消えた声が、その名を呼ぶ

消えた声が、その名を呼ぶの感想・レビュー・登録(24)

最新の20件表示中[もっと見る]
08/20
映画や本で知識だけは充分に詰め込んだはずなのに、世界にはまだまだ知らない黒歴史があるものですね。前半は強制労働させられたアルメニア人(ナザレット)の生き残るための術を、後半は娘たちを捜しての旅路を壮大に描いています。人の死を軽んじる残忍な殺戮や、非道な振舞いが横行する中にも、助けてくれる人、優しく手を差し伸べてくれる人はいるもので、そんな人たちとの出会いがあってナザレットの命を繋いでいるのだと思うと、多少の希望が見えてきます。彼の人生はラストシーン後も続くのであって、その後の幸せを祈らずには入られません。
02/07
オスマントルコ帝国下のアルメニア人の困難な生活と第一次大戦下の「死の行進」という虐殺!が背景にあり、初めて知る歴史事実多く、勉強になった。作品としては、上記のシリアスな現実をうまく脚本に落し込んで、所々に笑いの要素をちりばめたエンターテインメントである。強制労働させられたアルメニア人たちが崖近くで見舞われるアレは目を背けたくなる惨さだが、事実なのだろう。主人公が映画でチャップリンを見て涙し、娘を捜す旅に出るところは泣ける。そのチャップリンばりにおどけた仕草で地球を半周して、暴力や差別を乗りこえて、何処へ?
02/04
主題歌がいつまでも耳に残る。昔のことのようで、これは現代にも通じること。 オスマントルコ時代に、アルメニア人が迫害を受けたなどとは全く知らなかった。孤児院の先生役にTrine Dyrholm。
民族や宗教の違いによる虐殺を生き抜いた主人公が、後半からは、生き残った家族を探しつづける話。ほんの僅かな差で何度もすれ違うさまは、「母を訪ねて三千里」かと思ったが、鑑賞後何日も経つのに、劇中で「愛しいあなた」と子供に向け、伴侶に向け、遠い祖国の同胞に向けシーンを変えて何度でも歌われるその歌が、ずっと頭の中に流れている。
劇場で。オスマン帝国によるアルメニア人虐殺の歴史を舞台に辛い場面も多いけれど、主人公のナザレットが娘を探すという目的のドラマながら映画はロードムービーのような印象。ただとても過酷な旅ながらも、笑える場面の優しさが好きだし音楽も良かった。石けんがある事がこんなに幸せな事なのか…いい映画でした。
01/24
スペクタクルの強さに130分しっかりと付き合う…再会のメロドラマよりはオデッセイ的なロードムービーの色が濃厚。喉のスティグマによって発話能力を奪われた主人公が行為者への修羅じみた変貌を遂げてゆく様は一見業深くとも同じアキンの「愛より強く」のように映画をふくよかにせしめている。男にとっての捜し求める家族が彼に死ねない呪いをかける幽霊のように見えるように、アメリカの娘にとっても現われた男は幽霊なのではないか…と“消えた”はずの掠れ声に振り向く所でふと邪推したり。“愛しいあなた”のフレーズもまた強烈な音の要素。
01/22
2015年12月29日/角川シネマ有楽町
12/27
1915年、オスマントルコで少数民族に対する弾圧が起きる。慎ましく幸せな日々を送っていたアルメニア人ナザレット(タハール・ラヒム)は、憲兵によって妻子と引き離され、砂漠での作業に強制連行される。 タハール・ラヒム超熱演☆彡過酷な旅を続ける父親をお見事に演じていて(・ω・)b はじめ、タイトルを見ただけで泣きそうになっていたけれど、実際のお話は泣いている場合ではない過酷な展開満載で。殺戮シーンはテロを報復とさせ。 コメントにつづく。
最新の20件表示中[もっと見る]

消えた声が、その名を呼ぶを観たいと思ったみんな最新10件(22)

08/18:雨猫
07/18:k imi
01/01:Keiko Ono
09/19:そしゃ
08/28:スイドー
06/26:とーこ
03/24:シンヤ
02/20:auan
02/14:omarushi
02/12: 

消えた声が、その名を呼ぶを観た人はこんな映画も観ています


消えた声が、その名を呼ぶの評価:100% レビュー数:12
ログイン 新規登録