『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』映画前売券(一般券)(ムビチケEメール送付タイプ)を鑑賞したみんなと感想・レビュー・コメント一覧(121)

[全部を表示 | コメント有りのみ表示]
≪2017年前期≫【1】ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス【2】ウルヴァリン:X-MEN ZERO【3】シックス・デイ【4】フィスト・オブ・レジェンド 精武英雄【5】ドクター・ストレンジ【6】LOGAN/ローガン【7】バッド・ママ【8】ファインディング・ドリー【9】プレデター【10】ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅
立川シネマの極爆にてゴキゲンな(死語?)サウンドも堪能。もうね、あと10回くらい観たいw ベイビー・グルートにはオープニングからやられっぱなしだし、終始小ネタで笑いっぱなしだし。でも終盤の某シーンでうっかり半泣きしかけたのはナイショ。文句なしの傑作。早くも次作が待ち遠しいのだった。
TOHOシネマズ新宿MX4D 冒頭にかかる「Brandy(You're A Fine Girl)」から、オープニングの「Mr. Blue Sky」までの流れが爽快感ありまくりでたまらん。
映画館にて鑑賞。そのルックスだけでもベビー・グルートの可愛らしさは観る前からインプットはされていたものの、「I am Groot.」しか喋らない小枝ちゃんにやられてきました^^ もちろん今回はガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの面々に笑わせてもらい、はらはらさせてもらって、泣かせてもらいましたよ。ピーターの生みの親と育ての親、ガモーラ姉妹など、血の繋がりがある家族との関係を描きつつ、ガーディアンズの仲間たちの一層強い絆が感じられる作品になってました。噂には聞いてたけど、終盤は涙が溢れました。面白かった!
【★10】おもしろ!キャプテンアメリカパターン。1作目でそうでもなかったのが2作目で化けるやつ。ずーっとわちゃわちゃごちゃごちゃしてくれてありがとうございます。こんだけ見せ場を詰め込んでくれたら文句なんかないっす。あるとすればスタローンに少しでもいいからアクションさせてほしかったかなってぐらい。ドラックスのバカ笑いと、グルートのはじめてのおつかいのとこがお気に入り。
グルートをフィーチャーしたオープニングで、すでに鷲掴み状態。この外見で声がヴィン・ディーゼルだなんて信じられん。というか、誰がキャスティングしたんでしょう。個人的には、最初の若いカート・ラッセルに驚き。最近のCGはなんでもできるねえ。まあ若いときから、ずっと40代に見えるおじさんだが。パパが死ぬと、ピーターくんの血液内の、神成分はどうなるのであろうか。ボワーンができなくなるだけなのかな。ヨンドゥの部下で最後に生き残る飛行船の運転手の役者さん、監督さんの弟さんなんだな。家族の物語。
劇場で2回鑑賞。 1度目はただただ笑って泣いてワクワク。二回目でガン監督のディテールの作り込みに気づいて震える。どんだけ細かいとこまで作りこんでるんだガンよ!Vol・3が待ちきれない!
ジェームズ・ガンは素晴らしい仕事をした。友情とか、家族とか、チームワークとか、とてもベタなのに、なぜかとてもエモーショナルだ。スター・ウォーズやスター・トレックなどのSFフランチャイズ映画の「取って付けた」感とはまるで無縁だ。無尽蔵の豊かさを感じさせる。キャラが死んで哀しいし、ああ、惜しい人を亡くしたと思う、それは良い映画の証拠だろう。
劇場で二度目。予想外に二回目を観る事になったのですが、①もおさらいしたので情報が整理されて、一回目より笑えたし泣けたなあ。母親との別れの辛さを思うと、ほんとクズというかゲスい悪役だった…。
このムビチケの画像からして最高。前作の雰囲気を良い方向に昇華させ、アメコミ感満載のエンタメアクション作品に仕上がっていた。チビグルートの愛嬌が素晴らしいほか、やはりキャラクターがそれぞれ立っていてよい。音楽のチョイスも作品の雰囲気を損なわず、むしろ高めていると感じた。ユーモアに関しては時折これどういう顔してみればいいんだよと思ってしまったがそれももはや褒め言葉だと思う。映画館で静かにみるのもいいけれど、皆んなでワイワイいいながら観るのも良いと感じた。前作以上にスケールアップして今日も彼らは銀河を救う。
「母を殺し、俺のウォークマンを壊した男が!」とか、お母さんとウォークマン同列かよww とにかく明るくて音楽が好きな主人公がかっこいい。前作から年を重ねて渋みも出てきた。本当に明るくて楽しい映画。ヨンドゥは火葬のラストシーンまで「実は生きてました」みたいな展開期待してた(´;ω;`) けれど、これ3部作の2作目だよね?いきなり父と子の確執とか宇宙中の惑星の危機とか、スケールのでかいネタ2作目で使っちゃって大丈夫かね?
