱田岳だけでどうにか持っていく作品。綾瀬はるかはいつも通りかわいいよ。
【 2018/02/10 フジテレビ 土曜プレミアムを録画にて 】 歴史は変わらなかった…。
TV録画-豪華キャスト。
★★★もっと本能寺の変の謎に迫るのかと思いきや,全然違って,自分探しの女性の話だった。風間杜夫は,いつも素晴らしい。
あんまりこのテの映画は観ないほうなんだけど、これは面白かった。実際の信長だったらこうはいかないだろうけど、これはドラマなんだからこんな優しい信長でよい。
5点。現代のホテルがあれが起こる直前の本能寺と繋がって、というおいしい設定なんだけどうまく活かし切れなかったような。信長に変の事を教えつつも...という辺りにはちょっとニヤリとしたが、時間を跨いだ事による面白味は全然生まれず、あの戦国時代に極めて無礼な若者が飛び込んで受け入れられるというのも何だか。そんな一方で、自分が信長であってもまあ許してしまいそうなw綾瀬はるかの魅力が爆発しまくっていて、点数は全部綾瀬はるかにといういつものパターン(笑)。天然キャラがいい感じではまっていて、本当に年齢を感じさせない。
綾瀬はるか、堤真一など豪華な俳優人なのであまりにも期待が大きかったせいもあり、内容は平凡なものでがっかり。史実が大きく変わるという話でもなければ、綾瀬はるかがちょっぴり成長する程度の話なので、物足りなさが残る。淡々とすすんで終わってしまったの、、、という印象。
まあよくあるタイムスリップものだが結構面白かった。 キャストに助けられた感はあるけど。 綾瀬はるかのこのズレてる感じがストーリーに非常に合っている。 ズレてるからこそうまく溶け込んじゃったんだよねえ。 結構簡単に受け入れちゃう信長や蘭丸もなかなかであったが(笑) それはさておき八嶋のマッサージ師は何の意味があったんだろう? まったく意味わからんわ(笑)
これ結構好きです。堤真一と濱田岳が好きなだけかもしれんがw 『うすうす平成じゃないような気はしてました』でワラタw
これをきっかけに本能寺の変を気にした。歴史に少し興味を持つきっかけにもなるかな。過去と現在の行き来するこの手の映画は良くあるけど夢の中で見たいものだ。
うーん、という感想。ラストのシーンもよく分からないし、「亡骸が見つからなかった」という序盤の説明、結末に期待したけど何もなくて残念。
結論としては、将来やりたいことがなくて悩んでいる人を応援する映画。信長、本能寺の変は全く関係なし。 最後のシーン、甚だ疑問が残る。何を意識させたかったのかな。それまでは難なく観れたが最後のシーンで一気に萎えてしまった。
期待してた歴史ミステリというより、女子応援エピソードでちょいしょんぼり。
映画でやるほどのものなのか、これ? 戦国時代にタイムスリップなら戦国時代に勝てるものはないね。
戦国時代、信長、人気よね。題材にはもってこいだよね。私も好き! さてさて、このお話は・・ちょっとどうなのかなと思うところは確かにあるね(^_^;) でも、信長が魅力的だった!こういう役をやる堤真一はいいね、かっこいい。そして、いい事言うんだわ、くぅ〜! 実際の信長はどんな人物だったんだろうね。歴史ものは色々と想像をかきたてられて楽しい。最後の風間杜夫はどこに行って何を見た?
よくあるテレビ映画
fkr
@TV 照明やらカツラやら、CMかな。119分もかける内容ではない。 タイムスリップする方法を最後に綾瀬はるか(と風間杜夫)は意識的に探るが、その方法は1度目ですでに提示されているのでとてもまどろっこしい。コメディ仕立てなら分からないでもないが。
気楽に観られる歴史物コメディ。京都の観光地がたくさん出てくるので観ていて楽しい。ホテルの内装が薄暗くてアンティークがたくさんあって素敵。エレベーターも可愛い。婚約指輪のデザインが素敵。綾瀬はるかは天然な可愛い役が本当によく似合う。
[全部を表示 | コメント有りのみ表示]
ログイン 新規登録