劇場版ムーミン 南の海で楽しいバカンス

劇場版ムーミン 南の海で楽しいバカンスの感想・レビュー・登録(125)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
(映画館)
ムーミンの男の子らしさにほほえんでしまう。とってもステキだ。スノッブな人物たちへの皮肉なエピソードを挟みつつも、人嫌いのスタンスに落ちないところがムーミン!だった。楽しい映画でした!
「波の音、聞こえる?」の突然のエコーに大笑いしかけたo(^▽^)o バカンスに誘われるも着いていかないスナフキンを残念に思う気持ちと、ああ〜っ、だよね!スナフキンは行かないよね!って納得する気持ちが半々でした。最後ムーミンとスナフキンが二度ハグするシーンがかわいくてニヤニヤしました
原作どおり忠実なムーミン。こんなにも何てことない出来事を淡々と進めても、ちゃんと観れてしまうのが流石はムーミン。というか、他のキャラじゃできないだろうなあ。
☆3.5 映画館にて。 アニメーションとはかくありなん。素敵でした。
冒頭のムーミン谷がとても素敵。谷ももっと見たかったなあ。リゾート地を満喫するフローレンとパパ。ママのずれっぷりとどこでも変わらなさ。まったりできてよい映画でした
絵柄も色合いもストーリーも含めて癒し映画。メチャクチャだけど見てると笑ってしまう…惜しいのはムーミン谷の描写が少な過ぎること。特に冒頭のスナフキンが歩くムーミン谷のシーン、すごく綺麗で可愛らしかったから、もっと堪能したかったなぁ。休みの日にまったりお茶でも飲みながら見たい映画かも。
2014年フランス、フィンランド。原題“Moomin on the Riviera”。貨幣経済ではないムーミン谷の住人目線で見る、「何をするにもお金がかかる」リゾート富裕層の社会。いつも服を着ていないフローレンがビキニという余計なものを身につけたときムーミンが叫んだ「ほとんど裸じゃないか!」という台詞が面白かった。所有するもの(着ているもの)が人格を規定する、という位置づけ。それはこの映画の中で金銭が「本来は必要のない無駄でありながら、持っていないと不自由するもの」として扱われていることにも共通している。
静岡東宝会館にて。楽しいムーミン一家世代。恥ずかしながらリヴィエラってどこかの国の地名かと思っていました。ミムラ姉さんのふわふわした感じがなんか素敵。パパさんの経験に裏付けられた話術の巧みさや、ママさんのどんな場所でも自分の居場所を構築してしまう強固な自我や、フローレンさんの刹那的な享楽に耽溺する放埒さに対して、ムーミンさんはあまりにも生真面目で思い詰めやすい性格なのかもしれません。うつ的なアレになりやすい傾向そのものに見えました。
かなり笑いました。
(映画館)
★★★☆☆劇場で、懐かしの声のムーミンを観るのは最高に幸せ。さま〜ずさん、カエラさんもすごく良かった。でも本音では小説原作の映画を観たかった。あとムーミン谷のシーンもっと観たかった。
今回、原作北欧だと初めて知ったムーミン弱者の小生。セレブ憧れのフローレン、保守的なママ、ある意味真のダンディズムを体現するパパ、芸術家としての才能を発揮するムーミン。確かに、日本のアニメにはない独特の雰囲気がある。あとで後輩と本屋に寄って原作本を見てようやく気づいたのだが、あれは「テレビアニメ」のテンポではなくて「絵本」のテンポだったのだ。荒唐無稽なのにオチは着実、突拍子のない行動ばかりなのに悪者は一人もいない。布団の中で読むに相応しい、夜寝る前の「めでたしめでたし」。そりゃそうだ、彼らは妖精なのだから。
100
オープニングの風景が本当にステキだった。そんな、繊細なタッチや色使いとは裏腹に話の展開の強引なこと。なんて自由なストーリー構成なんだと笑いつつ、でも、最後はちゃんとまとまっていたり。さすがムーミン。悪口の「魚顔!」がクセになる。
フローレンのビキニとか、入れかわっても気付かれないキャラとか、突っ込み所満載で面白かったです。同じ日に他に二本の映画を観ましたが、一番印象に残ったと言ってもいいぐらい。ムーミン一家最高!
絵のタッチも雰囲気も、まさにムーミン的世界を満喫できた。しかしあの旅への抵抗の無さはすごい。
朝早く仕事前に鑑賞。きれいな色とゆるやかな動きがとてもあたたかくて原作に近いタッチにも満足。海賊がムーミン屋敷に入ってきたシーンと、南の島のパーティーのシーンの動きがユーモラス^^ さま~ずのお二人の声も溶け込んでました。
ムーミン一家が谷の外へ出たらあんな感じなんだなあと、これまでにない視点でムーミンたちを見ることができて新鮮でした。マイペースを通り越してゴーイングマイウェイを貫き通すムーミン一家と、それに振り回されるリビエラの人々の構図がなんともおかしかったです。リビエラの人たち、何も悪いことはしてなかったのになあ…。笑 ムーミン特有のジワっとした笑いも健在で、非常にムーミンらしい作品だったと思います。
映画館にて】ぱぱ…ぱぱ……無鉄砲すぎるっていうか、ままも…w ふろーれんががんばっててよかったねぇっていうか、海賊船からの略奪品が金銀財宝じゃないものばかりっていうのがムーミンのいいところなんだろうなぁ 絵は日本のアニメとは違うなーと…ああいう色合いが好きなので、観ていて和んだけども! ストーリーがハラハラしっぱなしでw 危うい感じ …最終的に強引にハッピーエンドになったけどもw
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

劇場版ムーミン 南の海で楽しいバカンスを観たいと思ったみんな最新10件(58)

09/03:aisu
08/18:kiki
07/29:映生一
07/13:ことり
04/20:しんぺ
04/05:noo
03/28:カンカン
03/11:言音
03/09:びずん

劇場版ムーミン 南の海で楽しいバカンスを観た人はこんな映画も観ています

【Amazon.co.jp限定】アナと雪の女王 MovieNEX (オリジナル絵柄着せ替えアートカード付) [Blu-ray + DVD]
【Amazon.co.jp限

3897登録
風立ちぬ [DVD]
風立ちぬ [DVD]

5628登録

劇場版ムーミン 南の海で楽しいバカンスの評価:80% レビュー数:50
ログイン 新規登録