『ラ・ラ・ランド』映画前売券(一般券)(ムビチケEメール送付タイプ)を鑑賞したみんなと感想・レビュー・コメント一覧(522)

[全部を表示 | コメント有りのみ表示]
ファッションと音楽がとても素敵。ラストが切なすぎた。
何回みても感動する。最後のセブに涙がとまらなくなった。
新文芸坐にて鑑賞。ロサンゼルスの映画スタジオのカフェで働く女優志望のミアとジャズピアニストのセブは、場末のお店で偶然出会う。ミアとセブの恋愛模様とお互いの夢に向かっていく様子を描いた作品。テンポ良く進む展開、分かりやすい人間関係が描かれていて時間の長さを感じることなく楽しめました。冒頭に繰り広げられるフリーウェイのシーンだけでなく劇中で使用されている音楽が実に素晴らしいので、音響環境が充実している劇場鑑賞がおすすめ。ちょっと切なくなるラストの展開も良かった。
ベイビードライバーもいいけどJAZZ好きとしては音楽はこちらに軍配が。映画としては甲乙付け難いのは言うまでもないですが。
★★★★★ 映画館でも観たけど、DVDで改めて観てみた。音楽も踊りも演技も物語も全て一級品ヽ(`Д´)ノ
長かったけど結構面白かった。
夢を追いかける若さ溢れる作品。jazz好きにはたまらない。その面白さは賛否両論らしい。
イオンシネマ幕張新都心にてULTIRA&ドルピーアトモス字幕版再観賞。
エピローグで涙腺決壊、ラスト1分で嗚咽。心が痛いですセブさん
今更鑑賞!いやー楽しい2時間だった!ファッキンテンポ!ってあの人言わないかなって見てたら最後はビッグスマイルでほっこりしちゃったよ!面白かったー
yu
よく…わかんなかった…。もちろんワンカットダンスシーンは壮観だし、歌もダンスも美しくて、優れた作品だとは思うけど、人間の気持ちの変化がすきなので、心象描写が物足りなかった。描かれていないところまで感じとれみたいなのは得意ではないのかもしれない。夢を追いかけている人には刺さるのかと言えば自分は夢を追いかけてないみたいだけれど、なにせ終わりが意外だった。ハッピーエンドになってもらえたほうが好きになれた。テーマも単純だし、映画はもっと複雑な感情の遷移を追いたい。
今更だけど、すごく泣けるいい映画だった。 映画館で号泣して、ちょっと恥ずかしかった。
こんなに泣ける話だと知らなかった。ライアン・ゴズリングのピアノすばらしかった。フレッチャー先生が出てきてちょっとびびった。冒頭「another day of sun」を歌うAngela Parrishの歌声がキュート。
曲だけはよかった。ミアは彼氏がいても運命だと感じた男に迫ってその気にさせて付き合ったりする女性だから、このラスト以降は不倫に走りそう。だって偶然で運命感じちゃう系女子だからなぁ…
TOHOシネマズ梅田にて鑑賞。
劇場にて
映像、音楽、ストーリーで覆われるこの感覚、久しぶりに映画の良さを思い出した。胸が締め付けられる感覚もあった。昔懐かしさも感じさせる、ロマンティックな構図や色合い、撮り方も好きだ。アーティストでも同じ事を感じた。
現実と目指す芸術の間とか、好きでも色んなタイミングで一緒になれないだとか、それに後悔しているわけじゃないけれども胸にたしかにあるものとか。そういうものに共感できるかどうかが評価の分かれ目かなと思うんですが、私は人生ではじめて映画感で泣きました。とても愛しくチャーミングに描かれた恋愛映画。踊りだしたくなるミュージカルソングがまた最高だし、中々に徹底された舞台的描き方にも好感。
[全部を表示 | コメント有りのみ表示]
ログイン 新規登録