『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』映画前売券(一般券)(ムビチケEメール送付タイプ)を鑑賞したみんなと感想・レビュー・コメント一覧(88)

[全部を表示 | コメント有りのみ表示]
「母を殺し、俺のウォークマンを壊した男が!」とか、お母さんとウォークマン同列かよww とにかく明るくて音楽が好きな主人公がかっこいい。前作から年を重ねて渋みも出てきた。本当に明るくて楽しい映画。ヨンドゥは火葬のラストシーンまで「実は生きてました」みたいな展開期待してた(´;ω;`) けれど、これ3部作の2作目だよね?いきなり父と子の確執とか宇宙中の惑星の危機とか、スケールのでかいネタ2作目で使っちゃって大丈夫かね?
音楽が良い。アクションが派手。グルート可愛い。金色の人達不気味。悪役面だったヨンドゥがラストではイケメンに見えてしまった。前作を復習して行けば良かった。
劇場で。トリップ状態なビジュアルや演出がちょっとクドいなあと思いつつ、前作同様にあの最後にやられた…これは泣いちゃう。笑いはもちろん結構ウェルメイドな作りでした。これ毒親が多いシリーズですね。音楽が相変わらず良くて大作らしいキャッチーな劇伴も好き…サントラ聴いちゃうな。今回はヨンドゥが主役!
めっちゃ悲しかった
my映画館2017#43>帰ってきた陽気な銀河の守護隊の面々、今回もアメコミらしくなく派手に愉快で痛快に、目と耳で楽しませてくれてましたね。 さらには絆のドラマを仕込み、ホロリとさせるあたり、粋じゃないですか。 にしても、ベビーグルートが愛嬌あり過ぎ! そして、ヨンドゥ・・・愛すべきキャプテンでした。
面白かったです。父親とオヤジ。そんなお話。ナイトライダーネタとメリーポピンズネタはめっちゃ笑いましたねwww予備知識あんま入れなかった分、まさかヨンドゥ死ぬともスタローン出てくるとも思ってなかったのでビックリ!あの葬式というか葬送というかあのシーンは泣けましたね…掟に反してもポリシーを貫いたヨンドゥの誤解が解けた時。何よりもの餞ですよね。続編も期待!!しかしこれ、アベンジャーズに絡めて上手く活躍できるのかこいつら!?
イオンシネマ 今回はピーターの父親エコの巻。ヨンドゥや虫女、サイボーグ女が良い味を出している。前作グルートがチューバッカと被ったけど、今作ではR2-D2のような活躍。前作をレンタルして予習してなかったらわからないシーンが多かったと思うが、それでも意味がわからなかったフレーズ満載。DVDが出たら復習しないと(笑)
ヨンドゥが全てを持って行った笑。 最初の失落した状況からの口笛が想像以上にかっこよく、スターロードへの言葉に泣いてしまった。ロケットとヨンドゥの似た者同士のコンビもいい。 改めてこの映画のキャラクターはみんな誰かのために闘える優しい心を持ってると感じた。 ギャグも笑えて音楽も素晴らしく、マーベルもまだ捨てたものじゃないと思える映画だった。
お定まりのニヤリとさせるシーン満載ですが、全編を通して「家族の絆とは何か?」というテーマが強く打ち出されており、ホロリとさせられる作品でした。ゾーイ・ソルダナはともかく、新しく出演している女優陣が金塗りだったり特殊加工されているので、美貌が伺えずちょっと残念でしたね。エンドロール後に予告的な映像を挿入するのが定番になってきましたが、それを冒頭で告知しちゃうのは如何なものかと・・・最後まで席を立たなかったお客さんだけへの特典にしてもらいたいです(苦笑)
映画館 ★★★★★
今作も前作同様にコメディとシリアスの塩梅が程良い。あんなに面白かった前作を超えたんじゃないかというくらいに楽しくて笑えて泣けてとエンターテイメントを体現した映画。そしてヨンドゥオブギャラクシーと言っても過言ではないくらいにヨンドゥが格好良い映画でもあった。あとグルート可愛すぎるね。
前半がだるくて途中で寝た。話長いよ。なので、クライマックスシーンは見逃した。
いやいやもうサイコーでした。前作も良かったんだけど軽く超えてきました。ちびグルート可愛すぎ。ずっと楽しくてちょっとホロッとさせて最初から最後まで隙無しの傑作。
今回は家族愛でまたまた良かった。ヨンドゥがピーターの為に…なんて意外で泣けた。グルートがちっちゃくて可愛い。今回も充分楽しめた。
映像も展開も全編大盤振る舞いな感じが持ち味のこのシリーズ。オープニングからもう最高に楽しい。かつ、本作がどういう映画かの紹介として完璧だ。このシーンだけで劇場に出向いた甲斐がある。家族と血縁はイコールではないしヒトが特別なのは血統や門地のおかげじゃなく「お前は特別だ」と思ってくれる誰かがいるからだ、というアメリカ(またはアメリカ映画)らしさ全開の話で若干またかと思うもののガーディアンズが好きなのでもちろん許容範囲だ。このキャラ達と友達になりたいなと思えるのがマーベル映画。DCとの決定的な違いはそこだ。
ラストはベタな泣かせでも泣いちゃうよね〜まさかのヨンドゥがこんなキャラになるとはね〜いろんな星の人達のデザインが楽しいし種族を超えて繋がるのも素敵だしただただ楽しかったな〜エンドロールバックもあの古ぼけた紙質やらディティールこだわってて素晴らしい。しかしデビッドハッセルホフネタなんて今の若い子わかんないだろう…カンフューリーといい80年代おじさんたちにひっぱりだこ
ストーリーはありがちでしたがほろっとさせて貰えたし、キャラクターが良いし、音楽が良いし、ウエットにとんだ会話が面白いし、予想以上に楽しめました。そして、グルートがとても可愛かった。
お話は陳腐だけど、ピンボールの玉みたいにあちこちドタバタ目まぐるしく回転する見せ方とド派手な映像で楽しめる。遠景からのドライブシーンや小枝グルートの視線からの眺め、オープニングのタコと中盤に海賊に囲まれて見上げるぐるぐる回る視線は不思議なメリーゴランドのようなトリップ体験でありました。
一作目越えたわ、、、。
AA'
はーーーーたのしかった!そしてちょっと涙も出た。ヨンドゥ…!!!ってかんじで、34歳(!)のピーターがようやく父親を取り戻し乗り越え、そして、お別れするという主軸だったけど、そういうテーマなのにこんなにも楽しくて最高ですごい。なにより、恋愛をその主軸に絡ませないところもすごい。純粋に真面目に真っ向勝負で主軸にだけ向き合ってた。すごい。そして私はむしろヨンドゥに似ていると評されたロケットが気になった。ロケットが今回サポートに徹してた感じでもうちょっとピーターとグイグイ絡んで欲しかったけど、最後の最後で、
[全部を表示 | コメント有りのみ表示]
ログイン 新規登録