人生スイッチ

人生スイッチの感想・レビュー・登録(124)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
『愚息』の結末は・・。  『パンク』?はあとで笑える。 飛行機のは衝撃.。  面白かった。
オープニングからブラック。全編にわたる悪意な解釈が小気味よかった。各編にタイトルにもう少しセンスがほしかったな。
ムカついた連中を巻き込んで、何とジェット機直撃で両親と心中を図ろうとする大胆過ぎるオープニング…掴みはオッケーかと。 『人生スイッチ』って邦題だが、ぶちキレた者達に捧ぐ、シュールかつブラック過ぎのコミカルなオムニバス…これらをラテンなノリと言っていいのか、思ってた以上にニヤリしちまってた。 それぞれにオチが強烈な皮肉で、なるほどと感心…特にカオスな結婚式のラストに愛をキッチリ持って来るとは、グッジョブでした 。 個人的には続編見たいけどなぁ...★4
キャッチコピーにあった「痛快」な気分にはならなかったかな。どちらかというと「あーあー、やっちゃった」てな感じで見守る感じ。でも、至るところにユーモアが潜んでいて割と悲惨な復讐方法な割には、愉快でもあり後味は悪くない。「ヒーローになるために」が結末もろとも一番好きな感じかな。
ブラックジョークと言うには笑えない。当事者は真剣なんでしょうけれど、端から見ると滑稽で、とにかく悪意と悪意がぶつかるオムニバス映画。特にオープニングの飛行機の話がインパクト大でそこから既に目が釘付けになってしまいました。多少のやり過ぎ感は否めませんが、これだけ悪意に満ちていて、残酷で血みどろ、お下劣なシーンのオンパレード、なのに観ていてそれほど不快にならないのが不思議です。誰しもが持っているであろう『人生スイッチ』押さないように気を付けなきゃいけませんね。もうタイトルからナイスを上げたいです。
アミューあつぎ映画.comシネマにて
さすが大好きなペドロ・アルモドバル監督が惚れ込んだだけあって、さいこうに好みな仕上がりでした(本作の監督はダミアン・ジフロンさんです)。 日常で出会う嫌なやつにやり返せるとしたら…という再現VTRを流しているスカッとジャパンというバラエティ番組がありますが、あの番組は善人が悪人に仕返しして拍手をあびる純粋な勧善懲悪というか、水戸黄門的なモノですが、『人生スイッチ』はすごい。1やられたらその500倍はやりかえすもんだから、被害者がまったく善人にみえないっていうか、クズしか出てこない。クズとクズがやり
なにも情報を得ずに鑑賞。群像劇かと思っていたらオムニバス。エンストの話が笑えた。テンポがいいのであっという間に終わります。あ、もうこんなに経ってたの?って感じ。たまにはこういう映画もいい。
好き嫌いがはっきり分かれそうな映画。私は大好きです。 各話のタイトルのセンスがちょっとアレ。あの状況、「エンスト」じゃないよね・・・。
追い越しからの泥試合と、レッカー業者爆破が最高に面白かった。
これは素直に、面白かった(。・ω・。) コメディー要素もあるブラックサスペンスのショート6本のオムニバス アルゼンチン映画って初めてかもしんない… 最初の5本は切れ味よいコネタをきっちり映画にしてて、「あはは、いいねいいね」ってな具合に楽しんだ ややキツめのネタと描写が入るのは、アルゼンチン風味なのか、この監督の風味なのか… そして最後の一本 油断してたら、思わぬ「文学性」、意味の多重性にガツーーーンとやられた 深みのあるすばらしい中篇だった こういのこそ、ぜひとも劇場でどうぞ
私、好きですこれ。
まったく予想してなかった映画、僕の笑いのツボからはハズレてるけど、アルゼンチンは物騒な国?
あまりのブラックさに、ドン引きもドン引き(笑)アルゼンチンよ、大丈夫か?!と心配になってしまったが、劇場を後にする頃には心の中で思わず小さくブラボー。かなり良いストレス発散になりました。怒りの復讐劇ショートストーリー6話。第1話のつかみが最高!一番ドン引きした車のパンクのエピソードが実は後々一番笑えた。復讐される側とする側の切っても切れない縁って怖すぎる・・。笑わずにはおれません。
劇場で。 ここまでやってくれたらもう笑う。
何故か全てのストーリーが最後にまとまる話だと思い込んでたし、それを期待して観てしまったので、あれ?って感じがぬぐえない。この思い込みなしで観たらもっと楽しめたのかなー。ボンビータが一番良かったかな。飛行機に突っ込まれる夫婦は犯人の両親?だったら徹底っぷりが面白いんだけど、突っ込んでくる映像は怖かった。
アカデミー賞の外国語映画賞ノミネート作品だったので、予告編も見ず、予備知識無しで見に行った。ミニシアターで1回/日の上映でがら空きでした。「押したら最後」とのキャッチフレーズありましたが、題名のスイッチから何か前向きなスイッチがONとなるほのぼの映画を予想していましたが・・オムニバスで6編の短編映画。驚愕&爆笑にしてとのキャッチもありますが、サスペンス&ブラックって感じでしょうか。意表を突くその物語の展開に確かに驚愕。 小さい頃に見たヒッチコック劇場のようなストーリー。人の企みと浅はかコーエン兄弟的な感
こんな映画見たことない!しいていうならモンティパイソンみたいな…。いや、それともまた違う。残酷で辛辣で愚直な行動にこめられたメッセージ性から、かなり遠くまでいろんなことを考えられていろんな解釈ができる。この自由度数の面白さよ。行間や想像性をフル活用にして、それこそが本編というようだ。こんな映画に出会ったのは久しぶり。全部面白かったんだけれど、最初の墜落へむかっていく飛行機と、二回でたゲロシーンにもってかれたし忘れられない。フロントガラスに脱糞シーンは、何度かみたことある放尿シーンを越えたわ…。
イメージしてたんと違った。こわっ!て思った。カリカリせずに生きましょうってかんじかな。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

人生スイッチを観たいと思ったみんな最新10件(52)

03/08:booska
12/30:ヒロケン
11/17:いちこ
10/15:Ayapaka
09/25:ガーコ
09/23:ゆーいち
09/20:JHONNY

人生スイッチを観た人はこんな映画も観ています

キングスマン
キングスマン

1071登録

人生スイッチの評価:82% レビュー数:51
ログイン 新規登録