『夜は短し歩けよ乙女』映画前売券(一般券)(ムビチケEメール送付タイプ)を鑑賞したみんなと感想・レビュー・コメント一覧(56)

[全部を表示 | コメント有りのみ表示]
04/29
画面が回りくどいモノローグや心理の解説に徹するのには終始警戒感を覚えつつも、重力を運命をめぐる装置としてバカバカしく味方につけ挙句観念世界を重力のスペクタクルにせしめるのには恐れ入る。
04/26
04/25
劇場にて。アニメ「四畳半神話大系」も事前事後に観ておけばこの映画単体だけよりも更に面白さを感じるだろう。前述アニメのスタッフという事もあり、独特な絵柄や映像表現だったがそれが良い。来場者特典に気付いていれば、公開直後と今とで二度鑑賞していただろうと少々後悔。
原作の幻想的なイメージが自由奔放に映像化されていて圧倒される。場面場面の色彩やセンスは瞬間的には素晴らしいが、怒涛のような圧倒的スピードで見せられると時に暴力的であり、原作の叙情的ムードを壊しているかのようにも思える。ミュージカル要素はまったく予想してなかっただけに楽しく、すべてが一夜の出来事であったかのような解釈も摩訶不思議。ヒロイン役の花澤香菜のボイスが、抜群のヒロイン力で作品を引き締める。
★★★★☆ララランドかな?早い展開と湯川監督独特なアニメ表現に圧倒されてたら、なんかいい感じに終わった。ヒロインに対して男はうだつ上がらないなー思ってたけど、最後の喫茶店のシーンはなんかいい感じだった。四畳半主義者も楽しめると思いますよ。
04/22
04/22
原作はもう何年も前に読んだので忘れてしまっていましたが、一晩で起きた出来事という設定にしては長いし色々起きすぎだと思いました。あと、顔色が赤かったり肌色だったり白かったり、面白い表現をされてるなぁという印象。
en
@劇場
04/21
04/20
不思議な世界でよかった
再鑑賞。映画館にて。特典その2欲しさに負けた。「四畳半神話大系」を予習していったから、1回目と違う楽しさがあった。カクテルバーのマスターが猫ラーメンの店主だったりとか、湯浅監督の次回作のバンド3人が偏屈王を観に来てたりとか。ジョニーー!とか。笑
原作挫折。映画ならO.K.か?と思ってみたがダメだった。原作者と相性悪いんだね、きっと。サブリミナルのように出てくる古本のタイトルを認識するための優秀な動体視力が欲しかった。友人の披露宴から始まるカオスな1夜。イタズラ小僧の講釈のように全てはつながっていた。
原作は未読です。ポイント稼ぎに期待せずに見て、圧倒されました。不条理な設定を超越するストーリー運び。男子は心のどこかで「乙女」を需要しているのではないでしょうか。エンドロールで主人公の大学生の声が星野源さんであることを知り、先入観なしで映画を見ることの楽しさを再確認した次第。板橋にて、1100円。
[全部を表示 | コメント有りのみ表示]
ログイン 新規登録