ボヴァリー夫人とパン屋

ボヴァリー夫人とパン屋の感想・レビュー・登録(32)

最新の20件表示中[もっと見る]
03/09
小説『ボヴァリー夫人』を読んだことがないので、楽しさが半減しちゃったかな。後で小説のあらすじを知ってから、ファブリス・ルキーニ演じるマルタンの行動に納得しつつ笑ってしまいました^^ 彼が出演してると味のある作品になりますね。これもはまり役だったと思います。少し勉強不足でしたが、面白かったです。
優待作品の1作にあったので何とは無しに見に行ったんだけど、思いがけず面白い作品に出会ったという感じ。とにかく妄想を膨らましちゃって、盗み見してはいちいちハッ‼︎という顔をするマルタンのおじさんが何とも可笑しくて可愛いみ溢れる。殺鼠剤にいちいち過剰に反応するとことか笑った。
劇場で。面白かった。隣人のイギリス人夫婦にボヴァリー夫人を重ねるパン屋のマルタン。ファブリス・ルキーニもジェマもハマる役だ(笑)妄想働かせるマルタンに対して、至って普通の奥さんと息子が妙に可笑しい。フランスのコメディってなかなか大人向けというかぶっ飛んでる時があるよなあ…最後が面白すぎる。
面白かった…かも…。フランスの片田舎の自然や人々の暮らしとか。
劇場で。 興味深い展開だ。「ボヴァリー夫人」も読まなきゃな……と思ったら、ラストで仰天。 え、これ、ジャンルって、そっち? フランス人って……。
08/18
08/11
パン屋は見た。では終わらない。
映画館にて】コメディ…? コメディだったんだよね?? とちょっと不安になる映画w マルタンがかわいい! かわいい、愛すべきおっさんである おっさんの妄想と、隣の奥さんの不倫が絡み合って物語が進んでいくわけですが、あの結末が…笑っていいところなの??w  いや、ロシア人(偽)とのやり取りのところじゃなくてw(そこもおもしろかったけど)  うん、たぶん、笑っていいところなんだろうな…三人の男がかなしみにくれながら歩くあの回想シーン…w  隣の奥さんがパンこねるシーンがちょっとだめだった…衛生観念が違う
マルタンがとにかくかわいい!(笑) お隣さんが「ボヴァリー夫人」だぞ!ってワクワクしたり、ヒ素に過剰反応したり、ジェマにドキドキしたり…。ジェマが元彼とキスしてるのを見て「ウソだろ」と言ったのには笑ってしまった。今度はレオンが?とでも思ったのかな。(個人的にはレオンとロドルフは逆なんだけどな。司法試験の勉強って言ってたし。元彼のがズルそうだし。) 結末は、そんなことあるー?って感じだけど、3人の男がそれぞれ罪悪感を分け合って…。マルタンもこれで少しは反省したでしょ。って思ったら、懲りてないねー全く(笑)
主人公(語り手)の妄想がありがちな不倫をドラマチックにした、という印象。考えてみればボヴァリー夫人もごく平凡なヒロインの妄想からのドラマみたいなものだし、そういう意味では二次創作的なものなのかも。ラストは想像とは違ったなぁ。
もうちょっとフランス映画らしい香りというかエスプリというのかそういうのが効いてる映画なのかな?って思っていたけど、意外に普通でした。主人公のマルタン(ファブリス・ルキーニ)が、美しい隣の奥さんに対して恋心が芽生え、妄想を抱くところまでは想像とおり、その後の展開にちょっと期待したんだけどソコがちょっと普通過ぎたなぁ・・・・・・
最新の20件表示中[もっと見る]

ボヴァリー夫人とパン屋を観たいと思ったみんな最新10件(29)

11/09:Chizu Imura
12/24:うじ
10/19:ささやん
09/25:ガーコ
09/05:Mizuki
09/04:たぬこ
08/28:かおる
08/11:えりぞう
08/03:Ayapaka
08/01:きゃべつ

ボヴァリー夫人とパン屋を観た人はこんな映画も観ています


ボヴァリー夫人とパン屋の評価:100% レビュー数:16
ログイン 新規登録