お嬢さん 通常版 [Blu-ray]

お嬢さん 通常版 [Blu-ray]
▶︎ 予告映像を観る
監督
パク・チャヌク
出演者
キム・ミニ
キム・テリ
ハ・ジョンウ
チョ・ジヌン
上映時間
145分
amazon.co.jp で詳細を見る

お嬢さん 通常版の感想・レビュー・登録(31)

最新の20件表示中[もっと見る]
11/05
パク・チャヌクは好きでほとんど全作観てるけど、これはいただけないですね。珍作といってよい。韓国人が日本人を演じて、日本語を喋るのも不自然だし、春本の朗読会も馬鹿らしい。何の説得力もない。音楽はただのBGMに堕し、シーンとセリフはひたすら平板。何より彼らしいハッとさせるような暴力描写が全然なかった。原作のどんでん返しも活かされているとは言い難い。誰か他の人が監督したんじゃないか、と。
09/29
09/17
めっちゃくちゃ面白かった!流石はパク・チャヌク監督、撮り方にエレガントさがあるというのか、性描写も下品にはならない。張りつめた緊張感を保ちつつ、どこかに可笑しみもある。原作を読みたくなった。秀逸★
09/03
08/22
原作も、原作ドラマも見てます。ベースにして違う話を作ったと思ったほうがいいのでは。個人的にはこちらのほうが刺激的でカタルシスを得やすいと思う。(原作は上品)しかし、日本語が聞き取りにくいのが一つの難点。吹き替えでもよかったのではないかな??あと、個人的にはそれまで存在感があまりなかった伯爵の終盤の存在感!!チョ・ジヌンがすべて持って行った感。爆笑した。グロもあるがエロエロなので見る人ご注意!
日本の春画朗読会?は流石に見てられないおぞましさでぞぞぞぞぞもあったけど流石チャヌク。2時間超える上映時間も一切飽きさせない。ハリウッドに行ってもカンケーなくどこまでも自分の美学を極めるのにある意味感動さえする。どこまでいくんだパク・チャヌク。個人的には主演女優二人のラブシーンは『アデル/ブルーは熱い色』以上に衝撃的だった。あと主演の新人の方めっちゃかわいい
ちょっと取っつきは悪いけど、後半のってきて楽しめました。エロとユーモアとバイオレンスと愛。原作読んでみたい。
07/22
Y
07/21
07/10
07/09
07/08
何だこりゃ?! 日本限定で炸裂する〝エロ朗読〟の破壊力 T^T
06/05
最新の20件表示中[もっと見る]

お嬢さん 通常版を観たいと思ったみんな最新10件(8)

09/21:くろ
09/15:鳥越
08/22:かっちー
08/14:ねむ
07/16:BUCCIBUCCI
06/30:あさのめ
05/10:みや

お嬢さん 通常版を観た人はこんな映画も観ています


お嬢さん 通常版の評価:52% レビュー数:8
ログイン 新規登録