アリスのままで

アリスのままでの感想・レビュー・登録(172)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
ジュリアン・ムーアの演技はすばらしい。別人かと間違うくらいにだんだんと顔つきが変わってくる。さすがです。
わたし実は、毎日しているネクタイの結び方が、突然分からなくなってしまったことが2回あるんです… たぶん、若年性アルツハイマー予備軍なのかも… そういう意味でも、ちょっと怖くなっちゃう映画でした… いつまでも、自分のままでいたいと願っている今日この頃です…
丁寧に作られているなと感じる。ただ感動を呼ぶだけの作りではないところが個人的に好感が持てた。随所に認知症当事者や支える家族へのヒントが散りばめられてあり、なるほどと思う場面がいくつもあった。エンドロールでは、自分だったらということを考えていた。もしもに備えて何ができるかなと。うっすらと見えているタイトルがなんとなく切なかった。現在進行形で認知症と向き合っている方々にも是非見てほしいと思った。日本でもこういった向き合い方の作品が生まれることを願う。
言語学者で講演の評判もとても良い50歳になったばかりの女性が、若年性アルツハイマーになってしまう話。遺伝性なので進行が早く、全てを忘れてしまう事、自分が自分で無くなってしまう事をとても恐れている様子が良く描かれています。アリスが「癌になった方が良かった」と夫にいう場面はとても悲しい。この病気は本人だけでなく、周囲の人の心にとってもダメージが大きいです。私としては自分の病気の事を発表したシーンで終わって欲しかったかな。
『目の前にぶら下がっている言葉に手が届かない感じ』という表現が突き刺さる。もどかしさと無力さ、僅かな希望。優秀な家族たちと一人アウトローをいく次女の、本格的にアリス自身が失われてからの距離感にもグサッと来た。ものすごく、自分の中の愛情って大丈夫って問われてる気がしてとても気が気じゃないというか落ち着かない映画。
作品中でも示されているとおり、全てを手に入れたかに見えた女性が陥った認知症という恐怖。その過程はジュリアン・ムーアの渾身の演技もあり、切ない限り。自分も同じようなことがありうることを考えると身にもつまされる。だけど、彼女を支えてくれたものもまた彼女が築いてきたものだったとも言える。同じ知的エリートである夫の、介護かキャリアかとの直面に、もしこれが男女別だったらどういう選択になるかとふと思った。撮影前にALSとなった監督の渾身の遺作は、限りなく丁寧で見る者に沢山のことを問いかけていた。
アミューあつぎ映画.comシネマにて
劇場で。深刻なテーマだけど、なんというか、いい意味で観た後に何も残らないかもと不安になるくらい淡々として軽やかだった。だからこそなのか、エンドロールを観ながらぽつぽつと、止めどなく「自問」が湧いてきて、その余韻が重たかった……。生きるとは?生きてるだけで尊いとか言うけど、本当にそうなのか?何もできない子どもは愛されて、何もできない大人は疎まれる。どちらも生きているのは同じなのに?やっぱり何かを成さないと、何かを残さないと、それが生きるということ?……等々。最後に、ジュリアン・ムーア素晴らしかったです。
@新所沢レッツシネパーク
他人事だと客観視出来ない誰にでも起こり得る切ない物語。想像していたよりも現実だけが淡々と描かれていて、それがかえって心に響きました。知的なアリスゆえの葛藤。また遺伝性で子供達を巻き込んでしまった事への贖罪。遺伝子を持っていたら100%発症するって怖過ぎます。未来の自分へ残したビデオレターのアリスは本当に美しく、「BUTTERFLY」は失敗して良かったと言うよりも、それすらも実行できない状態に陥ると予測できなかった読みの甘さが切な過ぎます。それでもラストでのアリスの笑顔には救いが見えてホッとしました。
my2015映画館#65》老人性認知症の家族の世話をしたので、進行状況は身に詰まされた。 それが若年性となると、明日は我が身で、とにかく怖いとしか言いようがなく…初めて知った遺伝の可能性がある家族性には言葉を失う。 そして、“BUTTERFLY”に関しては、家族を苦しめたくないので自分も同じ考えではあるけど。 淡々と描かれるラストと、原題“STILL ALICE”…頷くしかなかった。 ジュリアン・ムーアは申し分ない熱演で、クリステン・スチュワートもグッジョブ...★4.5
映画館にて
何度も辛く切ない気持ちになった。泣けて仕方なかった。病気は自分ではどうしようもないこと。。。ラストのアリスの子供のような笑顔が印象的だった。
思ったより現実的な映画だった。アリスの元の人間性なのか激しい展開もなく、淡々と記憶が失われて今の自分が自分でなくなって…映画としてはすごく地味なシナリオだけどジュリアン・ムーアが良い演技してた。安易に死んでED、家族に棄てられたり悲惨な目に遭ってED、とかじゃないのがいい。
検査を拒否した末っ子が世話をする図が一番心にきたなあ。最後のホワイトアウトものすごくよかった。ただの白画じゃなかった。忘れられない白だった。浮かぶタイトル文字もイイ! Butterflyが実現しなくてよかったなと安堵。
日々患者に接していても尚若年性アルツハイマー病の辛さは見ていて辛い。家族性だと遺伝子を持っていれば必ず発症と言うのは知らなかったので、患者当人が数倍辛い思いをするだろうと痛ましく思った。日々自立して生活している事がどれ程幸せなのか、改めて噛み締めなければと心する。
☆2.5 ジュリアン・ムーアが良いに尽きる。
アルツハイマーの方の心象風景を知ることが理解につながるのかもしれない。ジュリアンムーアの迫真の演技が強く心に残った。
アリスは幸せな女性だと思った
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

アリスのままでを観たいと思ったみんな最新10件(69)

06/13:
03/08:booska
02/28:Chaika
01/15:aki6666
01/04:
10/22:紙虫
10/19:ささやん
10/08:煎餅
09/30:加藤久和
09/24:アシアシ

アリスのままでを観た人はこんな映画も観ています


アリスのままでの評価:72% レビュー数:62
ログイン 新規登録