女神の見えざる手 [DVD]

女神の見えざる手の感想・レビュー・登録(47)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
air
おもしろーい
最後にキメる感じの、好きですね。 ロビイストという仕事があまり耳馴染みがないのと、主人公が頭良すぎるせいなのか人格的に難ありな感じだったのでとにかく理解するのに一生懸命観てたんですが、最後カッコよかった。一体どんたけ先を読みながら仕事してんだろこの人は?て感じ。
ほんと、糞性格悪いスローン!なのに、貫き通して、結果出してるから、めちゃ格好いい。 なんて孤独な人なんだろ。 社会的成功者のサイコパス。 車輪眼の幻術みたいな。(´⊙ω⊙`)あの時から既に、、、!?みたいな(^ω^)面白い!けど、上映時間ちょっと長くて疲れちゃった
敏腕ロビイストのエリザベスは、銃規制法案を潰そうとする銃擁護派団体からの依頼を断り、大手ロビー会社を辞める事に。逆に部下の半分を引き抜き、銃規制法案賛成工作を行う小さなロビー会社へ転職した彼女は、法案可決の為に22人の議員を賛成派へ回そうとするが…という話。 頭が良くて仕事が出来て恋愛も不要で、そんな「強い女」が大手ロビー会社をメッタ斬り!というのは途中まで。後半からは「本当に計画の内なのか?」とハラハラしながら最後は大ドンデン!正直、辞職の作戦は即バレレベルなのですが、分かっていても面白い。 75点。
アーロン・ソーキンのNews Roomから二人も出てた。政治がらみの番組だと出てくれる人が少ないのだろうか?ジェシカ・チャスティンはいつも能面のような顔で「私も本当は傷ついてるんですけど表には出せません」みたいな役が多い。いま繊細かつミステリアスな役をやれる女優さんあまりいないのかも。マーク・ストロングは片思いされてる含みと見た。結局博士号は持ってるのか?フォード君いいとこもってきました。一番いいとこもってったのはゴッキーだな。
「ゼロ・ダーク・サーティ」をほうふつとさせる、若い女主人公の執念と孤独を描いた作品。相変わらず強さと脆さの配分が見事なJ・チャステインの演技とスピード感あふれる脚本で、あっという間の二時間だった。民主主義の最大の欠陥と、目的のためなら手段を選ばぬ価値観がクローズアップされ、お世辞にも希望に満ちた作品とは言えないが、ラストシーンでは、ゼロダークにはなかった救いが見えたような気が。それにしてもアメリカの自己批判能力は大したものだ。不正や悪の向こうには正義や善が必ずあると固く信じられているからでしょうね。
とてもおもしろかった。ジェシカ・チャステインにぴったりの役だったと思う。飽きさせない展開ですごくおもしろかったけど、スローンは危ういし平気で人のいちばんの暗部を利用するしで主人公としてひとつも感情移入できなかった点が残念。まぁロビイストだから高潔でクリーンな人間では務まらないんだろうが。
無駄なシーンがなくて物語がどんどん展開していって、ラストまで面白かった。 こんなに仕事ができたら、さぞやりがいもあるだろう。だけど自分の仲間も利用し、欺き、精神薬に頼りながら生きていくってしんどい。
fkr
@ツタヤ配信 面白い。言葉のスピードがとても速くて見ながら半分ほどしか処理できないが、言わんとしてることは伝わる。何より鮮やかな逆転劇が気持ちいい(当人は表情を全く変えないのも良い)。
原題はミズ・スローン。数年前の『フィクサー』(原題はマイケル・クレイトン)という映画を思い出した、というか、あれを強く意識したと思うが、遙かに面白い。それは主役の造形とわかりやすさと、二転三転する展開。それなのに評価がイマイチなのは、テーマが世論を二分する銃規制だからでしょうね。とにかくジェシカ・チャステインがカッコ良くて、ひたすらまわりを振り回わすのだが、時折見せる動揺と傷心の表情が心鷲づかみ!
かっこいいい…………こういう女性好き。どんでん返しなサスペンスとしても最高!
そもそもロビイストの話が好きなので楽しく鑑賞。そしてラストでのどんでん返し含めて痛快でした!頭いい人達の暴れっぷり最高! ロビイストの活動は、議会への法案だけじゃなく陪審員の獲得とか色々あるんですけど、そのどれもがやっぱりハイスペックな頭脳の持ち主達の権謀術数で、結果を予測して導くために全力を尽くすっていうのがもうしびれますねー!面白かったです。
誰のことも信用しないから、誰にも敬愛されない。仕事の腕はすごいけど、楽しそうにはみえない。すべて自分で承知してやってるんだろうけど、人の心の傷をさらに痛めつけてまでやる仕事なんだろうか。暴走していくスローンには共感できないけど、最後の切り札で敵をひっくり返すのは小気味よい。でも、どっちもどっちだからなー。
ヒロインである女性ロビイストのエリザベスが個性的ながらも魅力溢れる人物で最初から最後まで楽しく鑑賞できました。テンポある会話、エリザベスが画策する戦略、驚愕のラスト。久々に見て良かったと思える映画でした。
これは面白かった。頭脳戦。正義が大好きなアメリらしく、銃規制に賛成派も反対派も大義名分を掲げるあたりが彼ららしい。勝つ為になんでもする主人公の策略はなかなかエグい。まさかのスパイ戦術は凄まじく爽快感はある。しかし、だからこそ、勝ちはしたが数多くの人の人生を曲げてしまった。その事をあわせると悲しい映画でした
ただただ面白い!最後は久々「うお~!」となった。二人の助手との関係も良いが、ストロングとリスゴーとの掛け合いも絶妙!
ギンレイホール。最後まで計画されていた女性ロビイストの執念。映画としては超一級の作品。ミス・スローンのような緊張感に満ちた仕事をしていると、精神的にどこかで摩耗してしまうよね。いったいどこからそんなエネルギーが沸き起こってくるのだろう。
my映画館2018#5> 常に一手先を読み、勝利を勝ち取るためには情け容赦なく手段は選ばずの女性ロビイスト・・・って、国家級のスパイ顔負けの戦略には唖然。 原題"Miss Slone"で、捨て身で味方も欺いた激震のクライマックスを見て、しばらくは孤高でMissを貫くんだろうなぁと。 凡人にはそのメンタルは到底理解できないが・・・唯一の息抜きには人間味を感じた。 しかし、見事に高度なポリティクス+エンタメ技を魅せた監督の手腕に拍手。 ジェシカ・チャスティンはもう強い女性のイメージしかない。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

女神の見えざる手を観たいと思ったみんな最新10件(11)

07/22:言音
05/04:たぬきち
04/06:悠遠
04/05:ちこ
04/01:ぺん
04/01:佐姫子
02/28:kbtysk
02/24:藤野

女神の見えざる手を観た人はこんな映画も観ています


女神の見えざる手の評価:89% レビュー数:21
ログイン 新規登録