ゴースト・イン・ザ・シェル ブルーレイ+DVD+ボーナスブルーレイセット [Blu-ray]

ゴースト・イン・ザ・シェル ブルーレイ+DVD+ボーナスブルーレイセットの感想・レビュー・登録(69)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
ゴーストインザシェルではなくスタンドアローンコンプレックスの方だ。個別の11人事件だ。街並は攻殻機動隊というよりプレードランナーに近い。吹替の声はアニメのキャストなので違和感はない。ただ、映画オリジナルキャラや設定は違和感バリバリ。アニメファンとしては、光学迷彩はよく頑張ったと思いますが、タチコマは出てこないし、バトーは途中から眼を義体化、少佐がダイブするネットワークの世界の描写も納得できない。実写化として攻殻機動隊を名乗るのはバツ。
たけしの滑舌の悪さとスカーレット・ヨハンソンの裸タイツにぐっと来た!これは良いぞ!続編を希望する!ヾ(≧▽≦)ノ
スタッフは続編作りたかっただろうね。
謎だらけだったけど、最後に謎が解ける。映像が面白かった。たけしと素子の話は切ない。・・
政府の下で任務を遂行する公安9課がハンカ社を攻撃するサイバーテロの黒幕を突き止める中、ミラの過去や誕生の秘密が明らかになる。 スカヨハには強くてスマートな役柄がよく似合う。たけしはえーごで喋らないのにかなり美味しい役どころを貰っていますね。未来の日本が伝統美に溢れており美しく、ゲイシャロボが特にイカす。アクションシーンは結構派手なはずなのに夜のシーンが多いためか凛とした印象を受ける。悪く言えばストーリーの起伏が控え目で印象薄。また、バディものが大好きなのでもっとミラとバトーの共闘で萌えさせてほしかった。
オマージュをふんだんに盛り込んでいる一方で、物語は「バイオハザード」シリーズの映画版みたいな構図に回収されています。いちばん楽しめるのは、攻殻ファンでかつスカーレット・ヨハンソンのファンの方ではないでしょうか。ちなみに、タチコマは出ません。あれはやはりアニメ(と漫画)ならではの表現だったのですね。
事故の末に脳以外全て義体となったキリアンは、対サイバーテロ組織である公安9課に配属される。ハンカ・ロボティックス社の博士を狙うテロ事件の捜査を進める内に、自身の記憶が何者かに操作されている事に気付き…という話。 ややオリジナル展開はあるものの、基本的に忠実で原作愛のある作品だとハッキリ分かります。特に外人の考えるサイバーパンクなトーキョー感はお見事で、金をかけただけあります。その分、スカヨハのアクションが大雑把なところと、たけしの演技が残念です。あとイシカワやサイトウも登場はほぼ1シーンだけ… 65点。
原作既読アニメ鑑賞済。問題作ですが、吹替で救われた感大きいですね。個人的にはブラックウィドウ以降のスカヨハにアクションさせようっていうスキームの中に攻殻がターゲットにされた悪というかwここまでくるともうスタローンやステイサムと一緒でアクション俳優じゃないの?って思いますけどwww内容はまぁ予想通り。
前評判が悪過ぎたので覚悟して見た。小物やバックグラウンド含め、既存の要素が垣間見られたり日本的要素多めで凄くリスペクトは感じたのだが、まーえらくザックリした話になったなと。一本で説明しなきゃいけないから仕方ないか。総合的にはアニメで充分、ハリウッド実写にする必要あったかなという感じ。光化学迷彩とか芸者人形は良かった。
前評判が悪かったので思った以上に楽しめた。暇でしょうがないときにはgood
アニメを半分でダウンした私ですが、なかなか楽しめた。アクションシーンの派手さは良い。義体の見せ方もおもしろい。素子がルーツを探りだし、話が動いてから、盛り上がりは良かったな。しかし、半分以上は世界観の説明に費やすような話の作りで、風景が中国にしか見えないのに、強引に日本と言っているのは残念。しかし、アニメでは機械と人間との哲学がメインだったが、ハリウッド的な人情物にストーリーが進んだのは残念。
アニメのみ半分ほど観ただけなので原作とあまり比べることが出来ませんが、アニメのスタイリッシュな美しさとかっこよさが実写になると何故か野暮ったく見える不思議。SF映画としては可もなく不可もなくといったところ。観てて面白くはありましたが、テーマはちょっとありきたりかな。今度は押井守版が観たいな。
正直あまり期待できない気持ちで見始め、中盤までは単なる実写で映像化したな、という淡白な印象。少佐がルーツを探し始めたあたりから、次第にカッコよさがわかってきた。アウトレイジな課長、オイシイところを持って行くサイトーさん、ラストシーンのビル上の少佐再び、のシーンで「こんな9課もいいな」と思えた。難解で哲学的な押井版より、社会的なテーマが強い神山版を好んだ志向はわかるが、ハリウッド的解釈で咀嚼されてやるせない気持ちは残る。少佐が手にした人間性って何だったんだ?吹替版見たい。
原作、アニメは観ていません。だから比較しようがない。なんか、ブレード・ランナーに似ているな、という印象。あと、ロボコップ(笑)映画の出来は別として、キャスティングは、スカーレット・ヨハンソンで良かったんじゃないでしょうか。セクシーでクールだし。ただ、アクションの見せ場がイマイチで、暗くて、湿っぽいのが、残念でした。映画の規模が大きいのに、ヒロインにスポットが当たりすぎ。敵と脇の印象が薄い。。。
映画館で観てDVDでも観た。映像の作り込み+スローな劇伴がいいコンビネーション。センスの良い近未来アクション映画に仕上がっており私は楽しめました。ひとまず素子誕生篇は描けたから続編希望したい…!!ところで、ビートたけしの銃ってリボルバーだよね?8発くらい撃ってた気がするけど。。。(^^;;
人間と機械の境界線が薄れていった未来、体を失って脳だけを機械に移植されて…
スカーレット・ヨハンソンが素敵でした。武も良かったけれどね。映画の内容としてはいまいちかな?
初代映画版をベースに原作・TVからも小ネタを拾ってきたりと頑張ってる感もなくはないが、まぁもう散々批判されまくってるとおり、とにかくあらゆる要素が陳腐。企画から実現まで時間がかかり過ぎて「腐ってやがる遅すぎたんだ」状態。ただ、「肥大化した本体から表層的な部分だけ真似たミームが生まれる」とか考えるとメタ的には興味深い…かも。あるいは一時間半疑似記憶を見せられていたんだと考えるとか(主人公の過去が判明したときに、そういうオチかと思ってしまった)
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

ゴースト・イン・ザ・シェル ブルーレイ+DVD+ボーナスブルーレイセットを観たいと思ったみんな最新10件(2)

09/02:ララン

ゴースト・イン・ザ・シェル ブルーレイ+DVD+ボーナスブルーレイセットを観た人はこんな映画も観ています

風立ちぬ [DVD]
風立ちぬ [DVD]

5673登録

ゴースト・イン・ザ・シェル ブルーレイ+DVD+ボーナスブルーレイセットの評価:72% レビュー数:25
ログイン 新規登録