最強のふたりコレクターズ・エディション(2枚組)(初回限定仕様) [DVD]を鑑賞したみんなと感想・レビュー・コメント一覧(4366)

[全部を表示 | コメント有りのみ表示]
再鑑賞(2013.10.06)
ドリスがダンスするシーンがすごく好きだった。友情っていうのは肌の色の違いやお金や障害の有無を超えるんだなあ。
NHK-BSプライムの録画で。実話に基づいたお話という事で。失業手当の為のサインをもらいに来たのが・・・という出だしがいい。フィリップの家のスタッフがいいよね。
「彼の素性や過去などどうでも良い(関係ない)。彼は自分に同情していない」みたいな台詞が印象的だった。何だか、色々諦めなくて良いんだなぁと思える作品。元気になれる。
アマゾンプライムで鑑賞。男の友情を描いた映画は結末をどうするか難しいと思います。男女なら愛が生まれるというハッピーエンドという鉄板がありますが、男は難しい。一緒に何かを成し遂げる(脱走とか脱出とか死を免れるとか)という結末があると思いますが、この映画の主人公は障害者なので、どう結末を持っていくのだろうと、ずっと気になりながら観ていました。でこのラスト、なるのど、いいな、と思いました。フランス映画を観たのは何十年ぶりでしょうか。何を言っているかまったくわかりませんが、フランス語っていいな、と思いました。やっ
障害を持っていても、やれることはやりな。これが良い方に。
★★★★☆4.5 最後のドリス、かっこいいねぇ。そして、フィリップとドリスが本当に楽しそうでほんわかした。ドリスの陽気で差別化しない性格がフィリップの心を掴んだんだね。この二人は出会うべくして出会ったんだなぁと思う。心温まる映画でした。
ああもう、最高だった。健常者用のチョコとか、誕生日のダンスとか、不随になる原因だったパラグライダーに嫌々つきあうところとか、ひとつひとつのエピソードが観終わったあとも輝いている。笑いのなかに悲しみを散りばめられると、私はとてもやられてしまうのだ。
面白かった~。ただ、時々ドリスのブラックジョークが行き過ぎてる気がしてひやっとした
「型破りさとか破天荒さとかによって固く閉ざされた人の心を開く」系の映画っぽいけど、ちょっと違う。そこまで劇的な事件とかイベントは起きず、ただ二人の交流を淡々と、それでいてリズムよく描いた作品。ドラマチックさはないけど、程よく心地良い。叙情的なピアノの音色とともに二人の自然体な空気に浸る、なかなかの良作でした。
ドリスの人間性、人の心をつかむユーモア、相手を楽しませて尚且つ自分も楽しむ姿勢。 軽口を叩いてコミュニケーションをとるのは自分は苦手な分野なのでただただ羨ましい。 飾らない人柄がチャーミングだし、尊敬する点がたくさんある。あとフィリップは笑うとかわいい。
失業して貧しくて、家庭にも恵まれないドリスが、身体障害者の富豪・フィリップの介護スタッフの求人に応募。フィリップは、ドリスを採用し、率直で裏表のない性格に惹かれていく。フィリップは、介護されるだけの存在ではいたくなくて、対等に友人として付き合ってくれる人間を求めてたんだな。ただの雇用主と従業員ではなく、深い絆が生まれていくふたり。最初の場面では、ふたりは罪を犯して逃げてるのかと思ったけど、そういうわけではなかったw 実話が元になってるというのがまた感動的。
素敵な映画。2人の友情に感動するし、にこにこするシーンがたくさん。介護人としてではなく友人として接するドリスがとてもよかった。
nnm
人と関わり合うという事とは。考えさせられるし、笑えるしためになる映画だったー!
実話というのが信じられない。共感できないところもあり、感動とまではいかなかった。
最後切ないエンドだった。正反対の2人が仲良いのはいい。あとダンスもいい!
ぶっきらぼうで乱暴でちょっと下品なのにすごく優しくてあたたかい映画でした。ドリスの振る舞いは介護職としては顰蹙を買いそうなものばかりだったけど、そうじゃなかった。(もちろん雇われの身だったけど)ドリスとフィリップの関係は「介護職と身体障害者」ではなかったのだとしみじみ。素敵な映画だったなぁ。
★★★☆☆
テレビ/カテゴリー:特にお気に入り
破天荒な介護人にはらはらするんだけど、むしろ富豪の男性が乗りがよくて楽しそうで、終始爆笑だった。フランスらしいウィットの利いた強烈な作品だったなと思います。あと、BSで全部フランス語で聞けたのがよかった。
[全部を表示 | コメント有りのみ表示]
ログイン 新規登録