セッション コレクターズ・エディション [Blu-ray]を鑑賞したみんなと感想・レビュー・コメント一覧(620)

[全部を表示 | コメント有りのみ表示]
ドラマーと情熱的なパワハラ先生との争いみたいな映画。ニーマンが淡々とドラマーに没頭していく描写は面白かった。最後、パワハラ先生がニーマンにわざと違う曲を伝え恥をかかせることはそもそも最高の舞台を目指しているパワハラ先生の性格からしてやることがセコい。2人の対決を描きたい意図は分るがなんか場違いなことをやっている感があって素直に感動できなかった。
内田監督よりもひどい追い詰め方かしら笑 音楽は華やかなのにみんな全然幸せそうじゃない。最後のバトルはかっこいかったけど、なんだろ、惹き付けられる映画だったけど、このモヤモヤはなんだろな
精神的に追い詰めることで才能を引き出そうとするパワハラ教師(もはやサイコパス)と、青春のすべてをドラムに捧げる青年の物語。その師弟関係が少しずつ崩れていき、徐々に狂気をはらんでいく様は凄まじい。最後のドラムソロは、映画史に残る名場面ではないだろうか。「ブラック・スワン」もそうだが、芸術と狂気は背中合わせであることをあらためて感じさせてくれる。傑作。
Amazonプライムで鑑賞。これは面白かった。今年観た映画のNa1になるかも。スポ根顔負けのしごき。フレッチャーはそれがなくなりジャズは死んだ、と語っているが、それは言えると思う。アンドリューとフレッチャーが火花を散らし戦い、ほぼアンドリューが圧倒したと思われるところで終わるのも良い。二人が抱き合って称えあう結末なんで安っぽいですものね。 なぜか最近話題になったあるオリンピック境地のパワハラ問題を思い出してしまった。日本は段々とオリンピックでメダルを取れなくなるだろうなあ。
思っていた映画ではなかった。根性物だと思ったら、ふくしゅうげきだったなんて。予想外の引き込まれるストーリー、圧巻のドラムソロ、戦慄はしり、見終わったら鳥肌が止まらない。音楽系映画のランキングに入る素敵な映画だったまたみたい
(TV録画) パワハラモラハラなド根性物語。なんだけど、映画の中では許される。両者がガチンコ勝負すぎて目をそらしたいけどできない。主演助演の火花がすばらしい。
私たちが日頃楽しんでいる美しい音楽は血の滲むような努力の上に成り立っていることはわかる。けど、まあ、ひどい暴言たちです…。 出る杭は打たれる。が、溢れる才能は打たれても打たれても伸びて伸びて、乗り越えて飛び越えて行くのだな〜。
どんなであれエネルギーをほしい人はいるし、やめたきゃやめれるんだし。やめれないシステムがあるなら悪いけど、その人がそういうふうなのは悪くない。や、素直に肯定するつもりもないんだけど。主人公と先生は同じ種類の人だ、同じ世界観にいる。お父さんと会ってステージに戻ったのは、お父さんがちゃんとした作家じゃないことを何か思っててその気持ちも音楽へのエネルギーにしてるのかな。演奏聞いて思ったのは、エネルギーの種類が違えば演奏も違くなるだろうなって。自分でどれくらいコントロールできるものかな。
ラスト10雰囲気を飲んだ!長いMVだったな~JAZZ!
ネタバレ有。体育会系スポ根系!?うわ、苦手…と思いつつ見る。ニーマンの何かと爪の甘い所は痛い目見ても仕方ないとして(大怪我でドラム演奏に臨むなど言語道断)、フレッチャーの罵詈雑言指導と大人げない仕返しはいかがなものか。しかし最後の、ドラムの実力でフレッチャーをもねじ伏せるのは圧巻。しかし「セッション」とは言わないのではwww
最後のはセッションというよりソロだったけど、上出来だったのでしょうか?
名門音大1年生ドラマーとパワハラモラハラ鬼教授のスポ根。鬼気迫る二人に最後まで惹き付けられた。
前半は忙しかったので別の作業をしながら見ていました。後半は圧巻。これは惹きつけられますね。ただし前評判に聞いていた通り、ブラックな教授は精神的に迫ってくるものがあります。誰しもある程度、理不尽な大人の怖さを少しは味わったことがあると思いますので、これはトラウマをえぐるかもしれません。私は教員なので両方の視点から見ようとしてしまうため、それほど呑みこまれませんでしたが(まあ教員側の気持ちは私も分からないけど)、人によっては辛いかも。しかし高みにはこうもしないと行けないものでしょうか。考えさせられます。
★★★★☆4.5
女子高生シモンズが、アカデミー賞で助演男優賞を獲得というが、完全に主役に近い。弾けるような音楽映画かと思っていたら、狂気の音楽映画。最後の場面、鳥肌がたつような場面でも、狂気が勝る。
5!!Amazonビデオにて。レンタルしてしまった。すごい迫力!鳥肌。色んな悔しさを全てドラムにぶつけ昇華させる様子は圧巻。指揮の先生にこてんぱんにされても続ける理由は何なんだろう。ドラム叩きたくなるー!!
音楽を極めようとする者たちの狂気のようなものを感じました。
「愛と青春の旅だち」のミュージシャン版みたいなドリル・サージェント物。時節柄日野皓正に叩かれた中学生ドラマーのことを思い出してしまった。この映画を見すぎたのではないか。しかし、ドラムもちゃんと楽譜とかあって周りから「ちゃんとやれよ」とか言われたりするのですな。あと練習するとあんなに血まみれになる楽器だとは知らなんだ。軍隊と違って音楽は才能がなければどうしようもなさそうだが、先生の側にできるのは、適切な人に圧力をかけて目標を高く持たせることだけなんでしょうな。
S 芸術は狂気だ。すごい。
[全部を表示 | コメント有りのみ表示]
ログイン 新規登録