ヴェルサイユの宮廷庭師

ヴェルサイユの宮廷庭師の感想・レビュー・登録(28)

最新の20件表示中[もっと見る]
08/26
ヴェルサイユの庭がいかにして作られたかを期待したので、ちょっと違いました。まあ、少しは造園シーンもありましたが…
恋をしたくなる映画でした。原題:A little caps
ちょっと長かかったと思う。もうちょっとコンパクトにテンポよく進むと良かった。 雰囲気は素敵だったけど、あまり庭師の見せ場がないのが残念。
1682年フランス。国王のルイ14世(アラン・リックマン)は、ヴェルサイユ宮殿の増改築を計画。国王の庭園建設家アンドレ・ル・ノートル(マティアス・スーナールツ)は、庭園の建設をサビーヌ(ケイト・ウィンスレット)という無名の女性庭師とともに造り上げることになった。 17世紀の王宮の豪華さよ。庶民との違いがありすぎて違和感だらけだったけれども。コメントにつづく。
ケイト・ウィンスレットがとにかく美しい。最初から最後まで見惚れた。ストーリーは全体的に物足りない。前半の庭師の腕の見せ所、という感じはワクワクした。あのまま庭師物語にしてほしかったなあ。泥々の庭が一気に完成してたのもなんだかな…。ヴェルサイユ宮殿建設中のシーンや庭園を作る前の野原は、美しい宮殿が出来上がるまでの労力と時間を思わせ圧倒された。
kie
10/21
映画館にて鑑賞。ちょっと違和感なのがフランスの物語なのに英語で会話してるところ。どちらにしても字幕で観るんだけど、雰囲気は大事かなぁと…。117分の中に色んなものを詰め込み過ぎてる感はありますが、ちょっとふっくらしたケイト・ウィンスレットも魅力的でこういう時代の映画にぴったりなので、それだけで満足です!
10/21
結局のところ何が言いたいのかよくわからなかった。プロジェクト映画なのか恋愛映画なのか、はたまたサスペンスなのか。役者のアランは満点だけど。★2
10/20
映画館にて】とっ散らかった映画だなぁ… うーん…?? 主題を何にしたいのかってのがよくわかんない 恋愛主体なの? 過去のトラウマを克服した話? 造園の苦労やほかの庭師との対立の話?? なんかもうちょっと…うーん… 残念だわ…
もうちょっと、庭園を造る苦労や逸話が欲しかった。ただの恋愛ものになってしまい残念。後半に入ってからの唐突な過去エピソードも不自然。何故、浮気されたのかとか、分からないまま悲劇に結び付け角で無理無理な展開に。ラストのヴェルサイユの庭園の俯瞰は綺麗だったけど。
アラン・リックマンが出るというだけで☆3つくらい上乗せしたくなっちゃう。ああ、カッコいい。いぶし銀の演技にますます磨きがかかっている!
最新の20件表示中[もっと見る]

ヴェルサイユの宮廷庭師を観たいと思ったみんな最新10件(33)

01/20:voo
01/09:jiji
12/13:
12/13:
12/13:
11/17:いその
11/17:いちこ
11/16:たまん
11/13:tsunasalad
11/09:MK

ヴェルサイユの宮廷庭師を観た人はこんな映画も観ています

【Amazon.co.jp限定】アナと雪の女王 MovieNEX (オリジナル絵柄着せ替えアートカード付) [Blu-ray + DVD]
【Amazon.co.jp限

3907登録
セッション
セッション

657登録

ヴェルサイユの宮廷庭師の評価:86% レビュー数:12
ログイン 新規登録