音楽が良い。アクションが派手。グルート可愛い。金色の人達不気味。悪役面だったヨンドゥがラストではイケメンに見えてしまった。前作を復習して行けば良かった。
劇場で。トリップ状態なビジュアルや演出がちょっとクドいなあと思いつつ、前作同様にあの最後にやられた…これは泣いちゃう。笑いはもちろん結構ウェルメイドな作りでした。これ毒親が多いシリーズですね。音楽が相変わらず良くて大作らしいキャッチーな劇伴も好き…サントラ聴いちゃうな。今回はヨンドゥが主役!
めっちゃ悲しかった
面白かったです。父親とオヤジ。そんなお話。ナイトライダーネタとメリーポピンズネタはめっちゃ笑いましたねwww予備知識あんま入れなかった分、まさかヨンドゥ死ぬともスタローン出てくるとも思ってなかったのでビックリ!あの葬式というか葬送というかあのシーンは泣けましたね…掟に反してもポリシーを貫いたヨンドゥの誤解が解けた時。何よりもの餞ですよね。続編も期待!!しかしこれ、アベンジャーズに絡めて上手く活躍できるのかこいつら!?
IMAX3D字幕。 3回目でも号泣でした
ツイッターでは「ヨンドゥ」の文字しか皆がつぶやけなかった理由が分かったよぉぉーー(泣)笑いあり涙ありの150分。前作よりも確実にスケールアップし仲間として成長している彼等にまた会いたくなってしまった。ベビーグルートの可愛さにやられちゃったのだが最後にあぁぁぁ…。エンドロールまで楽しませて貰いました。
イオンシネマ 今回はピーターの父親エコの巻。ヨンドゥや虫女、サイボーグ女が良い味を出している。前作グルートがチューバッカと被ったけど、今作ではR2-D2のような活躍。前作をレンタルして予習してなかったらわからないシーンが多かったと思うが、それでも意味がわからなかったフレーズ満載。DVDが出たら復習しないと(笑)
ヨンドゥが全てを持って行った笑。 最初の失落した状況からの口笛が想像以上にかっこよく、スターロードへの言葉に泣いてしまった。ロケットとヨンドゥの似た者同士のコンビもいい。 改めてこの映画のキャラクターはみんな誰かのために闘える優しい心を持ってると感じた。 ギャグも笑えて音楽も素晴らしく、マーベルもまだ捨てたものじゃないと思える映画だった。
お定まりのニヤリとさせるシーン満載ですが、全編を通して「家族の絆とは何か?」というテーマが強く打ち出されており、ホロリとさせられる作品でした。ゾーイ・ソルダナはともかく、新しく出演している女優陣が金塗りだったり特殊加工されているので、美貌が伺えずちょっと残念でしたね。エンドロール後に予告的な映像を挿入するのが定番になってきましたが、それを冒頭で告知しちゃうのは如何なものかと・・・最後まで席を立たなかったお客さんだけへの特典にしてもらいたいです(苦笑)
[全部を表示 | コメント有りのみ表示]
ログイン 新規登録