虐殺器官 [Blu-ray]

虐殺器官 [Blu-ray]
▶︎ 予告映像を観る
監督
村瀬修功
出演者
中村悠一
三上哲
梶裕貴
石川界人
大塚明夫
上映時間
115分
amazon.co.jp で詳細を見る

虐殺器官の感想・レビュー・登録(39)

最新の20件表示中[もっと見る]
AR
07/08
好きです。あの未来感とかサイバー感とか何気にアメフトの中継放送とかw 上空からの突入シーンとかなんなんだよあのサポート兵器は!! たまらん!! しかしあれだな。そのあたりのシーンとか観てるとどっちが虐殺してんだよって思うわな。これノイタミナなのね。そう思って観てたらいかにもノイタミナな作品だったわw 意識高い系www ペラペラ喋り過ぎなんですよね。邦画によくあるやつ。精神的な話とかに持って行きたがる感じ。
言葉の力。虐殺器官。虐殺文法。良心の抑制。必要悪。本能の選択。生きるために殺す。何人からが群衆なのか。犠牲の元の平和に意味があるのか。問われていることを、そのままにしてはいけない。
03/08
02/28
02/18
KS
02/09
01/31
原作既読。かなり忠実に仕上がっていると思う。ただ原作のややこしい雰囲気を登場人物がただひたすら喋り倒している気がする。後、人物の線が細いのが気になる。もうちょい骨太にして貰いたかったなぁ。
ノイタミナ感満載。夢中になってページをめくった伊藤計劃の原作、やはりこれは文章ならではの世界観があるな〜〜!グラフィックやEDのEGOISTは素敵なのだけど、もう少しハードボイルドに行くのか、サイコパスくらい熱くなるかに寄って欲しかったな。サラッと観れます◎
原作未読で鑑賞。ストーリーとしては知的刺激に満ちているし、先の展開が読めないハラハラもので、またバトルシーンも斬新だった。ただ残念なことに、登場人物の絵(画風)がどうもしっくりこなかった。BLものばりの美形の主人公たちが言語学やカフカを語る言葉は上滑りしてしまっていて、重いテーマのどろどろした人間の闇の部分が伝わってこなかった。題材とストーリーはかなりいいので実写版にしても売れると思うが、このスケールをちゃんと実現できるのはおそらくハリウッドで、またトム・クルーズにかっさらわれると思うと少し気が重い。
2時間楽しくみることはできたのだけど、ややパンチ不足な感じがある。SF!という戦闘シーンも好きだし、終盤のジョン・ポールをはじめとする各キャラクターの自由などに関する価値観も興味深い。何が弱いかなーと思うと映像が弱いかもしれない。言葉や話に引きずり込まれても、映像が弱いかも。
いつも何か見た事あるなーって思って履歴を見ると何度もレンタルした事が・・ 自分の記憶力のなさに呆れるとともに、記憶に残らなかっただけかもとも思ったり。原作をしらないで見たので難しく感じてしまった。
FPSのような戦闘シーンがカッコ良い。
01/02
小説が凄すぎて・・・・・・。
最新の20件表示中[もっと見る]

虐殺器官を観た人はこんな映画も観ています


虐殺器官の評価:62% レビュー数:12
ログイン 新規登録