ストレイト・アウタ・コンプトン

ストレイト・アウタ・コンプトンの感想・レビュー・登録(127)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
LA ストリート ギャングスタ 実在ラッパー伝記。レコード業界の光と闇モノで、音楽好き少年達の青春モノでもある。後のLA大暴動(1992)へと至る、白人警官による黒人・マイノリティ迫害を並走してきた人々の記録でもある。どちらかというと東海岸派で、大暴動のニュース映像をバブル崩壊後の日本で、キョトンと観ていた頃の感覚を、まるでそこに居たかのように補完できたw 圧倒的な説得力。
my2016映画館#16》まずは改めてEASY-Eに合掌したくなりました(-人-) あのラッパーのレジェンド集団N.W.A.を描いた本作…やはりテンション上がってあっと言う間に見終わった感で、当時を思い出し、熱くヤバい余韻に。 F##K The PoliceのエピソードにICE CUBEやDr.DREの脱退劇等、ツボをしっかり押さえて巧くまとめてある印象で…正にクールでドープ。 まぁ、N.W.A.を知ってれば充分に楽しめるが、知らない方も見て欲しい逸品、そこに尽きる...★4.5
ブギーナイツを思い出す
ヒップホップやラップに全く興味のない私でさえ知っているビッグネームばかり出て来て、一連のブームの原点はここにあったのかと感ずるものがありました。人種差別が著しい警察官との対立、ドラッグや銃が身近にある世界、もう随分前の事ですが、2パックが銃で撃たれて亡くなったと言うニュースを見た時、スターの身に何故そんな事が起こるのか不思議だったのですが、本作を観て彼らの世界がいかに危険と隣り合わせだったのかが分かりました。しかし昔ドラッグの売人だったなんて現役スターの伝記映画を作るなんて、日本では考えられないですよね。
シネクイント。当時の雰囲気がむんむん、そっくりなキャストを集めて(とくにスヌープドッグ)熱い伝記映画であった。白人警察官による黒人差別は歴史の遺物ではなく、ファックザポリスなど、ライブシーンは踊りだしたい位のグルーヴ。レーベル立ち上げに本物の輩が入ってくるとこじれるのは万国共通で、彼らはあくまでもアーティストでよかったね。ドレーはその後経営にあんなにも輝きだしたし。濡れ濡れパーティもいいけど、エイズには気をつけよう。
しっかりと青春ものの王道してて、楽しかった。特に敵が明快に設定されてるのは、feel goodだ!!!!ま、史実からは結構脚色されてるだろうけど。中でもデスロウレコードのイカつさは衝撃だったな!とんでもないブラック企業!!!!MC漢が所属レーベルの社長を告発してたのを思い出した。あの頃と今は少しも変っちゃいない。
極上音響上映にて鑑賞。恐らく二時間を超える長尺でも語りきれない物語があるのだろうがとにかく彼らの青春時代の煌めきと終焉を腹にくるビートとともに刻みこむような最高の映画。それにしても未だに変わらない黒人への差別より反ユダヤに過剰に反応するアメリカの闇の深さが垣間見えた。
100
音楽の捉え方や扱い方がすごくカッコいいと思った。また、生きている社会の違いを突きつけられた気がする。彼らにとってヒップホップは、カッコよさとか音楽スタイルの一種だとか以前に、社会とたたかう術なんだなと。かっこいい音楽と、真実を訴える歌詞。同じ境遇のリスナーが多いからこそ、ヒットし社会現象になるのだけど、訴える声の重みをすごく感じる。自分自身のボスでありたいというドレーの言葉は冒頭とラストでは違うものに聞こえた。 グッとくるシーンは多々あるものの、ライブのシーンがカッコ良すぎる!もう一回観たい
立川シネマシティの極音上映で鑑賞。ウーハー震えるライブシーンの臨場感は文句なしに最高。ギャングスタ・ヒップホップのオリジネーターであるN.W.Aの成功物語なのだけど、イージーE以外のメンバー、特にIce CubeとDreは非ギャングスタな出自だったのは驚き。ロドニー事件によって起きたロス暴動という人種問題にも踏み込みながら描かれる、成功後の分裂していく様子も映画として引き込まれる。暴動の最中にギャングスタ同士の和解を示す結ばれた赤と青のバンダナが印象的。現代へと繋げるエンディングはグッとくるものがある。
凝縮。 とにかく爆音でヒップホップ聞ける幸せを噛み締めた。
いやー楽しかった。N.W.Aが解散したちょっと後からヒップホップにハマったので、前半は「ヘェ〜」と思いながら、後半は「お〜懐かしい」と思いながら観た。メンバーの中ではアイス・キューブが一番好きだったんですが、息子似過ぎでビックリ&嬉しかった。たぶんN.W.Aを知らなくても面白く観られるドラマチックな物語なんですが、(若干誇張ありとは言え)ほぼ実話なんだよなこれ、と考えるとあらためてスゲーと思いましたよ。
最高。アイスキューブの息子上手い。シュグナイト、あんなやべえ奴だったなんて知らなかった?最初の、母親とドレが喧嘩するシーンが良い。貧乏って最低最悪なんですよ。上手いこと、自身がブラックであることがどれだけ社会に対する憎しみを生むかを描いていた。ドレは弟のことがあったから道を踏み外さずにいたのかなあ。とりま最後一瞬でたジミー・アイオヴィンが似すぎてて爆笑した。最高。
劇場鑑賞。この辺のことは全く無知だけど、いわゆる仲間と成り上があがっていく(そして時代に翻弄される)ストーリーは王道で、音楽もカッコイイし俄然盛り上がりました。
評判に違わぬ面白さだった。音楽にかけた青春に胸を打たれる。宣伝文句からだと社会を変えた話みたいな印象を受けたが(実際そうなんだが)、映画の内容は糞みたいな世界を抜け出そうとして腕一本でのし上がっていく青年達の若さ故の享楽と無法、栄光と挫折。王道サクセス諸行無常ストーリー。ヒップホップの知識はなくていい。むしろ、何も知らずに見に行った方が音楽のカッコよさに痺れるくらいかも知れない。彼等の「文化」や社会背景はおよそ自分とはかけ離れたものだし、N.W.A.の曲のリリックには共感はしないが、音楽は本当に格好良い。
AR
つまらない、退屈な、現代の日本だからこそこの人達の生き方に惚れる。でも、単なる成り上がりものだけじゃなく、ファックザポリスや、散々セックス三昧してた因果というオチがついて、皮肉になっている。名作です。
池袋シネ・リーブルにて。イージーがハマちゃんに似てる。
於:渋谷シネクイント
音響設備が良い映画館で観ることができて良かった。ラップを字幕で追うというのはスゴく不毛で、英語が理解できたならばライムも理解できたのだろうか。女性ほぼ不在の作品。
@シネクイント
新宿バルト9。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

ストレイト・アウタ・コンプトンを観たいと思ったみんな最新10件(26)

12/19:armerhund
09/06:Σ-0
03/03:yumiusa
01/22:ささやん
01/07:¥楽
01/04:mm
01/02:C
12/29:キャス

ストレイト・アウタ・コンプトンを観た人はこんな映画も観ています


ストレイト・アウタ・コンプトンの評価:58% レビュー数:37
ログイン 新規登録