ザ・ヴァンパイア 〜残酷な牙を持つ少女〜

ザ・ヴァンパイア 〜残酷な牙を持つ少女〜の感想・レビュー・登録(27)

最新の20件表示中[もっと見る]
08/19
01/03
11/23
11/07
10/02
新宿シネマカリテ。不倫に勤しむOLが観たら、一気に元気づいてさらなる邁進を目指してしまうような、時たま出てくるある種の映画でした。
ヴァンパイアの少女とヤク中の父親に苦しむ美青年の恋、よかったよー。ある種の異種愛として捉えた。イランの文化はとくに知らないのだが、イランミュージックの素晴らしさには心躍った。ミラーボールの使い方や可愛すぎる猫の描写が素晴らしい。ドラキュラの格好をしてクスリでふらふらになっている青年と、ヴァンパイアが恋に堕ちる瞬間が美しくて忘れられない。
09/30
美少女だった。次作はカラーで。
イランのさる町を舞台としたホラー・サスペンス。イラン文化圏での吸血鬼の位置づけ不明だが、夜中に徘徊する若い娘が「不道徳」とされるのは理解できた。ヴァンパイアであることは彼女の特異な性質として描かれ、形を変えた社会病質者、サイコパスの謂いかと。ヤク中、街娼などの「わるいこと」ばかりのバッド・シティで右往左往するだけの主人公に対し、少女の方は獲物を追いかけるよりも相手が寄ってくるのを待つ。主人公とヴァンパイアの少女の間に例外的に加害/被害とはちがうカップリングが成立したのはなぜか?これも非ハリウッドの淡白さ。
ジャームッシュ+リンチで雰囲気映画だけどその雰囲気が良かった。The Girl役の女優はルックスが在りし日のウィノナライダーっぽく見える一方で声はドスが効いていて、無表情の動物っぽい演技。チャドルにボーダーカットソー、スケボーで深夜徘徊する吸血鬼は魅力的だった。サントラも暗くて良い。
「彼」非常食に思えて仕方なかった。ねこがたいへんに可愛くて話は半分くらいしか。雰囲気のある映画でしたね。
09/26
雰囲気ばかり満載の文化系映画・・といって決して詰まらないわけでなく、猫映画としても秀逸。物語のキーでもあり、ただそれでラストに彼が事態を全て理解したとは思えないところが気にもなるが、そこは上手いこと雰囲気で逃げられた感じ。
09/24
最新の20件表示中[もっと見る]

ザ・ヴァンパイア 〜残酷な牙を持つ少女〜を観たいと思ったみんな最新10件(11)

01/03:shi-nakky
10/19:ささやん
10/09:ぷんやま
10/06:ly
09/30:dcm
09/25:m_masa
09/24:うめむら
09/21:トオル

ザ・ヴァンパイア 〜残酷な牙を持つ少女〜を観た人はこんな映画も観ています


ザ・ヴァンパイア 〜残酷な牙を持つ少女〜の評価:74% レビュー数:10
ログイン 新規登録