ロブスター

ロブスターの感想・レビュー・登録(133)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
何故かサバイバル方面だと思って見たら、ブラックユーモアファンタジーだった。 自分が飲み込みが悪いせいもありテンポが遅く感じていまいち。兄の成れの果て(というか最期)だけショック。
設定が斬新でいい。腹のでっぷりと出たコリン・ファレルがどこか哀愁を感じさせるが、内面に狂気を孕んだ男を味のある演技で魅せていた。ところどころで使われる楽器の音がいい。
皮肉でシュールな…男女関係なんて作ろうと思って作れるもんでもなく作らまいと思っても作れちゃうもんだし結局所詮自分が可愛いみたいな感じでしょうか…
ざっくりと設定を知ってから鑑賞。とはいえちょっと身構えすぎてしまったかな。にしてもレアセドゥの冷たい目線は最高なのでもっと観たい。あこがれる。
不思議感炸裂だが、詰めが甘いような気がする
★★★☆☆社会とはルール
男の、意中の女性に気に入られようと趣味嗜好を共有したくてたまらない感覚とか、これほど大げさではないにしても、少なからず頷ける点はあるのではないだろうか。大江健三郎のような世界観。
期待したが、不思議な映画!
パートナーを見つけないと動物にされるというざっくりしたストーリーしか知らずに鑑賞したので想像と大分違った。話の重点はそこじゃないのね。あの世界で生きなくちゃいけないかつパートナーが見つからなかったら大人しく動物になりたい。
連れ合いのいない人間は施設に送られ動物にされてしまう世界。この虚構のディストピアに現実と心理が介入した瞬間、我々に突きつけられるのは物語はこの現実世界の延長であるという事実だ。「人間」として生きるべく嘘をついてまで片割れの心を惹こうとするその姿は滑稽でいて欺きという反逆でもある。白か黒しかない世界に我々の世界も近づいているのではないか。あのダイナーで暗闇に光はさしたのだろうか。自由恋愛がいつしか普通になった現代だからこその選択的独身は、ある種安楽死の問題にも繋がってくると思った。
前半はブラックユーモア全開、後半は歪んだラブストーリーって感じで、オススメはしづらいけど面白かった。怪しい音楽と暗めの画面と好みのカットが多くて雰囲気がいい。構図とかちょっとキューブリックっぽいかも。あれだけ共通点に拘るのが不思議だけど、共通点から恋愛感情へ至るか否かがこの世界での人間と動物の違いなのかもしれない。思ってたよりホテルでの話が短かったけど、独り身派のリーダーが凄く可愛かったから許す。007見なきゃ…。
良くも悪くもわかりやすいブラックユーモア。ちょっと物足りないかな。社会に疑問を持ち、自由を求めて反社会的グループに属したものの、そこにおいてもルールでがんじがらめという現実を描いたのは痛快。
久しぶりのスゴい映画。マジキチ。これで笑えるセンスほしい。
想像してたよりエグい。映像作品寄り。あんまり人間の感情を感じられない。なぜ共通点がないとカップルになれないのか?謎が多い。観たあとのショックが強かったが今になって思い返してみればブラックコメディとして受け入れられる。¥400
@センチュリー
独身は犯罪!独身者は動物にされる!ただし理由は説明しない!という不条理系映画。犬が殺される残酷シーンがあるので犬好きは要注意。レア・セドゥの冷たいまなざしがいいね!あの目で見下ろされたい。
この世界を受け入れたらイケる。質感が綺麗だった、とくに逃避行のヒキ。
公開最終日に滑り込み鑑賞。結婚者のコミュニティーにいたいなら一瞬でもひとりであるけば逮捕される、独身のコミュニティに所属したいなら恋愛すれば殺される。両極端すぎる世界。終始効果音とか雰囲気がホラーで、内容も重いんだけれども、本当は笑うべき作品なんだろうな。周りのお客さんの反応を見る限り。あらすじを予習してのぞんだのに、実際みてみたら想像と全く違った。メッセージ性みたいなものが。なんかこういう雰囲気の作品に既視感があって、ずっと思い出そうとしてたが、やっと思い出せた。「世にも奇妙な物語」。すごくそれっぽい。
なにこの映画(困惑) 笑っていいんやんな?笑わせにきてるんやんな??、っていちいちキョロキョロしてまう映像と音楽とのギャップ。パートナーシップについて考えさせられます。夫になんの動物になりたいか聞いてみよう。たぶん同じものにはならない気がする。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

ロブスターを観たいと思ったみんな最新10件(63)

03/24:093
03/21:どめすと
02/02:Ag
01/01:凡人
12/29:イト
11/30:スノーク
11/12:sasaco
09/21:k imi
07/27:oborozuki

ロブスターを観た人はこんな映画も観ています


ロブスターの評価:63% レビュー数:42
ログイン 新規登録