ファンタスティック・フォー

ファンタスティック・フォーの感想・レビュー・登録(129)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
マーヴェルは大体観ていますが、旧作も含めてこのシリーズはどうも好きになれません・・・。ちょっと低年齢層向けなのかな?それともキャラが地味?まぁ、ゴムゴムとメラメラとイシイシとスケスケ(?)だなぁと脳内置換して観るのもいいかもしれませんね(笑)
もったいないなぁと。ヴィジュアルやガジェットは超かっこいいんですけど、マーベル映画には向かない監督人選だったのでは。ヒーローものじゃないパニックSFとか撮らせたらうまくいくんじゃないのかなジョシュ・トランク
賛否分かれるとは思いますが、これはこれで有りです。真っ直ぐな若者達に免じて楽しみましょう。児童期の2人が可愛いかった。
期待値下げまくった状態で見たので思ってたよりは悪くなかった。前半は結構丁寧に作られてるし結構好き。ただ1年後からの展開がやっぱりちょっと。そもそも1年たった意味が全くない流れ。見てる途中でふと我に帰るレベルのふわっとしたワイヤーアクションももうちょっとなんとかならなかったのかしらん。
制作時のトラブルが理由かどうかは知らんが確かにこれはダメだ。悪ふざけでチカラを得てしまった苦悩と言ったクロニクルの焼き直しでくるかと思えば、そのままドゥームが出てきて全く緊迫感のない、もっさりとした対決で終了とまったくもってファンタスティックじゃない100分。
やっぱりドゥームがあんな簡単にふわあ……って消えたらだめだよなあ。って、一晩眠って思ってきたけれど、人体転送するまではすっごく丁寧に作ってある映画だった。どんどん雑になっていくCGとワイヤーアクションに、喉ゴクリ。昔のもやっとする作りのアメコミ映画が帰ってきたなあと思った。スー役すごくよかったー。けれどやっぱ、ミスター・ファンタスティックはおじさんイメージがつよすぎて、20歳だと若いかあな。
尺が短くもう少し描写が欲しいなというところが少しありましたが今年観たMarvel系の映画の中では一番楽しく見る事ができました。この映画においてアクションはあくまでおまけです。
「突然、ヒーローになっちゃって。超人的なパワーを持っていても、心は人間のままななので、ツライです。」的なヒーロー映画、多いですねw。こき下ろすほど悪くないけど、もう一回観たいと思わせるほど、面白くもなかった感じの作品でした。
製作時の騒動を小耳に挟んでいたけど、危惧していたほどのつらさはなかった。ただしだいぶヘン。青少年たちか大人たちにいじめられ食い物にされそうになり、(酒の勢いで!)反抗して大変なことになる前半は一種の青春残酷物語としてよかったりする。しかしまぁ変身して「一年後」あたりからのトーンの違い、特に健康的で吉野家並みにササッとな終盤はすげー違和感。画面の雰囲気や明るさも前後半で違いすぎ。敵も背景の割には扱いが超適当。ドロドロした映画になる所に、まっとうなヒーロー映画を継ぎ足したような奇怪な作品。なんだこりゃ。
字幕版鑑賞。転移装置にブラックホールに超人的なパワー。古典的SFの王道を全うしていて楽しく観ました。人間関係がとても丁寧に描かれていて、特にリードとベンの少年時代からの科学オタク全開の友情が素晴らしく笑えました。若者が真っ直ぐで一生懸命で清々しかった。反面大人達の都合がなんとも勝手で腹立たしく感じた。今回はF4の始まりのお話。開き直った(?)4人の活躍するお話も続けて見たいな〜と思いました。
あれれーって感じです。大分ドラマに重きをおいてアクションは少なめ。リブート1作目だから説明が多くなるのはわかるのですが、ラストもなぜ勝てたのか根拠が乏しい感じ。観る前の期待が大きすぎたかな。
豊洲のユナイテッド・シネマにて、『ファンタスティック・フォー』を鑑賞。映画自体はB級アクションだけど、4DXシートが動きまくりで最高でした。車に酔いやすい方は要注意。 映画:☆×3。4DXシート:☆×5。
min
こういう、ヒーローの誕生秘話的なの、最近流行ってるんですかね? エンタメとしてどきどきワクワクで楽しめました。音や光の演出に終始びっくり。
ドゥームの唐突なヴィラン化がよくわかんないし(1年もあんな謎の高エネルギーの場所にいたからなんか頭までおかしくなったって事ですかいな)他の四人は飛べる人とそうでない人の差はなんぞとか国に協力したいんだか治したいんだかよくわかんないとかドゥームが最後どうやって死んだかよくわかんない、その光の中に入ったら死ぬんじゃないの?あれ、地球に戻れるの?とアタマがハテナだらけになった
Cmの4人の変身シーンは意外に中盤から。テレポートをけなげに研究していたリードのシーンから、ある意味てんこもりだったけれど、終盤が格闘だらけのアクションもので面白かったけれど、インパクトにすこしかける。
真面目に作ろうとして、地味~になった映画。アメコミ映画なのにケレン味が無い演出なのが疑問だし、悪役ドクタードゥームの扱いがあんまりよろしくない。冒頭のリードとベンとの少年時代の出会いは、まるで「キテレツとブタゴリラが親友に!」で、なかなかよろしかったので、監督のやりたい事の方向性がそもそもこのジャンルに馴染まなかったのではないかと思われ。
まずリードとコングの少年時代から物語が始まり、学生から事故に巻き込まれてそれからリードが逃げ出して、ドゥームが地球に戻って何とかして倒すと言う話なのでヒーローとしての活動が無い。 またドゥームがあっさり倒されて被害の規模も小さいので本当に始まりとしての話。
映画秘宝の記事を読んだためハードル低めの視聴.のためか,それほど酷いか?と思った.能力後のマーラちゃんが何故かブサイクだったり,ドゥームなぜ戻る?だったり,3時間ぐらいあったらよくなってたかもだったり,はしたけどね.周囲にバカにされつつも,転送ポッドを完成させた童貞の物語だったら,さぞ感動したろうな.兎にも角にも唐突感だけが際立った作品だった.それとレグ・E・キャシーの声でご飯三杯はいけるよね.ずっと聴いていたかった.
言われてるほど面白くないわけじゃない。観てる間は楽しいし。ただ確かに盛り上がりには欠ける。極めて小さなエリアでしか被害がないし、慌てふためく一般人の描写も無いために地球を救ったと言われてもなぁ。どこかでこのモヤモヤ感を感じたんだけど…と思ったらマン・オブ・スティールに似てたかも。まぁマーベル作品と言えどユニバースは絡んでないし、監督のキャリアやあくまでもこれはファンタスティック・フォーの序章だと思えば十分及第点では。余談だが、マイルズ君が時々シャイア・ラブーフに見えて不安だ。あんな人間にはならないでね。
面白かったのは面白かったけど全体的にもっさりしてる上にあっさり進んで物足りない感じがしました
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

ファンタスティック・フォーを観たいと思ったみんな最新10件(20)

09/13:hiruhanmost
11/15:
10/22:re:
10/20:Ryoma Yasui
10/20:はじめ
10/19:ささやん
10/19:pori
10/18:ミミ
10/16:睦月

ファンタスティック・フォーを観た人はこんな映画も観ています


ファンタスティック・フォーの評価:70% レビュー数:45
ログイン 新規登録