真夜中のゆりかご

真夜中のゆりかごの感想・レビュー・登録(37)

最新の20件表示中[もっと見る]
11/17
途中まで、まぁねえ、子供にとって何が一番良いのかねえ、親は選べないしねえ、などとユルく考えながら観ていたが、後半衝撃の事実が判明して全部ふっとんだ。これで後味が悪くないんだから(亡くなった子供だけは非常に気の毒なのだが、ほかの人たちは結局それぞれ救われているのだ)それはそれで凄い。
まだ救いのある犯罪サスペンス。たったひとつの判断ミスから起こってしまった悲劇の連鎖も、全てアンドレアス刑事の良識あっての行動と捉えると、犯罪と言えど責められないと思いました。良い母親の基準て何なのでしょうね。満足にオムツも替えてあげられないようなダメ女でも、子供に対する愛情は溢れんばかりで、またその一方では、、、見た目で判断するのは難しいものですね。育児ノイローゼになるほど追い詰められた母親の変化に気づいてあげられなかったイクメンの父親を責めるのも酷な気もしますし、現代に潜む闇を見たように思います。
08/11
USD
07/05
07/01
K
06/29
06/24
06/07
最近になって小説音楽映画など注目される機会が多くなった北欧。日本はなんでダメなんだろう。Cool Japanなんて見てるとなんだか悲しい気分になる。それはそれとして、ある事実が明かされたあと映画は急激に重くなる。いわば全員が罪人。救いがあるとすれば生き残ったものがいるということか。
映画館にて鑑賞。スサンネ・ビア監督作品を映画館で初鑑賞でした。何とも言えない気持ちにさせられます。犯罪なんだけど、誰も責めたくないというか。予告編で大体のストーリーが読めていた気がしてたんですが、途中から違ってました。観終わって伏線らしきものが回収できたかな。悲しすぎるけれど、ラストシーンで少し救われました。
悲劇の連鎖で哀しくて残酷で重い。実の所、脚本は雑かもしれない。亡くなった赤ちゃんをあの状態で置いてくるなんてことはあり得ないし、親として絶対にそんなことは出来ないことだと思う。でも育児放棄・薬物中毒・アルコール依存・育児ノイローゼなどなどリアリティがあって、アンドレアスの苦悩する演技のおかげで人間は追いつめられるとそこまでしてしまうのかと思わせてくれる。北欧らしい風景がまた素晴らしく上質なサスペンスになっている。
刑事のアンドレアス(ニコライ・コスター=ワルドー)は、愛する美しい妻と幼い息子と幸せの毎日を送っていた。ある現場に駆けつけると、薬物依存の夫婦と育児放棄された幼い子を目の当たりにする。男の方はかつて捕まえたことがあった。スサンネ・ビア監督。 いかにもな幸せな夫婦に訪れる悲劇。それは犯罪なのか...犯罪なのだけれど、現実の悲劇にとても考えさせられる。まるで「チョコレート・ドーナツ」と一緒。アメリカでも北欧でも世界のどこでも起きている事実なのか。 コメントにつづく。
久々に重苦しい映画を見たが終わり方はすっきりとしていて良かった。衝撃的な展開やどんでん返しなどではなく役者の心理的な動きをじっくりと見せてくれる良作。特に時間とともに危うくなっていく主人公の目つきがいい。心情的には理解できるとはいえ主人公の行いは犯罪であることには違いない。しかしながら、これほど哀しい罪もないだろう。
映画館にて鑑賞。どんよりした暗い雰囲気ですっきり感も無くもやもやしながら観ていたのですが、最後で少し救われたような気持ちになりました。ただ、最初から最後まで話に引き込まれました。
最新の20件表示中[もっと見る]

真夜中のゆりかごを観たいと思ったみんな最新10件(22)

01/15:aki6666
10/19:ささやん
06/26:まち
06/20:ルビー
06/17:
06/11:柊ゆい
05/31:しーや
05/28:小雨

真夜中のゆりかごを観た人はこんな映画も観ています

セッション
セッション

656登録

真夜中のゆりかごの評価:86% レビュー数:16
ログイン 新規登録