ジュピター

ジュピターの感想・レビュー・登録(222)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
こんな冴えない人生嫌って思っていたら、ある日突然、宇宙を支配する王族だと告げられてさあ大変!命を狙われたり、プロポーズされたり、いったい私どうなっちゃうの〜!?という感じの話。無意味に凝りまくった設定といい、突っ込みどころだらけの展開といい、まるでワナビ小説を惜しみなく超一流技術を費やして映像化したみたいで、逆にツボに入った。軍時代のスティンガーとケインの外伝があったら観たいかも。
元々あまりこの手のSF系統が得意ではないせいもあってか、本作は特にハマれなかった…いろんな過去作の既視感が渦巻いたためか。 ウォシュワスキー姉弟監督の作り込んだ映像美は相変わらず凄いけど、見続けてるうちに何だか疲れて来た…ラノベ感覚で見れば良かったんだろうけど。 結局は、ミラ・クニスはとてもキュートと再確認はできたけど...★3
正直、残念な作品でした。スパイダーマンっぽい、ビルの谷間を飛び回るアクションシーンなど、それなりの迫力はありましたが、観終わって何か物足りないですね。多分、類似のブロックバスターと比べて、「本作ならでは」といった特色が見えないからでしょう。ストーリーテリングも雑で深みがないように感じました。映画とは全然関係ないですが、ウォシャウスキー姉弟は、そろそろ「マトリックス」を3Dでセルフリメイクしては如何でしょうか?
星3.5/5。マトリックスを見た時の衝撃を期待したけど、期待外れ。ストーリーが?。ハラハラ感もなかった。映像はすごいと思うけど、最近の映画よりずば抜けてというのは感じなかった。主人公の女優がいまいちこういう映画にあっていないような感じがする。
つまらなかった。残念
マトリックスのような衝撃はないが、オリジナルでこんな大作作れるウォシャウスキーは流石だなあと終始ニヤニヤして観てた。ネタは完璧じゃなくても、三部作です的いやらしさもないし(なるのかもだけど)、おおこんなんやるんだと感心したり、古き良きSFみてる感じで良かった。フィリップkディック原作てだけで観てたころを思い出したですよ。でも単なる懐古主義じゃなくて、一周まわった意欲作だと思いますよ。
ウォシャウスキーらしさ満開でした。船体も装備もいちいちカッコイイ。ストーリーもうっすら「クラウドアトラス」を思い出すような感じ。でも王族それぞれのバックグラウンドがもっと語られたら、もっとのめり込んで観られたんじゃないかと思う。なんなら3部作でもいいぐらいwホントに素晴らしいグラフィックだったので劇場で観て正解だったなと思える映像美でした。
あの様式美をよくも2015年に復活させたなぁと思うか,2015年なのにあの様式美?と思うかで大きく評価が分かれるだろうな.私は後者だけど.映像革命でもないし,巨大同族企業の内紛に巻き込まれた陛下というのも新味乏しいし.っていうか何を持って皇族の権威が担保されているのかさっぱり不明だった. 3部作でじっくり製作すればもうちょっといい作品になったのではなかろうか.
貸切。話の展開が早いので?が多くて正直よくわからなかったな。途中からラブストーリー目線で観てたわ。敵の兄と弟がいい感じに気持ち悪いのは良かった。
ウォシャウスキー夢日記:なんで"昨日こんな夢みた"みたいな企画が通っちゃったのか。冒頭の空中戦はスピーディーでメカの挙動も面白い。けど他は大袈裟なだけでスケールが小さい。なんか貧乏臭いせいでネガティブなスペースオペラのパロディになってしまっている。"貴族"と"特権""エロス"を避けたのか描けないのか。クソダサいウェディングドレスとインベーダーゲームみたいな対無人機?戦で萎え萎え。ラストシーンで女主人公のスペオペはバーバレラが正解というのは解っているらしいので、ヒロイン大暴れお色気バカSFはフランス人に任せ
なかなか面白かったですし、空飛ぶブーツというのもユニークだったのですが、「映像革命の新章」というアオリはどうでしょうねぇ・・・。高層ビル街での空中戦はマーヴェル作品が一歩先を行っているでしょうし、宇宙空間での戦闘もスターウォーズを越えてはいないと思います。やはりマトリックスの印象が強すぎるんでしょうね。まぁ強いて言えば、ミラ・クニスの目のデカさが革命的でした(笑)
空中をサーフィンする靴、光線銃を防ぐ携帯用電磁シール、傷を一瞬で治すスプレー、戦闘用使いっぱしりETなどなど。こういうSFガジェット見たかったんだよてんこ盛りに興奮でした。
画面いっぱいの木星がみれたのでよかったけど あとはもったいなかった
映画館)2015年12本目の鑑賞。話の方は説明不足な部分があり、イマイチ話に入り込めなかったのが見終わった感想。映像も綺麗だけど、「アバター」や「アップサイドダウン」など他にも映像がキレイで驚いた作品は色々あったので「マトリックス」の時のような新鮮な驚きもなかった。もう少し作品を出す時期が早ければもっと持て囃されたのかも知れないなと思う。
マトリックスの監督作品だけあって拘りの映像美はよかったし、アクションシーンは迫力があったけど、いかんせんアクションシーンが長すぎる。もう少しカットして宇宙を統べる一族とヒロインとの関係をもう少し描いてほしかったなぁ。なんだかアクションで細かいとこ省いた感が凄くしました。
静かに翼をたたむシーンが好き。気持ちが映像に表れていてとてもきれいだ。本作はそこそこOKレベルの普通の宇宙SFなのにことさらに低評価を集めているのは公開前の宣伝がまずかったからだ。配給会社の人は映画を観るプロなんだから自分たちが作ったチラシの惹句のような位置づけの作品じゃないことは10分観ればわかるはず。集客さえできればばあとは野となれという近頃主流のやりかたは観客を馬鹿にしてるし作品を貶めてる。こんな宣伝した人達も元は映画ファンだったはずなのに。
アクションは観ていて飽きなかったけれど、話は期待していたのとは違って、シンプルな感じ。 空中を移動できるブーツでのアクションは、近くに寄ると、スケートのような腕の動きがちょっとカッコ悪い気がした。 しかし、ジュピターが落下するところ多すぎ…
アクションシーンが多いのと長いので、これでもかと映像演出の押しつけに見えてしまい、「確かにすごいよ、はいはい。。。」みたいな感覚で疲れた。なんだろう、もっと脚本とか設定がしっかりしていれば、王妃が命がけの兵隊に惹かれていくとかわかりやすく引き込まれるものにもできたんではないだろうか。。。(備忘録:青髪女戦士は「ペ・ドゥナ」)
宇宙を支配する吸血鬼一族、配下の竜、狼男の騎士と小道具の効いたゴシック的な味わいのビジュアルや空中戦は楽しかった。ハーレクインなお話は苦手だけど。
エンドロール前の惑星でDNA螺旋階段よかったなぁ!あと衣装。スタイリッシュテイタムアクション満載。エディくんやっぱりすごいうまい。 とにかく衣装がいい。スチパンよりも敵の青髪サイバーが超よかった。あと宇宙服。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

ジュピターを観たいと思ったみんな最新10件(50)

01/08:かたやま
10/31:nossp
08/15:まーも
07/05:志信
06/05:佐倉
05/27:Mia
05/18:ayafee
04/28:ぱんの
ジュピターの評価:86% レビュー数:96
ログイン 新規登録