ちょっと今から仕事やめてくる 通常版 [DVD]

ちょっと今から仕事やめてくる 通常版 [DVD]
▶︎ 予告映像を観る
監督
成島出
出演者
福士蒼汰
工藤阿須加
黒木華
森口瑤子
吉田鋼太郎
上映時間
114分
amazon.co.jp で詳細を見る

ちょっと今から仕事やめてくる 通常版の感想・レビュー・登録(62)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
ど直球のメッセージ。それだけなら観れてなかった…ミステリ要素が、最後まで観た要因。それだけに、いかにも意味ありげな寒気を感じた不気味な女性、回収できてねーじゃん、と気になっちゃって。ミスリードにしても精神の闇を表現する演出にしてもなんだか雑… 今、選択肢が見えなくて悩んでいる人にはきっと響く映画だしぜひ観てほしい。もう生き方が上手くなってしまった人には…うーんどうかな?
わー無理あたしなら死んじゃう。ていうか速攻会社辞めてスキップする。福士くんと工藤くんの目がキレイ。吉田鋼太郎と黒木華上手すぎ。ハラスメント上司のバックグラウンドが気になる。どうしてこうなった、的な。最初に入った喫茶店の奥に座っている薄ら笑いの赤黒い女性はなんだったのだろう。単なるサブリミナル効果?
★★★☆☆ブラック企業で働き、ひたすら業務をこなす生活を送る。今も若い社員が過労死するニュースもあるし、こういう映画は意味がある思う。若い人気俳優を起用して、ヘビーになりすぎない。どこにも行けないと思っていたのが、「辞める」という選択をしただけで、あんなにイキイキとする。学校だって、会社だって、命より大事じゃない!
命より大切なものはないし、自分の周りには自分を支えてくれる多くの人がいるってことに気付かせてくれた。就職するのが少し怖くもなったが、頑張ろう。バツワヌだっけ、行ってみたいな
人は希望がないと生きていけない。希望はなくなったりはせず、ちょっと見えなくなっているだけだ。洋画と間違えてしまったかと思ったオープニング画面での言葉が最後まで優しく綴られた映画。
余り期待せず観たんですが、案外、良かったです。途中までは観ていて辛いシーンが多く、観るのを止めたくなりましたが、後半、とても良かったです。会社を辞めてルンルンでスキップする姿の吹っ切れた感が本当に良かった。生きていれば色々あるけど、人生捨てた物ではないと言うラストの言葉が全てですよね。仕事に悩んでいる人に、是非、オススメしたい作品です。
★★★☆☆ 原作既読。原作とほぼ同じ内容だった。まあベタだけどこんな内容の作品も今の時代は必要なのかと思う。
こういう体験がないからかもしれないけど、悪くないけど…そこまで、と言う感じ。セリフによる説明が多く、饒舌な映画。黒木華などはもう少しやりようがあったんじゃないか?ネタ明かしがありきたりすぎてあんまり感慨がなかった。予告見てたときは、福士蒼汰は主人公の父親のユーレイで主人公を助けにきたと思ってた。父親生きてて、あれ?違うのか!ってなった(^^;)そういう意味では予想外の展開ではあった。
あ~↷↷なんか昔を思い出す。 残業代付かない残業。酒臭い終電に日曜出勤。悲しいかな線路に吸い込まれそうになる気持ちわかるわい。 そんなに簡単に言うなよって気持ちも分かる。 でも年を重ねてみると、自分勝手に生きる事も必要だという事が分かった。 今悩んでる人は必見の映画だと思う。
ベタベタだが、親の優しさがたまらなかった。世にひどい会社とか上司というのは本当にいるだろうと思うが、こんなのはたまらない。さすがに辞める....。いじめられっ子は、自殺するくらいだったらいじめっ子を殺したほうがいい、と言っていた人がいたが、まあ山本は現実にはいないし。しかしこの後ってどうなるのだろう。やっぱり仕事とかないのだろうか、選ばなければ食えるのだろうか。世間に出たくない、とかえって思わせられた。まあ大学だってろくなもんじゃないし、ダメな人はダメなのだろう。
彼女とTSUTAYAに行き、映画を探していたら彼女が見たいと言ったので、一緒に鑑賞。主人公の青山に自分の大学時代の辛くて、苦しかった時期を重ねて見ていた。就職において自分のやりたいことの重要さ、人によって苦しくなるが救ってくれるのもまた人など色々なことを思い出した。特に青山が実家に帰った時に親にかけられた言葉は自分の親が自分にかけてくれた言葉と全く一緒だった。人生、逃げることも大切なんだよね。福士蒼汰の関西弁、吉田鋼太郎の嫌な上司の演技よかった。
部長みたいなヤツは世の中に腐る程いる。映画だからここまでマジ卍フィーバーしてたのかもだが、耐性がない方は演じた吉田氏アレルギーになるかもwww 原作を知らずに福士ファンなので観てみたのだが、話は良き良き!希望はなくならない、見えにくくなるだけだって言葉にジンジンジン原由子きますた。ただただ、もう二度と観たくないwww ☆☆☆★★
原作未読である。 結構話題になってた小説だよねえ。 作品としては中々よかったが、昔ブラック企業に勤めていた身としては会社の描写がかなりキツかったわ。 キリキリと胃が痛いわ。 まあね。 そうなんだよね。 だいたいなんとかなるもんだよ人性は。
結局こんな気持ち。
ずっと母目線で見てた。もしわが子がこんな思いをして毎日仕事してたら、、って想像すると吐き気がしてきた。 実家に帰って初めて仕事辞めたらどうする?って聞いた時の母親の いいんじゃない?会社は一つじゃないでしょう?の言葉に涙がこぼれた。 人を救えるのってやっぱり人だな~って。 誰のために自分は生きるのか。改めて思い、生きていることの意味や価値を考えさせられる映画。ただ、、、福士君は別に関西弁やなくてもいいよね。 自分は関西人だから特にイントネーションが気になってしまって。
仕事を辞めるって決断した人って無敵だからね。それが上手く描かれてたと思う。
青山と同じように仕事で悩んでいる人には是非みてほしい。選択肢はいくらでもある、生き方もいくらでもある。視野を狭くせず余裕を失わないように、この春からの社会人一年目を頑張っていきたい。
先に小説を読んで鑑賞。本の方も良かったが、映画も良かった。すうっと感情移入できてホロっときた。題名は軽いノリなのに題材は重い。それをサラッとでも、きちんと伝えてて見終わった時爽快感を感じた。自分の人生は自分と見守っている人たちのためにあるという言葉は心に刻んでおきたい。
小説の大ファンなので、原作とだいぶ設定が違うのにびっくりした。おふたりの演技は素晴らしかった。福士くんも大阪弁頑張ってたし。ただ小説が好きな人は、映画は映画で、別物として観た方がいいかも。メッセージ性は原作と変わらず素晴らしかったと思う。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

ちょっと今から仕事やめてくる 通常版を観たいと思ったみんな最新10件(4)

12/29:ミント
10/08:名無し
09/19:かおる
09/08:iti-8

ちょっと今から仕事やめてくる 通常版を観た人はこんな映画も観ています


ちょっと今から仕事やめてくる 通常版の評価:84% レビュー数:26
ログイン 新規登録