オデッセイ 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]を鑑賞したみんなと感想・レビュー・コメント一覧(1082)

[全部を表示 | コメント有りのみ表示]
御都合主義的過ぎ感もややあるも、十分に感動できる素晴らしい作品。マット・デイモンのお陰かもだかど。でも、十分面白い。おススメ。
これは凄い映画でした! 久しぶりにOneWorldで感動的。最後までドキドキしてみることができた。80年代のDISCO muzicも私は大好き!
テレビ放送で鑑賞。どんな困難にも立ち向かう主人公はエラい。マッチョでかっこいいし。仲間たちの友情も熱い。いちいちジョークで悪口ばかり言うのも良い。ご都合主義ではあるけど分かりやすく楽しめる娯楽大作。
iri
地上波録画。うんちを肥料にしてジャガイモ作るところが一番面白かった。火星でジャガイモ畑作るってすごいよ。
地上波録画で。こういう宇宙兄弟テーマって各国共通なのね。泣いちゃいました。
地上波。原作本は購入済、未読。文句なしの面白さ。深刻な状況でもユーモアを忘れない主人公が良い。指輪物語ネタのシーンにショーン・ビーンがいることにニヤニヤ。
TV放映(録画2018/8/3)にて →火星大接近にちなんで金曜ロードショーで放映
リドリー・スコット監督。マット・デイモン主演。火星に置き去りにされた宇宙飛行士のSFサバイバル映画。映画公開時に「火星版DASH村」と話題になったのを思い出した(笑)。ユーモアを忘れないポジティブ主人公は応援したくなるネ。面白かった。
NK
TV サクサク進んで行ってあまり深刻にならずに気軽に見れた。
NASA全面協力だけあってガチで凄かった。火星での芋栽培は面白いがもっと凄いのが地球への通信方法。アスキーコードかぁ。脚本が良く出来てる。意外とオッサンホイホイだった。エンドロール時に流れた「恋のサバイバル」のセンスときたら!
地上波。植物学者で良かったね♪ってそんなわけないでしょー!な話(苦笑)救出までも一波乱二波乱あったけど、助かったから結果オーライw面白かった
主人公が明るくて絶望はあまりない。後に武勇伝を語るのも分かる程問題を一つ一つ解決してた。そして凄く運が良かったね。地味だけど超人的だと思う。中盤はもう普通に楽しんでたように見えるw
どんな時もユーモアを忘れないって凄いな あの状況で通りすぎるときに手を振るよなんて言えない
まずは発芽可能なジャガイモが私物にあったのがあり得ないほどの幸運。絶対絶命が5コぐらいに集約されているが、原作では数倍で、耐用年数·使用目的を超えた機材流用はリスク不可避、故に色々マズイ、ヤバい事態となる。パスファインダー復活がキーポイントだったが、地球側で“公表する”決断は見通しが暗いだけに…「君の発言は全世界に流れてるんだぞ、言葉を慎め」「おっぱい」╱割愛された火星砂嵐解決は予想外の回避だった╱Chinaが「米国の恥を救って恩を売る」「自らのプロジェクトを放棄」を選ぶと仮想するほどナイーブなゼロ年代。
火星に一人残されたワトニーだが、ビデオメッセージで「サプラ~イズ」ってあたりからアレ?笑える?といい意味での期待外れ。ジャガイモの肥料にする便をかきまぜながら「ヨハンセン、臭すぎ~」とか、水を作る最初の段階で爆発して吹っ飛ばされたりで、時々ハハハと笑える場面がある。マット・デイモンで成功したんじゃないかな、これ。脳天気なほど前向きな植物学者。あと懐かしかったのはマーズ・パスファインダー、20年ほど前にはちょっと注目されたけど、こいつがここでこんな使われ方をするなんて・・・。
★4(2016年/日本公開作品/吹替/再)
sei
火星版ダッシュ島とか聞いていたけれども成る程。設定としては過酷なのにもかかわらず、悲惨な事故が起きているにもかかわらず、終始どこか楽観的で明るいのはマット・デイモン演じる主人公のおかげですね。こういうの好きだなあ
金曜ロードショー。 前半は色んな困難を乗り越え火星サバイバルをして、後半は救出作戦。実際こんな事態になったら、凄い単位の資金が必要になったり国際的な摩擦とかが起きてこんな綺麗事じゃすまないんだろうな…。わたしの心が汚いのか? 安心して観られる映画。火星産じゃがいもうまそう…
淡々と問題を解決して生き延びる主人公。部品の納期とかを考えるとこんな短時間で打ち上げるミッションはあり得ないと思うけど、帰ってこれて良かったね。明るくスッキリ系。
[全部を表示 | コメント有りのみ表示]
ログイン 新規登録