ピエロがお前を嘲笑う

ピエロがお前を嘲笑うの感想・レビュー・登録(137)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
CLAY=Clown Laughs At Youから取った邦題だが、原題“Who Am I”がやはりしっくり来るラスト…って、この強引なマインドファックなオチは賛否だろうけど。 サイバーなネタながらも難解でもなく、独特のダークな雰囲気がいい。 そう、主役がエドワード・ノートンとジェームズ・マカヴォイを足した様な感じで、おまけに『ファイト・クラブ』のポスターでニヤリとする方も多いかと。 ハリウッドリメイクが決定らしいが、変にトリックしまくらないで欲しいけど...★4
※ネタバレ※ 珍しく邦題が良かった。ダークネットを列車に見立てた演出とかコンピュータだけじゃないハッキングとか好き。主演のトムシリングも良かったなあ。MRXがもっと絡んでくるのかと思ったらドンデン返しは全然別角度からでびっくりした。でもあれ偶然頼り過ぎないかなあ?結局奴らがいたのかどうかわからないラストもいいよね。そういえば部屋にポスター貼ってたけど「ファイトクラブ好きにお薦め」は完全にネタバレだからやめよう。
現代版ユージュアル・サスペクツのような映画。ただ一人じゃ絶対に不可能な情報局に侵入してデータを盗んだ一件があるのに、一瞬でも多重人格説を信じた捜査官は無理があるように思った。
★★★☆☆ 『ピエロがお前を嘲笑う』で検索してみても、この映画が出て来なくて、『Who am I』が出てくるだけなので、見つけ出すのに苦労しましただ。
【ネタバレありかも】車の中の砂糖のマジックでハッとしました。ネタバレせずに感想を語るのが難しい!(笑)肝心なところを少しは明かさないとなかなか興味を持ってもらえなさそう、だけど少しでも明かすともう台無しというコピーのジレンマも含めて、ファイトクラブ的でした。「ファイトクラブみた?好き?だったら観てみて!」っていう勧め方しか思いつかないけどそんな勧め方したら嫌われちゃうよね。
警察から逃げ出す時何故か出入り口を封鎖しないお粗末さは目に付いてしまうが、人は見たいものを見る、の言葉通り進む終盤は見事。見たいもの、見せられました。しかしハッカーって極めたら凄い。
冒頭と最後で言われたように、人間は見たいものだけを選択して見ている。心理学的でなんともドイツらしいね。予告編で煽りまくっていたからあんまり驚かなかったけどまあ騙されたよね。もっと違うアレだとも思ったんだけど。仮想空間が舞台で語り部は一人。彼の身に起こったことの独白という構成の機密性の高さがポイントとなっている。それとよく考えれば我々はCLAYの仲間の誰一人も見ておらず全ては回想であるということ。だからラストも本当にあの通りに受け取っていいのかわからない。全ては不透明で、本当にベンヤミンは透明なのか?
マインドファック・ムービー大好き!大どんでん返し!!と叫ぶほどではなかったけれど、信じ込んでいた人にとっては驚愕だったはず。1回信じかけてしまってあー、うまーい!って思ったまままた波が来たので、タイトルの「ピエロがお前を嘲笑う」は素晴らしいと思った。原題より好き。林完二さんの訳し方好きだなあと。言語がドイツ語と英語とあって、聞き取っていくので精一杯だった。ハッカー映画は面白いなあ。リメイク版がどうなるのか愉しみ。マリが普通についてきたのが意外だった。パンフレットの出来はイマイチ
軽薄な感じだが面白かった。
キャッチコピーの良し悪しが顕著に出た映画だと思います。初めからトリックありきで疑り深く観てしまったせいか、ラストではそれほど驚きを感じませんでした。ただそのコピーがなければ興味をそそられたかと言うと微妙で、観ていなかったかもと思えばコピーは成功なんでしょうね。自分好みの映画かどうかは観ないと分かりませんものね。私の体質なのか、同じテンポで刻むビート音が眠気を誘って来て、集中していたつもりでも小さなトリックを見落としているかも知れません。ソフトが出たらもう一度じっくり観直してみたいと思います。
パソコン苦手で、「ファイトクラブ」のポスターもフリやったんやね。
久々に書きます笑 今年劇場で観てきた作品の中では一番クールなOPだったように思う。現実と仮想空間を行き来する構成の中に何を視る?何を感じ取る?スクリーンに映る小物と人物...一体何がミスリード?ボケっとしてたら置いてかれるよ笑  ただ、個人的には最大のオチに関してはあまりやられた感はなかった...
おぅ、そう来るか!?煽り文句はその通りかもね。
2015年10月9日/新宿武蔵野館1
面白かった。 コンピューターに詳しくないので、最後のMRXが判明したところの攻防はよくわからなかったが、そんなこと関係なく、楽しめたクライマックス前に登場するファイトクラブのポスターが心憎い演出!!
劇場で。 何物でもない青年がハッキング技術で仲間とともに非営利テロで世界にカマすという「ソーシャルネットワーク」+「ファイトクラブ」な感じだった。中高生はメチャアガると思う。ちょいちょいご都合展開があるけれど、嫌いじゃない。でもお土産もないかなー。 マインドファック云々は伏せててよかったんじゃなかったのかなー。 どんでん返しを事前に売り込まれると身構えるからどうしても肩すかしされる。 いいじゃん「ハッキングで世界にカマす」って売りだけで。 なんで余計な売込みするかなァ……。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

ピエロがお前を嘲笑うを観たいと思ったみんな最新10件(37)

03/22:メグ
11/14:aya
09/11:かおる
02/29:A.I
12/28:m_masa
11/17:いその
11/15:

ピエロがお前を嘲笑うを観た人はこんな映画も観ています

キングスマン
キングスマン

1076登録

ピエロがお前を嘲笑うの評価:79% レビュー数:54
ログイン 新規登録