リトルプリンス 星の王子さまと私

リトルプリンス 星の王子さまと私の感想・レビュー・登録(149)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
途中までは、なんのことやらよくわからず、全然ついていけなかったんだけど(ファンタジーですからね~)、最後にはボロ泣きさせられちゃいました… 大切なモノは目に見えない… そうなんですよね… 最後、母と娘がわかりあえて、よかったですよね~
感動しかない これは間違いなく大人向けの映画 「本当に大切なことは目に見えない」という最早語り尽くされたテーマをここまで魅せる映画をこれまでに見たことがない 一つ一つの演出、台詞全てがそれこそ星のように輝いて心に染み渡る 故にラストのような陳腐ですらあると感じられる台詞でも心揺さぶられるのであろう また名作「オトナ帝国」と似通うところが感じられ、見比べるとまた新たな発見があるように思えた、どちらも夕暮れの景色が印象的である。ともかくこの映画を劇場で鑑賞出来て良かった。
15年最後の映画。なんかわからないけど泣けた。王子様パートが本当に素晴らしい。キツネとかキツネとか。。。後半の話の持っていき方が「!?」って感じではあったけど面白かった。ぜひ字幕で見たかった。CGじゃなくて2Dアニメならもっとよかったのに。コンセプトアートのイラストが動けばいいのにって思うことあるやつ。あと、点灯夫さんが出なかったのがアカン!!王子が一番好きな大人だったのに。エンドロールが上からおりてくる珍しい終わりでした。(私の中では2作目)
シネマライカムにて。意思と運動が連動する瞬間に涙。
MOVIX京都にて。吹替え版。星の王子さまパートが、コマ撮りのストップモーションアニメで、材質がほとんど紙を使っているというので観に行きましたが、3DCGアニメのほうもうつくしくて良かったです。作り込みすごい。
星の王子様のストーリーがとても美しく映像化されていて素敵でした。 大人になった王子が出てきた時には驚きましたが、現実はこうだろうなーとすごく腑に落ちてしまう。 だからこそ少女とおじいさんの交流が温かくてなんだか泣けてしまうのです。
ずっと観たくてようやく観た。老人と少女の組み合わせはやはり最高。おじいさんが倒れるところまでは良かった。大人になった星の王子さまを見た瞬間に「チムチムチェリー……!」と愕然とし、急に現実に引き戻された感じで冷めてしまった……(パンフレットも買って帰ろうと思ったんだけど、ここで思い直してカレンダーだけ買った)。でも大人になるってそういうこと。星の王子さまのパートがとても素敵だったので、通しで観たい。DVD特典でないかな。
大人が観るためのアニメーションだった。孤独と枯渇した心がつらい時はみようとおもった。木儡のようなアニメーション表現が素敵だった。それでいて和紙や紙粘土でつくりあげたような質感もあって、テクスチャ力をじっくりながめていた。本から抜けだしてきた通りのストーリーと、あんまりもな毎日を生きている現実と、それから夢、気持ち先行の場面と3構成。どの世界も美しくて不思議と涙を流しながら眺めていた。大人になった星の王子さまが冴えない所が、自分と重ねられるようで染みた。
shi
映画館 / 星の王子さまのシーンが人形劇風なのが可愛い。キツネが動くのが可愛い。
まず映像表現の素晴らしさを伝えたい。CGがこれほどまでに繊細に木々の緑や陰影を描けることにまず驚嘆した。次にストーリー面について。既視感をおぼえたのは皆が会社の行き帰りに無表情で画一的に歩いている場面。これは現在の日本人がみなスマホをみながら俯いて歩いているところを思い出させる。母が決めたスケジュールをこなすことに何の疑問も抱いていなかった少女が、お隣のへんてこなおじいさんから不思議なお話を聞かされて変容してゆく…。小さな星に住む王子さま、砂漠に不時着した飛行士、勉強に明け暮れる少女、そこに孤独をみた。
