バトルヒート

バトルヒートの感想・レビュー・登録(10)

08/16
2015年8月7日/丸ノ内TOEI 2
銃撃追い駆けっこ銃撃銃撃女の裸銃撃肉弾戦銃撃銃撃肉弾戦銃撃。トニー・ジャー格好良い。何となく徒手空拳での立ち回りを期待してたが、銃撃戦メインで意外と殴り合い的アクションシーンは少なかったなという印象。ただ銃撃戦の中にも飛び膝蹴りからの銃奪取で流れるように射撃…みたいに(トニー・ジャーが)独特のファイトスタイルを見せてくれる。足技主体のアクションが新鮮だった。警察・FBIと組織の対立の中に各勢力内での対立があり、自分以外みんな敵みたいな映画なので、バイオレンス要素は十分。真面目なメッセージ性もあります。
08/05
美しいドルフさんの顔に一度観たら忘れられないロン・パールマンの顔を向かい合わせるって、すっごい画面力だなあ!と先ず大感動。足技多めのトニーの格闘すっっごい圧倒された。めちゃくちゃ格好良い!!人身捕獲行為も裏切り行為も売春もヤク表現もテンポよく入ってた。貧民窟をバイクで走り回るバトルシーンが好き。どこまでも悪役のロン・パールマンが小さな子供に言った台詞が忘れられない。続きが観たい一本だった。
少女の人身売買をテーマに激しいアクションと脚本を手掛けたドルフのハードボイルドな作風が見事にマッチしてただの暗い映画ではない大人の渋みがガツンと効いた良作アクション映画へと押し上げた。脇役も豪華で中にはあのリトルトーキョー殺人課でドルフと戦ったヨシダ=サンことケイリー=ヒロユキ・タガワの姿も。間違いなくドルフ映画最高傑作に入る一本になるだろう
今年期待の作品だったが、個人的には期待を大きく超えてくれた傑作。ドルフ・ラングレンとトニー・ジャーの共演というだけでも血が騒ぐが、更にマイケル・ジェイ・ホワイトが参戦してきたのだから、たまらない。トニーVSマイケル・ジェイ・ホワイトが思ったより早く実現したが、素晴らしい立ち会い。ドルフVSトニーもお互いの特質を活かしていて見応えがあった。何気にトニー・ジャーのラブシーンって初めて?
人身売買のシンジゲートに家族を殺され復讐を決意したニック(ドルフ・ラングレン)と タイの正義漢の固まりの警察トニー(トニー・ジャー)。 二人がタッグを組んでシンジゲートをつぶせるのか。。 最後の意外性に驚きますが、こういう終わりもいいのかもしれませんね! しかし、格闘シーンはカメラアングルが変わりすぎて決め処が見づらい。。。 アクションができる2人(+1名)だから1アングルで撮りきる方法もあったのかと思います。 銃撃戦のカメラアングルはよかっただけに残念でしかたないです。。。

バトルヒートを観たいと思ったみんな最新10件(4)

07/27:m_masa
07/25:電気羊

バトルヒートを観た人はこんな映画も観ています


バトルヒートの評価:100% レビュー数:6
ログイン 新規登録