風立ちぬ [DVD]を鑑賞したみんなと感想・レビュー・コメント一覧(5897)

[全部を表示 | コメント有りのみ表示]
★★☆☆☆
関東大震災の描写が印象的で見たくなりました。静かに進んでいく描写の中に情熱があります。
んー  まあまあかな。
私は好きですよ。
創作的人生の10年を超え、終わりは散々だと言いながらも美しいと思うものを作り続けた宮﨑駿という人を思うと劇場でも、家でもボロボロと涙してしまった。
DVD借りて再鑑賞
劇場で2回見た。面白かった。
ほんと良いな。劇場で見た時よりも良い。宮崎駿と半藤一利の「腰ぬけ愛国談義」と堀越二郎の「零戦」を読んだ後だから劇場で見た時よりいろいろなものが見えた。アンテナを張るってそういうことなのかな。そういうことか。じゃあ、アンテナを張るって、見える世界が広がるってことなんだな。二郎の設計してる横顔が一番かっこ良い。男の人の仕事している姿ってすごく好き。そういう点で菜穂子の気持ちがよくわかるなあ。
堀越二郎側の人間じゃないから感想がまとまらない。好きなものを作ると負の側面がついてくるクリエイターの矛盾した生き方を描いたものだけど、負のエネルギーが原動力で醜悪なものを描くという太宰的なクリエイターもいて、何かをクリエイトするとなったとき自分は確実にそっち側の人間。だから自分にはその矛盾はわからない。でも3行目から仕事の話して面会を延期する二郎と菜穂子の関係には涙した。菜穂子は嘘偽りなく愛してるけど、けど…の感じ。そこらへん庵野の感情の薄い演技が、憑りつかれたクリエイターらしさをよく表現できてた。
話題になっていたが、確かにタバコのシーンが非常に多かった。でも映画だからね。 零戦は戦闘機ではなく、美しい飛行機かな。
大人向け
創造的人生の持ち時間は10年だ
魔女の宅急便の時よりユーミンのエンディングを受け入れられるようになっていた。
何を犠牲にしてもという姿勢は全然よくてどんどんやればいいけど、そこに私小説的な自己弁護が入ってくると日和りが感じられて嫌なんだよな。
富裕層のエリートが難しいこと考えて悶々とする映画?という印象。 零戦は素晴らしい飛行機だけど、戦争には反対?宮崎監督は零戦を人殺しの道具ではなく、純粋に芸術作品として見てるんだな…。 私もそういう所ある…でもそれって最低だな、とも思う…。世間の戦闘機好きは、そこら辺どう思ってるんだろう??
空に憧れて、空をかけてゆく。
小説を読んでたので、あぁ見事に畳まれ織られ、昇華しとるなぁと。素直に感動。。。 映画館に観に行き損ね、しかも今ごろ思い出したように鑑賞。
[全部を表示 | コメント有りのみ表示]
ログイン 新規登録