ホワイトハウス・ダウン [DVD]を鑑賞したみんなと感想・レビュー・コメント一覧(736)

[全部を表示 | コメント有りのみ表示]
個人的にはツッコミどころ満載で納得いかなくてうーん。まぁ単純なアメリカ映画かしら。ホワイトハウスが、ドッカンドッカンなるのは圧巻だけど。
再鑑賞、一度目とは全く違った印象!感動してしまった…、
バラク・オバマへのオマージュやと思うけど、彼にしても後継になりそこねたクリントンにしても、共和色満載。スノーデンが誰から逃げていたかというと、オバマ。広島を公式訪問する陰で、核ミサイル開発に巨額を投じる法案にサインしていた実態に失望しきり。
単純に、安心して楽しめる。私は好き。
地上波。劇場鑑賞済。「エンド・オブ~」とよく間違える。どっちもホワイトハウスと大統領が大変な目にあうお話。主役の娘の活躍が素晴らしい!ドキドキハラハラアクション映画。
★5(2013年/日本公開作品/吹替/再)
所謂「ダイ・ハード」的アクション。古典的すぎるネタも多いが序盤のネタを丁寧に回収してくれる脚本もまずまず。なんたって微妙に面白いガイドが終盤に頑張るとは思わなんだよな。「ぼくあるばいとぉおおお」的な。
【TV・再鑑賞】出演:チャニング・テイタム
「エンドオブホワイトハウス」と間違えた。おまけに見たら再鑑賞だった。主人公の影が薄いせいなのか、なんとなく中途半端。主人公の設定を思い切り脳筋に振るか、知的路線で行くのかハッキリさせたら、もっと面白くなったのに。ジェイミー・フォックスは大統領らしくないが、そこが反対に良かった。色々、もったいない。
ホワイトハウスがボロボロ。
ジェイミー・フォックスの大統領は、知的で若々しくて、行動力もあって、大統領らしくないけれど素敵でしたv チャニング・テイタムは…むーん…色々スキル高いのに、何故か脳筋タイプに見えて、なんだか勿体ないですね…(^_^;)スキルはあるのに!SPは無理かなあ、やっぱりwww あと、ストーリーが無理矢理大団円に収束させるとか、ジョンの娘ちゃん、あんなのバレたら即射殺されちゃうよ!とツッコミたくなるくらい子ども優遇だったりとか、モヤモヤしてたら、エメリッヒ監督だったので、納得しました…(^_^;)
チャニング・テイタムはルックスも演技も悪くないと思うんだけれど、存在感が地味なんだろうか。テロリストとの死闘の緊張感を持続できないというか。筋肉バカっぽいキャラ付けを強めたほうがよかったかも。パパ設定も必要だったろうけどギリギリでプラスになってない。ジェイミー・フォックスもそれほど良くはないけど、彼がいなかったら笑える部分さえも目も当てられない気がする。全体的にぼやけた感じで、ダイ・ハードやM:Iみたいにわかりやすく・間を大事に・一つ一つの始末をきっちりとつけて進む、というのは大事なんだなと思った。
テレ東:午後ロード。なんだかんだ大統領は高潔がいい。米軍が為す術なしなのが映画だとがっかりする。
気分爽快!
眼鏡かけるシーン好き
ホワイトハウスが、こんなにもメチャクチャにされてしまうことにビックリ‼︎日本だと国会議事堂に値するのだと思いますが、テロ組織が大統領の命を狙って、次々に襲ってくる姿は恐怖しました。金目的の武装かと思いきや、実は世界を巻き込む戦争へのカウントダウン…!核ミサイルを発車しようと狙う仲間の存在に、ドキドキが止まりませんでした!アメリカがミサイル発車したら、第三次世界大戦が始まると語っていますが、世界中が同時に核ミサイル発車したら、そもそも地球が跡形もなく消し去ってしまうよ…と思いました。
おそらく2回目。ローランドエメリッヒはホワイトハウスを壊すのが好きらしい。象徴的な部分がまたも破壊されてしまう。ホワイトハウスって広いんだなぁ。
ホワイトハウスがテロリストに占拠されるダイ・ハード的物語。個人的に序盤の絶望感の強いエンドオブホワイトハウスの方が好きだが、こちらはユーモアテイストが強めで娯楽作品として楽しめた。ラストはスッキリする展開。ツッコミどころもあるが、ダイハードが許せるならこれも許せるだろう。ジェイミー・フォックスと、案内係の青年、人質の見張りについたテロリストが良いキャラクターをしていた。案内係主人公でリメイクすればという話をみかけたが、それも面白そうだと思えた。
ラストでストーリーよく練り込まれてるなーと思った。面白かった。大統領が靴履くシーン好き。
[全部を表示 | コメント有りのみ表示]
ログイン 新規登録