アナと雪の女王 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]を鑑賞したみんなと感想・レビュー・コメント一覧(1579)

[全部を表示 | コメント有りのみ表示]
前半のミュージカル部分は歌唱力も曲もさすがに良かった。しかし姉妹愛はまだしも、幼い頃からとじこっていたので王国愛のほうは説得力が乏しいような…。それでも再観賞したい出き(^.^)。土曜プレミアム
当時流行っていた映画。2017年、初鑑賞。 ラストの姉妹愛に感動。愛だね。 アナよりエルサ視点で鑑賞するとおもしろい。
そろそろ自宅用に買わなくては……。
真実の愛だけが氷を溶かすアナ(王女)とエルサ(女王)の姉妹。
4!今更だけど初鑑賞。姉妹・家族愛っていいな。人を大切にしたくなる。エルサは主人公に珍しく闇を抱えてるタイプ。その解放というカタルシス。ヒットの理由がわかる気がする。愛って何?とか深い問いが散りばめられていて、年代問わず響くものがありそう。
2014年日本公開の映画。 神田沙也加と松たか子のダブルスヒロイン。 アニメのキャラがよく、また 歌が楽しく、大人でも楽しめる映画になっている。
No.2267/'13米・102'<長編アニメ賞受賞>,監:クリス・バック,監・脚:ジェニファー・リー,音:クリストフ・ベック/声の出演:神田沙也加(アナ),松たか子(雪の女王/エルサ),原慎一郎(クリストフ),ピエール瀧(オラフ),津田英佑(ハンス),多田野曜平(ウェーゼルトン公爵),安崎求(パビー)
劇場で。ぜんっぜん面白くなかった。
★★★★☆
こんなに大ヒットしてるのは日本だけと聞いていたので期待してなかったけど、十分面白かった。オラフなどディズニーのキャラ作りはうまいね。
録画鑑賞。トナカイが飼いたくなってくる。
ようやく視聴することができた。ディズニーの悪役って外見ですぐ分かる奴ばかりだから本作の悪役は予想外というよりは意外だった。これは珍しいパターンではないか?クライマックスの愛もそういう感じにするのねと新鮮だった。 まーともかく雪だるまのオラフのキャラがいいね。ディズニーのサブキャラは侮れないw
何度観ても飽きない作品の一つ。やはり歌と映像美に心を持っていかれる。
映像と音楽が素晴らしかった!
誰かを想う気持ちが溢れた作品でした。ハンス王子についてはもうちょっと掘り下げて見ると、なんだか切ない気持ちにもなるのかなあとか、彼の思惑もちょっと気になりました。いちばん美味しいところ持っていかれたよねクリストフwwwでもきっと、これから彼らは互いの事を知っていくんでしょうね。素敵な気持ちが溢れた作品でした。あと特典映像のミッキーアニメもクオリティ高すぎてやっべやっべ……ってなりました。
TV録画にて、初見。映像はさすがに新しい方なので、綺麗ですね。ストーリーラインはいたってシンプル。普通のディズニー映画。普通にミュージカル部分とか楽しみましたが、感動する話でもそんなでは無いし、何があそこまで大ヒットしたのかが分からないが、それはきっと自分が汚い大人になってしまったからだろう。吹き替えより字幕版で観る方が好みです。…エルサのあのあの力…あれさえあれば迫害云々的な事される前に隣国の一つや二つ簡単に…とか考えてしまうのは、自分が汚いお(rya
fkr
@TV 面白い。ほぼ倍速だが。なめてたら最後やられた。
何度見ても面白いなあ。感動する。プリンセス映画のお約束(ヘテロ•ロマンスへの帰結と賛美)を蹴って、True loveを姉妹愛と訳したところに新しさというか、時代の流れを読み取れる。 森の奥深くの城に座し、妖艶さと力がみなぎるエルサは魔女そのもの。しかし従来、排斥されるべきその魔女が主人公になるのだから斬新。マイノリティを鼓舞するかのような、let it goは誰が見ても感動する。近い将来、ホモセクシュアルのプリンスやプリンセスが出てくるかもしれない。
[全部を表示 | コメント有りのみ表示]
ログイン 新規登録