ユリゴコロ DVDスタンダード・エディション

ユリゴコロ DVDスタンダード・エディション
▶︎ 予告映像を観る
監督
熊澤尚人
出演者
吉高由里子
上映時間
128分
amazon.co.jp で詳細を見る

ユリゴコロ DVDスタンダード・エディションの感想・レビュー・登録(28)

最新の20件表示中[もっと見る]
原作未読。気にはなっていたんだけどね。そうかそういう話か。 いやあなんというか非常によい映画ではあるが見ているのが辛かったな。 彼女はまぎれもなく欠陥を抱えた人間で、生きていてはいけないような人間だけど、殺したのはほぼクズばっかりなんだよな。 最初の子は事故だし、少年を殺したのはどう考えても男のほうだもんな。 彼女が手を加えようが加えまいがあんなことしたら絶対死んでるでしょ。 被害者ヅラしちゃダメでしょ。 ま、かといって彼女のやったことは欲望のための殺人だからねえ。なんだかねえ。辛いねえ。
07/03
偶然を気にしなければ。。。
07/01
原作未読。こんなにも切ないミステリーは、はじめて観ました。そもそもの物語の流れが凄く良いと思えた。ラストは納得出来る終わり方でした。 近いうちに原作も読んでみたい。
原作既読です。切ない愛の話し。泣いた。
過去回想系ミステリー大好きです。それがだんだんと自分に迫ってくるドキドキ感。 大切な人を苦しめた過去がらあったから、その人が自分の側にいて、でも側にいることで苦しめた過去が自分を苦しめてる。ユリゴコロではなく本当のヨリドコロに気づいた彼女の葛藤が切ない。前半の自虐や死への衝動と、子供を産むという生との対象的に描かれた心の移り変わりが自然で、観ていてスッと心にくるものがあった。
原作で号泣したのでやっぱり観てしまった。吉高さん良かったと思う。
韓国バイオレンス+トリアー的激キモ描写で悶絶!いやはや凄い!
05/13
05/07
04/28
Mac
04/21
原作未読。ユリゴコロという名の拠り所。面白かったです。殺人ってだけじゃなく近しい人と一緒だとその人への殺人衝動が生まれてくるかもしれないっていうのは、そんな趣向からするとまぁわかりやすい衝動ではないでしょうか。自分の趣向・性癖と家族や子供との板挟みというのは難しい問題で。拡大解釈していけば何にでも当てはまるだけに、自分の癖と自分以外の人や社会との折り合いのつけ方というか。難しい…。それをうまくやれてる人がこの社会でサバイブ出来ているとしたら生きていく辛さたるや。ハミ出た人たちの哀しみですね。
DVDで鑑賞! 人殺しに自傷シーン、見ているのがツラくなるシーンの連続… ユリゴコロ、ちょっと理解しがたいモノがある… 狂気的?という言葉がふさわしいかどうかはわからないけど、吉高由里子&松坂桃李の演技は恐ろしいくらい凄かった… 
原作〝沼田まほかる〟さんとは?この〝ユリゴコロ〟と〝彼女がその名を知らない鳥たち〟でちょっと気になる作家さんとなった。
最新の20件表示中[もっと見る]

ユリゴコロ DVDスタンダード・エディションを観たいと思ったみんな最新10件(8)

03/05:あきこ
03/02:潤子
03/02:iti-8
02/17:27
02/09:やん
02/05:かおる

ユリゴコロ DVDスタンダード・エディションを観た人はこんな映画も観ています


ユリゴコロ DVDスタンダード・エディションの評価:86% レビュー数:12
ログイン 新規登録