セッション コレクターズ・エディション [Blu-ray]を鑑賞したみんなと感想・レビュー・コメント一覧(533)

[全部を表示 | コメント有りのみ表示]
最後の伏線とはこういう事か…! にしてもフレッチャー教授も子供か笑 でも教え子だった人が亡くなって悲しんでいたように、期待をしていたアンドリューに裏切られたのが悔しかったのかな。 それだけ愛していたのかもしれないですね。
生徒と教師、互いのエゴがぶつかり合って、狂気と最高の音楽が生まれた。すべてはこのシーンにむけた伏線だったと思わせる圧巻のラスト9分。否が応でも引き込まれる。初練習でのピリピリした空気もよかった。最後の大会の先生の本心については解釈がわかれそうだけど、個人的には完全に復讐だったと思う。音楽に携わる人間が、大会で私怨を晴らすようなことしちゃダメでしょ。いや、主人公を成長させるためでもあれはダメでしょ!笑 先生の腹の底は最後までつかめなかったけど、そこは本作の主題ではないということか。あと、カット割りも◎
かーっこいい!ブラック企業に立ち向かう若者って感じなのでブラック企業に立ち向かっている人は観たらいいんじゃないかと思いました。映画自体の長さも長すぎなくてちょうどいい。フレッチャー教授が言っていることが、まともな部分とまともじゃない部分の開きが凄すぎて、結局どういう人なのかつかみきれずに終わってしまったけれどもそれでも面白かったです。
洗脳から花が咲いた運の良いパターンという感じ
次元が違う、ラストはゾクゾクした。
先生、最後まで嫌な奴!と思ったけど、あれは主人公を奮起させるためにわざと仕掛けた罠なのか?どっちだろう。最後の先生のいいぞ、いいぞ、それを待ってたっていう表情と主人公のドラムにぐっと来た。J・Kシモンズといえばルックスと声にかなりインパクトあるけど、今回はまさにはまり役。マイルズ・テラーも今後気になる俳優さんだな。
★★★★☆最後のドラム演奏は圧巻。
筋書きがどうこうと言うより雰囲気を楽しむ作品。ジャズを通して音楽学校の鬼教師とその生徒の関係を描くとまとめられるかもしれないけど、そこで師弟愛とか師弟の関係を超えての友情とか一切描かれてません。それでダメだと言う事ではなく、もうそう言うもんなんですね、これは。雰囲気はそこそこ楽しめたんだけど、実際ジャズ演奏シーンはカッコいいし。でもあまり琴線には触れなかったなぁ。どっちのキャラにも感情移入できる要素がなかったせいかな?何となくトム・クルーズの『カクテル』を観た時の感覚に近いなーと観終わった後思いましたね。
こんな先生やだ。しか感想ない。
生徒も教師も個性的で、凡人にはちょっと世界観に入り込むのが難しい作品だったかも…。
主人公も教師も似た者同士だなぁと。ラストのドラム独走(否、独奏)シーンは凄まじかった。手に汗握った。
真に個性的な才能は極限の抑圧のなかにおいてすら、いやむしろそのなかにおいてこそ立ちあがる。「上出来だ」←この言葉に殺されることを教わったゆえに、主人公はラスト、抑圧に抵抗することで自身の個性を開花させる。
情熱と才能を持つ者同士の本気の殴り合い
★4 痛い痛い痛い!ぬるさが1mmもない狂気の応酬。「こいつすげーな」を少なくとも鑑賞中四回は言いました。
こ…怖い。こんな先生いやだ。だが、この先生じゃなかったら、主人公は覚醒しなかったんだろうか…そう思うと複雑。
かっこよくて、夢があって、怖くなるほど熱があって、これぞ映画という作品です。演奏に対して常軌を逸したポリシーと情熱を持つコーチとそれに食らいつく主人公の姿にしびれます。もうジャズしか見えない!という2人がいいですね。反抗心に満ちた演奏もドキドキしました。最高です!!
体育会系映画ではありますが、真摯に現実を描写している作品だと感じました。音楽の世界で食べて行くには、多くのものを犠牲にしないといけないのでしょう。私はその業界ではないので詳しいことはわかりませんが、どの世界でも「常に研鑽」と「チャンスをものにする」ってことが大切なんだと感じられる作品でした。割とサクッと視聴できるのでおすすめできる作品。
突っっっっき抜けている
映画自体、特にラストは素晴らしいく、皆さんのように感動したかったけれども、好みではなく残念だった。
[全部を表示 | コメント有りのみ表示]
ログイン 新規登録