『去年の冬、きみと別れ』映画前売券(一般券)(ムビチケEメール送付タイプ)

『去年の冬、きみと別れ』映画前売券(一般券)(ムビチケEメール送付タイプ)
▶︎ 予告映像を観る
監督
出演者
上映時間
amazon.co.jp で詳細を見る

『去年の冬、きみと別れ』映画前売券の感想・レビュー・登録(14)

04/08
ヒントが多くて開始すぐにオチがわかるんですが(タイトル、第2章から始まる、季節、岩ちゃんの態度etc)そこ踏まえた上でどーやって落とすか?が大事なわけで、ちゃんと成立しててしっかり作られたサスペンス。北村一輝好きとしても満足。 あと、High&Lowザム好きとしては、コブラ対尊龍という構図、コブラは山王から金沢へ行ってまたSWORDへ帰ってきたんですね、わかります。最後の生きろというHIROさんと尊龍からのメッセージを代弁するコブラ、わかります。黒髪眼鏡の奥から光る鋭い眼光&低音ボイスまさにコブラ、わか
原作とは似て非なるものと考えたほうがいい。テーマとして【愛】に比重を重く置いた感があった。もう一度見たい。
03/28
岩田剛典さんの演技を褒める人が多いですが、個人的には北村一輝さん演じる小林があってこそだと思います。映画はほぼ原作通りと言う感じです。多少の設定改変は映画化に付き物なので致し方のないところかなぁと思います。友人に聞かれたら、興味があるんだったらとおススメできるかな。
メロメロラブストーリーぽい題名だけど、しっかりミステリーサスペンスなんですねぇー そういう事なのかという意外性はそれなりにあったけど、騙されるという先入観が無ければしっかり騙されたかも。 なかなか普通に面白かったけど、少しキレイにまとまり過ぎが普通になっちゃったのかなぁー
03/13
03/11
本日公開初日、TOHOシネマズ秋田で鑑賞! これ、面白かったです! よくできたストーリー、よくできた「罠」にまんまとハマってきました(笑) 岩田剛典君、山本美月さんは、十分に良かったけど、個人的には、土村芳さんの可愛らしさに泣かされてきました… ちょっと切なかったな…
原作はもうほとんど忘れてしまったため原作通りかどうかはちょっと分からない。しかしさすがワーナー資本が入ってるだけあってミステリーとしては良く出来ていたんじゃないかな。ただあんな告発書を残してしまったんじゃ日本じゃすぐ捕まっちゃうよ。
03/06
人を愛するって、とてつもないエネルギーをもってるんだね、たとえそれが狂気の方に走っていったとしても。

『去年の冬、きみと別れ』映画前売券を観た人はこんな映画も観ています


『去年の冬、きみと別れ』映画前売券の評価:100% レビュー数:7
ログイン 新規登録