チャッピー

チャッピーの感想・レビュー・登録(427)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
チャッピーが悪ぽくなるのはちょっと見ていてお母さんの気分というか、楽しいというか。何気に、ヒュージャックマンが、自分のマシンを世にはばたかせたくて仕方ない敵役として出てるのが、今まで彼がヒーロー系の映画が多い中では珍しく楽しかったでしょうか。いずれにしても、第9の監督はこういう、種族を超えたものが好きなんだなと感じます。が、私としては第9の怒涛の感情に任せた展開が好きだったので、チャッピーは少し抑え気味かなと感じますが・・・とりあえずかわいいねチャッピー。
2回目は面白かった。「なぜ自分を壊れる体に作ったのか?」という神への問いかけがあったりして非常に深い。終盤の巨大メカに乗ったヒュー・ジャックマンがニヤニヤしながらクラスター爆弾を使い、地面ではニンジャがお金を拾っているシーンがある。 この映画にはロクな人間が出てこないと思った。次回作を作れるような余地を残した状態で終わっている点も評価が高い。これで終わりじゃないんだろうと見るものが考える余地が残してある。
面白かった!!見た目はごついけど中身は純真無垢でなんでも吸収していくチャッピーが可愛すぎる。 特定のシーンがカットされている劇場上映版を観るのが嫌でDVDを借りたら、レンタル版も劇場上映版と全く同じものだったようで……完全版はいずれ購入して観ます。
やっと観れた!!劇場で観たかったけど結局DVDで。多分カットされはのはアメリカがチョンパされたところとかなんだろうな。 チャッピーかわいいし、ママもパパも創造者もみんなで生きてくんだろうな・・・。最後のシーンみて技術が向上してきたらボディのバージョンアップで人間と見紛うくらいになりそうだなと思いました。
【レ】町山さんが「子育ての話」とラジオで話していたのを思い出して、納得。子ども(チャッピー)によって親(ギャング父)が変っていくのを見て、微笑ましかった。変なタトゥーと日本語の服には笑ったけど…(笑)もう一度見たいと思う。
飽きる事は無いが、ちょっと要素積み込みすぎな印象。最後の終わり方が「うおおおおおぉぉぉ!!」とテンションが上がった。警察に追われて決してハッピーエンドではないけど、チャッピーはママと再会出来たのかな、と少しだけ希望が持てた。鑑賞時は知らなかったが、パパとママはDie Antwoordという音楽グループで、実際に夫婦だと後に知ってビックリした。演技上手すぎでしょう…
nd
終わる前に滑り込み。ギャング達がいいキャラしてて、3人の個性に触れて成長していくチャッピーが本当に可愛い…ニンジャの歩き方真似るところから、最後はそれが板について見えるのも、アメリカと拳合わせるのも、ママの前では完全に子供なのも全部可愛い。アジトの小物や背景の落書きが子供部屋っぽくていいなあと。あとはもう音楽が最高だった強奪行く前の集合シーン胸熱すぎて……ヒューの頭悪そうな悪役好きだなあ。プリズナーズのキチっぷりも好きだけども。一番泣けるシーンで笑わすのやめてほしいテンション
思ってたんと全然違う。でも、観て良かった。チャッピー可愛い、いやいやAIやから。チャッピーかわいそう、いやいやAIやから。みたいに葛藤しながら観てたからラストでえー!で思いましたよ。怖かった。
シリアスなシーンに突然のテンション。きっとニンジャさんの勝負服なんだろう。第9地区を思い起こさせる展開だったが、第9地区に比べてちょっと雑な感じもした。始めは登場人物の全てが自分の都合だけを考えていたのがいつしか大事な人のことを思いやるようになる…のは良かったけどもうちょっと丁寧に描いていればな。映像と美術に関しては文句なし。
優秀なAIを搭載したロボットを作ったものの、ギャングの手に渡ってしまい、製作者の意図とは違った成長をしてしまったチャッピー。歩き方や喋り方を一所懸命真似してるのが可愛い。ギャング達も段々とチャッピーを本当の仲間のように可愛がっていくのが良い。しかし、この監督は荒廃した世界を描くのが好きですよね。個人的に第9地区は越えられなかったけど、変わらずにこういう路線の映画はどんどん撮って欲しい。
人間ってただの二進数なんやな
MOVIX清水にて。2脚で自立するには華奢な体躯だなーとか、ヒトと一緒にああいう使い方するならもっと装甲の表面積を大きくしたほうが盾として役に立ちそうとか、ロボットの指でキーボードを叩くのかとか、脳波の測定方法がヒトと電気回路と同じでいいのかとか、デジタルデータなんだからボディがなくてもPCにコピーでもいいじゃんとか、複数のボディにコピーしたらいいじゃんとか、思いながらも、ヒュージャックマンさんかっこいい。
成長の過程で教育や環境が与える影響の大きさを実感した。(実際はここまで単純ではないだろうけど)永遠のテーマともいえる問題が意外とあっさり解明されて拍子抜けした部分もあるけど、もしかしたら、時代はここまで来ているということか・・・そして、ニンジャとヨーランディが実在することにビックリ!!
【映画館】思ったより泣けなくて良かった!(映画館で泣くのはなんか恥ずかしい) でもチャッピーがニンジャとアメリカに騙されて連れていかれた所でボコボコにされたシーンでは泣いてしまった。 ラストは、チャッピーが死ぬエンドじゃなくて良かった。 でもディオンはどうしてるの?一緒なのかな? ただ死んでいくのを待つのではなく、その運命にあらがって行動する無邪気なチャッピーに勇気づけられた。
今後が気になるニールブロムカンプ監督最新作ということでどんなものかなと思いながら見に行きましたが中々良かったです。 この手の映画は大体共に成長する「子供」が準主人公で出てくるのがお約束ですが、「子供」なのはチャッピーのみで周りの登場人物が全員大人なのがこの作品の面白いところだと思います。しかしラストの畳み掛ける様な展開にはオイオイと突っ込まずにはいられませんでした。 冒頭でロボコップか?と思ったら途中からヒューが脳波でロボット操り出して完全にリアルスティールでしたし突っ込みどころ満載で楽しかったです。
いろいろとツッコミどころ多かったですが、面白かった。 個人的には、第9地区の方が好き。
映画館にて
「暴力は止めろ!」と叫びながら破壊の限りを尽くすチャッピーの姿がものすごくロックだった。ところで、『エクスペンダブルズ3』でもそうだったけど、最近は「アクションもこなすITオタク」が流行りなの? 世間のITオタクに対する要求度がまた一段階高くなった。
深いようで実は激浅。環境から学んでいるように見せかけて、実際は人間らしい(と思わせる)反応を引き出すような状況作りがあってそれに基づいて動いているだけ。ひどい状況に放り込まれて「人間って何でこんなひどいの」っていう構図ばっかりじゃん。後半のロボコップ的な展開も『意識とは何か』という核心を避けてるし、結局チャッピーの可愛さしか残らない映画だった。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

チャッピーを観たいと思ったみんな最新10件(107)

04/05:ちるそら
03/19:くれない
11/27:そーがわ
10/09:いも
09/21:さおちん
09/03:pozuki
08/13:nishiji23
08/11:k-cola
チャッピーの評価:72% レビュー数:154
ログイン 新規登録