『マンハント』映画前売券(一般券)(ムビチケEメール送付タイプ)

『マンハント』映画前売券(一般券)(ムビチケEメール送付タイプ)
▶︎ 予告映像を観る
監督
出演者
上映時間
amazon.co.jp で詳細を見る

『マンハント』映画前売券の感想・レビュー・登録(11)

02/21
02/14
my映画館2018#16> ジョン・ウー監督の手に掛かれば、日本も無法地帯に・・・うん、怪作(笑) まぁ、リメイクやリアリティの観点からすれば、酷評だが・・・正真正銘のジョン・ウー監督印。 早々に鳩を飛ばし、二丁拳銃に、無茶苦茶な銃撃戦に、きっちり"A Better Tomorrow"って台詞もあり・・・終盤は『ハード・ボイルド』とか思い出して、ニヤニヤ。 ぶっちゃけ、冒頭から分かりやすい原作へのオマージュで、その後の雑な展開には首を傾げてたが・・・気付けばラスト近くで、見せ方はやはり流石かと。
02/12
映画館)2018年7本目の観賞(ユナイテッドシネマ豊洲にて)。「日本を舞台にしたハリウッド風アクション映画」という印象。実際の大阪で、あんな戦争まがいの銃撃戦有るわけないし、製薬会社が人体実験をして痛みを感じない兵士を作るという話自体無理があるなと思う。まあ、アクション自体が良かったのでよしとしたい。あと、エンドロール後にも福山雅治とジョン・ウー監督の対談があるので要注意。感想はこんなところです。
TOHOシネマズ秋田で鑑賞! う~ん… 役者さんの演技やアクションシーン(特にチャン・ハンユー)は良かったし、作品を彩る美女(チー・ウェイ、ハ・ジウオン、桜庭ななみ)は良かったんだけどな~ あの薬剤話は、ちょっとイマイチ… 面白かったんだけど、ちょっと残念な感じだったかな?
鳩。二丁拳銃。福山雅治。ジョン・ウー。
ryo
02/09
元ネタの「きみよ憤怒の河を渉れ」を見てから行ったが、元祖がもともとトンデモ話なのでここはどこの国かと疑いたくなるくらいは仕方ないだろう、かえってこじんまり収めたくらいだ。台詞が多少おかしく噛み合ってないところや、斉藤巧をちょい役に使ってしまうなどもったいないところがあり、随分拙速に作ったなあという感じだ。この辺が世界基準に達しないアジア映画の限界かな。それと中国女優の真由美役と殺し屋役の顔が同じで見分けがつかなかった、整形女優は使わないほうがいいよ。
02/09

『マンハント』映画前売券を観たいと思ったみんな最新10件(3)

02/03:ぬかじん
01/27:candytuft
12/07:はちみつ

『マンハント』映画前売券を観た人はこんな映画も観ています


『マンハント』映画前売券の評価:91% レビュー数:5
ログイン 新規登録