ジェーン・ドウの解剖 [DVD]

ジェーン・ドウの解剖の感想・レビュー・登録(35)

最新の20件表示中[もっと見る]
Amy
01/19
不可解な遺体→怪奇現象と王道ホラーながらなかなかハラハラする。実は実体?がほとんど見られない、最近の中では珍しい一作。なんとなく日本的な怖さもあるような。話としてはまぁ、救いようのない、はた迷惑な事案(笑)
前半部のサスペンスなところはスリリングで恐怖感も右肩上がり。尺の短さもあって小品としては十分楽しめた。よくよく考えてみると美しい遺体っていうその一点で成立りているような作品だったと思う。そのくらい物語のきっかけが面白い作品と言えるかな。
01/13
01/09
久々に当たり作。
解剖の手順と分析を見せてくのがよかった。地下の古めかしい遺体安置所という舞台もいいしブライアン・コックスのヤバイのか頼っていいのかわからない不安定な父親もいい。でもネタが洋モノホラーのいつものアレです、とわかってくるあたりからの失速感が否めない。ネタもオチもいつものアレ。別にいつものアレでもいいんだけど、せっかく解剖という科学的なアプローチから入ったのにサスペンスやミステリの要素を盛り上げ切れないままオカルトのターンに入っちゃったのが惜しい印象。
予備知識皆無で鑑賞。まあ、こんなシチュエーションで、不可解な出来事なんて言われたら、大体、悪魔とか黒魔術らへんでしょう。欧米は。だから、今さらオチには期待しなかったのだけど、なかなか面白い。俳優のぎこちなさとか、撮り方とか、気になる辺り、Bの下級なんですが、話の進み方が良い。ラジオから、悪魔の存在を示唆する歌が、聞こえるところが好き。なかなか緊迫感があって、良いとおもいました。 ただ、ちょっとあっさりしすぎかな。解剖、とタイトルにあるので、もうちょいグロくてゴアゴアしてて欲しかった。
12/29
自宅にて鑑賞。グロい描写タップリで観る者を選ぶ。以前にも『バタリアン('85)』等で登場していたが、本作では検視官が前面に立つ風変わりな設定で、舞台もほぼ遺体安置所のみとなっている。外界との折衝は古びたトランジスタラジオのみと云うのも巧い。ただ全体に説明不足な感は否めずストーリーも中途半端な印象で、作り手自身、物語が見えてないのではないか。カットの切り替えしが多用されており、判り辛いシーンもあった。怖がらせ方も淡白で単調に思えた。ユニークな設定が活かしきれておらず、どうにも歯痒い惜しい一本。60/100点
解剖の過程をミステリ仕立てで進めて行く序盤が、実にスリリング。”羊たちの沈黙”で、死体の口から蛹が出てきた時の衝撃で畳み掛けてくる。ただ、説明のつかない謎が積み上がり、オカルトに振られて行くので、理知的な解を求めると肩透かしをくらう。あと、続編に繋げやすいのだろうが、救いのない結末はどうにもすっきりしない。
死体を開いていくだけで只事ではなくなっていくあたりのネタは面白い。またラジオの使い方など上手い。ただ、肝心な場面で細かくカメラの視点を変えすぎているし、そんなに切返さなくていいと思う。一人でに死体置場の戸が開くところを、視点人物と交互に切り返すなんてのはありえない。というか怖くない。古典的にやるならオフの音だけで処理するか、ぼかした背景で動かしてよ。またエレベーター前でカメラを切り返しすぎ。傷口を洗う父親と事務所に残る子を切り返すところもやり過ぎてサスペンス消えてるし、アクションが起きるとよくわからない。
ジェーン・ドゥ=身元不明の女性の死体・・・その死体解剖で次々起こる謎と現象を見せるサスペンスで、解剖シーンがエグいので、食前から食後には注意されたし。 展開はオーソドックスで、序盤から傷一つない美女の死体を解剖しつつ、天候の急変や小道具等で、ジワジワと背筋を攻めて来るあたりはお見事・・・が、パワー・プレーになる後半は、想定の範囲内で終わるのがもったいなかった。 そう、終盤である実際にあった黒歴史が関わるのだが、これを知ってるか否かで余韻は違うので、黒歴史のダイジェスト的再現シーンは欲しかったなぁ。
12/03
11/24
11/10
最新の20件表示中[もっと見る]

ジェーン・ドウの解剖を観たいと思ったみんな最新10件(8)

01/27:
11/11:ヤマ
11/09:黒川
09/02:たぬきち
07/27:ツナ缶
07/24:mephisto
07/14:実之

ジェーン・ドウの解剖を観た人はこんな映画も観ています


ジェーン・ドウの解剖の評価:80% レビュー数:14
ログイン 新規登録