フェンス ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

フェンス ブルーレイ+DVDセットの感想・レビュー・登録(42)

最新の20件表示中[もっと見る]
04/21
03/13
4点。舞台を映画化し、舞台で主演していたデンゼル・ワシントンをそのまま主役(そして監督)に据えた作品。社会情勢や過去の失敗など致し方ない部分も多いとはいえ、主役である父親が自分の考えを強固に押し付け息子の成長の芽を摘み取る過程、そして一方で自分はよろしくやろうとしているこの姿勢に強烈な嫌悪感を覚え、早くデンゼルをフェンスで囲って置き去りにしたい気分だった(笑)。我が家は両親との関係が普通かつ平凡だったんだなと改めて遡って幸せを噛みしめるきっかけにはなるw もちろん役者たちの熱演あってこその嫌悪感なのだが。
舞台劇っぽいなと思って見てたら、元は舞台劇でした。アメリカの田舎町の黒人中流家庭。古い時代のことなので黒人をとりまく環境は変わっているが、強権的な父親を中心にした家族の物語。デンゼルワシントンのトークが炸裂してる。
アカデミー賞4部門ノミネートなのに、ビデオスルーだと。助演女優賞のヴィオラ・デイヴィスに感動する!画面は暗いのだけど、フィルムカメラで撮ったような色合いで、映像がキレイ!2016年の映画だから当たり前っちゃ当たり前なのかもしれないけど、時代設定が1950年代だから新鮮だった。デンゼル・ワシントンはどんな気持ちで撮ったのだろうか。
01/02
12/29
12/27
12/19
夫婦や親子の関係を描いたよくあるファミリーものなのだが、今まであまり感じたことのない深い味わいがあった。舞台劇が原作なので、登場人物は少なくセリフが長く、おかげでそれぞれのキャラクターがしっかり生き生きと描き切られていた。若いころは夫婦ものや親子ものはつまならく感じたが、年をとるとこういうrealでraw な作品がとてもしっくりくる。大ヒットはしないがずっと見続けられる作品になるだろう。最後、デンゼル演じる主人公が姿は見えなくなってもその存在感はしっかり残っているくだりは、自分の父親を思い起こさせた。
11/29
トロイの長ゼリフが最初から気になっていた。なにせ、字幕スーパーを読むのが忙しすぎて演技を見ている暇がないのだ。▼やはり、そういうことか。よく喋る男は、喋りすぎる男は信用ができないのである。彼がどんな境遇にあったとしても、たとえ彼の言う通り生まれた時から2ストライクだったとしたって、彼のしたことを正当化できるか?できない。▼彼は一体何と戦っていたのだろう。何を守ろうとしていたのか。その戦いに疲れて、他に安息の場を求めては守ろうとしてたものを失うではないか。▼それでもローズは許してくれたようだな。他の皆も。
★★★★☆ 今の時代にも通じる家族の物語だった。ラストの方で妻が言う台詞にむちゃ心を揺さぶられた。
男親の責任にかこつけ自分を正当化するために喋り続ける親父、妻子への想い、過去の悔い、呆気ない死。、なんとも重すぎて息苦しさが募りました。
iro
10/24
もうずっと喋りっぱなしでデンゼル・ワシントンの唾が飛んで来そう! でこの頑固親父にイライラ。 家庭に壁作るな!って言いたい。 皆んな自由だ!って言いたい。 会話劇でこんなに憤慨させられるってデンゼルさん凄いです。
最新の20件表示中[もっと見る]

フェンス ブルーレイ+DVDセットを観たいと思ったみんな最新10件(12)

07/12:Kouki Asano
01/15:Mizuki
12/16:藤野
10/08:ventuno
09/15:かっちー
06/22:ATSUSHI
06/12:AR
06/04:いぬふく
04/02:かおる

フェンス ブルーレイ+DVDセットを観た人はこんな映画も観ています


フェンス ブルーレイ+DVDセットの評価:76% レビュー数:16
ログイン 新規登録