傷物語〈I鉄血篇〉

傷物語〈I鉄血篇〉
▶︎ 予告映像を観る
監督
尾石達也
出演者
神谷浩史
坂本真綾
堀江由衣
上映時間
120分
amazon.co.jp で詳細を見る

傷物語〈I鉄血篇〉の感想・レビュー・登録(197)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
最初にキスショットが命乞いをするところで興ざめ、爆睡
色々な意味で長いよ
作画の密度がとても高く、色使いもセピア調というか、昔の怪奇映画のようでとても味がありました。内容は、1時間ほどの短編映画とはいえ、展開しなさすぎて肩透かしを喰らった感じがありましたが、中編、後編で巻き返しを期待しています。地下鉄駅のシーンはグロテスクな中に色気があって良かったし、忍野さんの登場アクションも良い動きだったのですが、ストーリー的に盛り上がったとは言い難くて残念。全体的にやや冗長に感じてしまいましたが、時間軸的に一番始めの話なので、キャラ同士がまだ親しくなく、会話があまり盛り上がらないのかも。
期待してたすごく美味しい料理が思ってたより小盛りで出てきた印象。僕が観たかったのはまさにこれなんです!でも正直少し食い足りないよ……ほんとにアニメを細かく深く見れる人にとってはいいのかも
阿良々木くんのいつもの「語り」がないことが、何とも物足りない。作画・音楽に相当力を入れてるのは分かるのだけど、アニメのスピード感に慣れてる身としては、どうしても前半怠く感じてしまう。ただ、後半は忍野も加わり会話が生まれたのでテンポ良かったかなと。キスショットを助ける場面と忍野の登場シーンが良かった。キスショットのあの泣き声、あれはもう助けるしかないな、と思わされる迫真の演技でした。あれで逃げたら後味悪すぎるもの。二部、三部とラストに向けてスピードアップしていくことを期待しつつ、次回作を待ちます!
前半どうでもいいことで時間潰してるのでは?と思ったのだけれど、この後羽川が何らかの形で関わってきて春休みのことは記憶にないと言われるまでの形に発展していくのだろうな、と…   吸血鬼の怪異というかキスショットに散々関わった挙句3編通した最後に彼は吸血鬼化するのだろう、という予想も裏切られ意外に最初から吸血鬼化するんだ。続き気になりますね、夏まで待てない!
物語シリーズは化物語しか観ていないけれど、上映中ずっと首をかしげていた。阿良々の執拗な喘ぎ、唐突なギャグ、勿体ぶったテンポ、冗長な歩行シーン。ビジュアルレベルは非常に高いのだけれど、とにかく全てがとてもまどろこい。そんな演出自体に酔ってるような気さえした。これを3部作でかあ。友人との感想戦は盛り上がったけれど。残り2作を待てる気がしないので原作読んでみる事にするよ。無人の静寂から血痕を辿るキスショットとの遭遇シーンはかっこ良かった。キャラクターの心理は全くわからなかったけれど。
物語シリーズ初期作品というのもあって阿良々木くんのテンション等もシリアス寄りでした。 これはこやれで好きだけど、テレビとは雰囲気が違ってるなーと感じました。 語り手のナレーションが無いので、原作知らない人にはなかなか辛いのでは?心理描写がはっきり伝わりにくかったなぁと。 忍野さんかっこよかった。あと、羽川ってこんな可愛かったっけ?というくらい可愛かった。。。!!!
劇場。もう待っていました、という感じ。ただ短い。前後編でもよかったんじゃないかと思ってしまう。TVアニメや原作とは場面の設定が違った。早く次こい!
バサ姉のおパンツ様のくだり気合いはいってたし、吸血シーンもエロかったし、忍野もカッコイイ。文句はないのだけれども。
TVアニメシリーズとは少し違うテイストかなと。話はなかなか進まずも、そのぶん音声と映像と雰囲気を十分堪能。
2回目。混物語目的。
熱血篇の最初の小冊子は黒猫さんだということが一番のサプライズ、嬉しすぎる。
おっぱい委員長とおっぱい吸血鬼。以上。って感じでした。イントロ長いよ〜2から本編スタート?
min
待ちに待ったね。やっと観れたね。拘り演出で期待を期待のままなぞらない形で魅せてくれました。映画館上映前提の重厚なテンポと音声でじっくりと美麗キャラ&空気感を堪能できました。何となく退廃的でセピアな色合いも現実とはちょっとズレた異空間を耽美に演出してて素敵。しかしこれはこれで好きなんだけど求めてたものとはやっぱり違うんだよなー。物語シリーズは誰かが物語らないと意味がないのよ。これだと傷活劇なのよ。大活劇であるのは間違いないのだが。1時間でもお腹いっぱいなのでこのテンションが次作も続いちゃうと胃もたれ。
完結してからDVDで見ればいいかと思っていたが、特典の小冊子につられて映画館に行ってしまった。しかし、映画館で見て正解。これは家で見るようなものではない。
映画やるなら原作読むのは後でいいかと思っていたら6年も経ってしまった(苦笑)。過剰演出・過剰クオリティで全体的なちぐはぐさが否めないが、昭和の映画みたいな実験アニメとしては十分楽しめた。これぞシャフト。キスショットがのたうち回る演技が今までにない坂本真綾。
物語の始まり。 そして。 終わりの始まり。 劇場版とあっていつもと違う雰囲気。 せめて2部作で収めてほしかった。 だけど全部観るのはまちがいない。
シリーズ開始の物語をビシバシとどの映像をとっても印象に残る出来栄え。 改めて阿良々木君が性に多感なお年頃でそれを鉄人28号などのパロディで見せたりと笑わせて、キスショット関連は恐怖させてくれる、次回も期待。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

傷物語〈I鉄血篇〉を観たいと思ったみんな最新10件(24)

09/20:Znvn3j
04/13:しんぺ
04/08:ナツ
02/06:レオぽん
01/29:kiki
01/21:
01/18:まつこ
01/17:ペーター
01/17:pori

傷物語〈I鉄血篇〉を観た人はこんな映画も観ています


傷物語〈I鉄血篇〉の評価:64% レビュー数:63
ログイン 新規登録