ワイルド・スピード SKY MISSION ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]を鑑賞したみんなと感想・レビュー・コメント一覧(343)

[全部を表示 | コメント有りのみ表示]
ハデになりすぎるとなんだかもう現実味がなさすぎて付いて行けなくなる瞬間があるます…そしてハゲ率高すぎ。筋肉ハゲ大爆発なエクスペンタブルズ感出てきた。しかしラストは泣ける。もうポールウォーカーが観られないのは寂しい限りだ
TV録画にて。新シリーズを見る為に。やっぱり面白い!
☆3。 巨大な犯罪組織を率いていたオーウェン・ショウ一味を撃破し、彼から恋人レティを取り戻したドミニク。ロサンゼルスへと戻った彼は、相棒のブライアンや妹のミアらと平穏な毎日を過ごしていた。しかし、オーウェンの兄である特殊部隊出身の暗殺者デッカードが復讐を開始する。
録画鑑賞。とにかく、派手なアクションまみれでした。
ワイルドスピードシリーズは回を重ねるごとに面白くなるという感想は大きく同意。今作も面白かった。旧作をしっかり全て観たわけではないので、また復習がてらみなおしたい。スカイミッションの名を冠するとおり、終始車で空中戦。スカイミッションと言えるミッションは一度だけだが、空を舞台にしていると言っても問題はないだろう。スポーツカーが空を舞う。いや、車が空を舞う。豪快アクションを楽しみたい方は是非。テレビ版で鑑賞したのでエンドロールの演出がきちんと観られなかったのが残念。
こちらも新作鑑賞の前におさらい。超ダイハードな連中の笑っちゃうレベルの痛快アクションを愛でる映画。そしてラストの並走&回想シーンで号泣。For Paul... R.I.P.
ポール・ウォーカー、ご冥福を祈ります。
カーアクションの1テーマ、しかも空という1ポイントだけでここまで映像のパターンを見せられるのかと驚いた。最初のパラシュートが一番印象的だけど、それ以外でも終始空飛びっぱなし。
65点 驚異的なカーアクションの連続。車が空を飛ぶ、ビルからビルへ突き抜けて行くなんて誰が考えたのだろう(驚)けっこう楽しい。ジェームズ・ワン監督はアクションものも撮れるんだと驚いた。
地上波にて。車ってあんなに飛べるんだね…と、迫力に押されつつ楽しく鑑賞。ただ、ラストのsee you againは最後まで聞かせて欲しかった…並走しながらやがて道を別つシーンまでやってほしかった…あのシーンで涙腺崩壊するので…
22
うわ、これラスト…(;_;)ポールもブライアンも作品も、愛されてるなぁ。
車が飛んでるー! このシリーズは迫力シーン満載MAXで楽しい
劇場視聴済。地上波で。あ~そういえば車が空中を舞ってた!舞ってた!!w痛快だったのを思い出した。カーアクションはやっぱりワイルドでカッコイイ!最新作どうしようかな~。やっぱりスクリーンの方が迫力あるよな~
ストーリーはよくわからなかったけど、これだけ車を壊したら、役者よりもそっちの方が お金かかるね。
☆4 シリーズを重ねるごとに面白くなっていく。主役級の役者さんどんだけ使うんだ(笑) 知識として亡くなったのは知っていたけど、鑑賞中は代役がいつなからなのか全然気づかなかった。そして最後のメッセージにウルウル。
金曜ロードショー(17.4.28)。40分以上カットされても十分に面白かった
週末に向けて再鑑賞。隣で車好きの妻が車種を叫んでいるがついていけない自分。それでもカーアクションは見応えありのど迫力。それに比例するように格闘アクションがド派手になっているけど、やはりメカに敵うのは難しい。そしてラストシーン。次作に出れないことを天国で悔しそうにしているだろう。
BD、日本語吹替(楠大典)、日本語字幕
満足度84 ミスターパーフェクトことジェームスワンということで観てみました(誰が言ってるんだ?) うん、やっぱりすごい、娯楽映画を撮らせたら今ナンバーワンじゃないのか? ワイルドスピードシリーズは、1と2しか見てないんで、どこまでインフレ可なのかわからないけど、アクションがインフレしまくりで物語はハチャメチャながらも、キッチリキャラが立ってて、燃えて笑えて泣けてのめり込めるというバランス感覚が素晴らしすぎる。 カートラッセルとか描きこみ足らずで何がしたいのか全くわからないけど、ウインク一発で愛おしい
[全部を表示 | コメント有りのみ表示]
ログイン 新規登録