アメリカン・ハッスル コレクターズ・エディション [Blu-ray]を鑑賞したみんなと感想・レビュー・コメント一覧(1028)

[全部を表示 | コメント有りのみ表示]
【N】クリスチャン・ベイルを目的に観たのだが、エイミー・アダムスが圧倒的に良かった。キレッキレ!
メインの登場人物がみんなどこかに寂しさや自分への不満を抱えていて、変わりたいと願って嘘をつく。相手を騙して、どんどん話は大きくなっていく。でも、主人公は最後は友だちを守ろうとするし、真っ当に生きようとするし、血の繋がりのない子どもを愛してるし。じんわりいい話になってた驚きと嬉しさ。
何も印象に残らない映画でした。
主人公が一番いい人に見えてしまう不思議な映画だった
あいかわらずすごい変貌ぶりのクリスチャン・ベイル、エイミー・アダムスのきれいなおっぱい、面白すぎるジェニファー・ローレンス、頭を巻いたブラッドリー・クーパーと、強烈すぎる個性がぶつかる映画。意外と後味のいいところに落ちついてよかった。
めちゃくちゃ面白い。騙して騙して騙して騙して最後はどこに行くのかわかんなかった。劇中歌が要所要所でいい味出してる。いろんな人が出てくるけど自然と主人公2人に感情移入してしまう。
実話が基ネタ、って作品は大好きなんだけど、このお話に限ってはストーリーよりも俳優陣のキャラが好き。実際の関係者もこんなキャラだったのかしら。だったらとってもユニークな事件だ。…不謹慎だけど…。
騙し騙され…で、訳分からんくなった(笑)おっぱい見えそうな衣装ばかりが気になった^^;
MJ
こういう詐欺師の話は誰が誰を騙してるのかよくわからなくなってくる。小心者の自分はバレるのが怖くてウソつけないけどきっと一生小者で終わるんだな、と思った。この時代のインテリアとかファッションが好きです。ゴージャスでとてもいいです。
面白かった。役者さんたちががんばってた。特にジェニファー・ローレンスは嫌なヤツだが嫌いになれない女をとてもチャーミングに演じていた。それと、監督さんは以前持っていたクセの強さをもう少しくらい出してもいいのではないかと思う。
冒頭からクリスチャン・ベイルの変貌振りに唖然としたが、うん、あの髪型はいいじったらあかんわぁ~(爆)とにかく男性陣の髪型に目を奪われ、なかなかストーリーが頭に入っていかなった。実話って事は皆さんあんな髪型だったのかしら?上司の氷上の釣りオチは何だったのだろう?詐欺師を信用するとは愚かだな。
1970年代の「アブスキャム事件」を基にした作品らしいが、最初の40分が話が掴めず眠くて眠くて、2度挑戦しても寝てしまったので、翌朝ようやく全部鑑賞。見ているうちに誰が真実を話して誰が嘘ついてるのか、リッチーが本当の詐欺師なのか?とFBI設定も疑うくらいだった。アーディンの奥様が常に危なっかしくていつかなんか喋っちゃうんだろうなとハラハラしてた。アーディンの髪型もだけど、リッチーの髪型もだいぶ不自然。詐欺事件が基なのにコメディっぽい。個人的には氷上の釣りの話のオチと、リッチーの婚約者のことが気になる。
話はそこまででもなかったが、登場人物みな愛嬌があってよかった。評価されているようにジェニファー・ローレンスの演技の印象が強く残った。
人は信じたいものを信じる。
ジェニファーローレンスかわいいなー なんやかんやでトータルかわいい映画でした(それだけ!?)
セリフを追いかけるのでいっぱいいっぱいで観終わってしまった(^_^;)。印象に残ったのは、そこまでクリスチャン・ベールの変貌ぶり(最初のほうは気づかなかった)と、ジェニファーとエイミーの 艶技とデニーロ凄みとクーパーとレナーの髪型かな。 【評価】★★★
残念ながらピンとこなかったです
ラスト、もう少し爽快感があればもっと面白かったのになぁ。欲張りな捜査官は自業自得だね。クレジットに名前なかった?けどデ・ニーロはさすがの貫禄だし、イライラさせるキャラのJ・ローレンスはじめ、キャストが豪華で見応えあった。
一番浅はかなのはリチャードで、最終的にそこで話しがオチたので納得いった。映画としては話の大筋よりも、個々のシーンがところどころかなり面白くって見入ってしまった。俳優たちの力量が素晴らしい。マフィアのボスとのシーンとか、愛人vs本妻とか、ジェニファーローレンスのぶっ壊れっぷりとか。最後、彼女は相変わらず面白かった、っていうのがww上司の氷の話がどうなったんかわからなかったしw
うまーい具合にまとめてある。ぼけっと見れた。
[全部を表示 | コメント有りのみ表示]
ログイン 新規登録