星の王子様のその後を描いた作品。私は星の王子様を読んだことがなかったのですが、それでも充分楽しむことができました。よくある話なのですが、いい感じに過剰な演出と上手い人物配置が素晴らしかったです。いやー正直侮っていた。台詞ひとつひとつが印象的です。ラストの観客に想像させる余地を残しまくる演出に鳥肌立ちました。
嫌、これはもう大人が観るアニメですね。女の子が主人公のCG部分と和紙の温かみが感じられる星の王子さま部分では、断然後者の方が良いと思うのは私だけではないはずです。星の王子さまとサン=テグジュペリがモデルと思われる飛行士(若かりし隣りのおじいさん⁈)のシーンが、それはそれは美しくてうっとり。原作挿絵の素朴な雰囲気を残しつつも新鮮な映像美で大人の中の童心をくすぐってくれます。子供心を忘れて社会の歯車にハマってしまった大人の星の王子さまがあまりにも冴えなくて、自らの現状に置き換えて感慨深くなりました。
横浜ブルク13にて。2D字幕版。「星の王子さま」は読んだことあると思いますけれどもあまり記憶には残っていません。原作のお話に相当する回想場面のクレイアニメみたいな質感がとても素敵です。後半では意外にも大活劇が繰り広げられて、手に汗握る大冒険も堪能できます。あの人はまあアレですが。帽子の人がかわいらしくて、なんか好き。
結構感情移入して泣いてしまった。でもあれだけガチガチの教育ママだったのに、最後は割と簡単に和解してしまったのがなんかなあ…。徹底的に対峙してほしかったような気も。
子供の頃読んだ星の王子様がすごく好きで、でも映画は女の子が主役の話だからどうかと思ったのですが、『大切なものは目に見えない』を映画でも生かしつつの話だったので悪くなかったです。大人になった星の王子様は若干微妙でしたが(汗)女の子の話はCG、星の王子様の話はストップモーションアニメとなっていて、その違いがまた雰囲気があっていいです。
そんな期待して観た訳じゃないんでいいけど、後半ファンタジー的な展開になってからがいまいちというか、とりあえず星の王子さまがなんかモモのような世界で働いてるのはちょっと勘弁して欲しい思った。
親子で観るとよいかもしれないなと思う作品でした。大人になるにつれ、どんどん考え方が凝り固まり、視界が狭くなるから、この作品を観て反省しなければいけないな、子供の自由さ、逞しさを忘れないようにしなきゃと思いました。ピーターパンと似てるような、、、この世界観大好きです。あと、CGとクレイアニメの組み合わせがいいバランスで、話の立ち位置が分かりやすくて良かったと思います。製作スタッフはかなり力を入れたんでしょうね。この作品の原作を読んだことがないので、今度是非読みたいと思います。
めっっちゃくちゃ良かった。劇場でこんなにも泣いたのは久しぶり。小学生の時初めて星の王子様を読み、わからずに断念し、大学生でちゃんと読み直した。大学生の時本を読んだ際に前よりだいぶ理解できたと思えた。そして映画。また色んなことを思ったし、考え、前よりまた少し理解できた気がした。どこがどう良かったとか、ここに感動したのだとか正直うまく言葉にできない。でも観た時確かに心揺さぶられたし、今思い出しても尚、胸にくるものがある。→
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

リトルプリンス 星の王子さまと私を観たいと思ったみんな最新10件(62)

09/11:ひろの
06/19:蜜-mitu-
05/22:ponta
04/29:momo
04/13:しんぺ
04/08:chipu
01/31:はるやま
01/31:ヨシノ
01/30:はな

リトルプリンス 星の王子さまと私を観た人はこんな映画も観ています

【Amazon.co.jp限定】アナと雪の女王 MovieNEX (オリジナル絵柄着せ替えアートカード付) [Blu-ray + DVD]
【Amazon.co.jp限

3910登録
風立ちぬ [DVD]
風立ちぬ [DVD]

5685登録

リトルプリンス 星の王子さまと私の評価:66% レビュー数:49
ログイン 新規登録