ダンケルク ブルーレイ&DVDセット(3枚組) [Blu-ray]

ダンケルク ブルーレイ&DVDセットの感想・レビュー・登録(64)

最新の20件表示中[もっと見る]
01/18
01/16
01/15
終始静かなトーンの映画。戦争でいつ殺されるか分からないという緊迫感だけが漂う。
ノーラン監督の最新超大作と期待して観るとがっかりするであろう作品。まず肩透かしをくらうのは、これはいわゆる戦争映画ではないということ。戦闘シーンはストーリのごく一部で、あとはひたすら逃げる逃走映画で、生き延びた者あるいはそれを助ける一般人こそがヒーローというのがメッセージだ。ただ最後は「正義は勝つ」的トーンで幕を閉じ、ちぐはぐ感は否めず。あといきなり撤退のシーンから始まるため、逃走者の切迫感や悲壮感がうまく伝わってこない。映画にとってプロモーションの仕方というのがいかに重要かということを改めて感じた一作。
01/13
01/10
台詞も音楽も控え目で、ドラマ性も希薄だが静かなサスペンスがずっと続いてよい。虚仮脅しがないというか。戦況が押されていて、さっさと本国に撤退することすらできずに40万もの兵士が海岸にいる状況からスタートする。Uボートの魚雷やら空爆やらに邪魔されて踏んだり蹴ったり。で最後は宮沢賢治の「オツベルと象」みたいな感じになる。
01/09
01/09
01/07
宣伝によってかなり期待していたので、期待外れ以外に言葉がありません。名もなき人々の描写が戦争の愚かさをよく描いていると思いますが、映画としてのワクワクは全く感じられませんでした。それでいて壮大ということもありません。そのあげく、最後は戦争バンザイとは、いやはやという感じです。
01/05
01/05
戦場からの敗走についての実話。「何が見えますか」「祖国だ」民間の志願者たちが戦場に助けに来たのを見たときの、兵士たちの気持ちは私の想像を超えたものだろう。この悲劇と奇跡の救出劇の後のラストシーンで反戦ではなく「何があっても国を守る」と主張するところが今時にしては珍しい。しかし、戦場で仲間がたくさん亡くなり、自分は市民に助けられ敗走を暖かく受け入れた時にそう思うのはある一つの自然な気持ちなのかもしれないと思った。
01/05
最新の20件表示中[もっと見る]

ダンケルク ブルーレイ&DVDセットを観たいと思ったみんな最新10件(7)

01/05:かめ
01/03:hydropunk
12/29:
11/28:YUU
11/14:かおる

ダンケルク ブルーレイ&DVDセットを観た人はこんな映画も観ています


ダンケルク ブルーレイ&DVDセットの評価:59% レビュー数:19
ログイン 新規登録