湯を沸かすほどの熱い愛 通常版 [DVD]

湯を沸かすほどの熱い愛 通常版 [DVD]
▶︎ 予告映像を観る
監督
中野量太
出演者
宮沢りえ
杉咲花
松坂桃李
オダギリジョー
上映時間
125分
amazon.co.jp で詳細を見る

湯を沸かすほどの熱い愛 通常版の感想・レビュー・登録(121)

最新のコメント20件表示中[もっと見る]
生きることの大事さを教えてくれる映画。
宮沢りえさん演じる母親は強くて優しくてすごかった。 ピラミッドのシーンは涙がとまらなかった。
人に愛されたいと思うなら周囲の人に愛ある行動をすることなんだなぁと思った作品でした。ルックスは華奢だけど、まさに肝っ玉母さんでした。
泣かそう、泣かそうと作ってるでしょう。泣き疲れるわ!
最後で「えぇぇぇ!?」となるけれど、血が繋がっていなくても家族を想う気持ちとか、死にたくないという想いとか、表現が素敵だった。裏切らない強い母でありたいと思う。
母に捨てられた女の子が大きくなって、母に捨てられた子たちを育てていくのですね。法律的にオッケー?とか野暮は置いておいて、無駄がないし、全部伏線。一瞬意味のないせりふなのかなと思うけど、あとで回収される。それと、予感させる映し方って言うか、リフレイン。銭湯の煙突とか、旅行に出発する時、クラクション鳴らすのと、出棺の時の構図全く同じだったり。あと、駿河さん、遠目だと全く分からないけど(声も全然似てないし)、アップになるとそっくりですね!!!王道かと思わせて、めちゃくちゃオルタナで、ベタベタしてなくてとても良い
杉咲花ちゃんと、鮎子役の子が上手!
おかあちゃんが娘を布団から引きずり出すシーンを始め、おねえちゃんと妹が蹴り合うシーン、たくさんの力強くて繊細なシーン、タイトルにきのこ帝国で号泣。宮沢りえさんと杉咲花ちゃんの演技がほんとうに素晴らしい。
思わず見入ってしまうし泣いてしまう。ただ終わりが、ちょっとダラダラしすぎて、もっとサラッと終わって欲しかった。幾つか疑問も残ったりしたが、まあそれは突っ込まないでもいいかな。ラストシーンは説明っぽくて、そこまでしなくていいよと思った。
小学生の子供が「お仕事頑張るので、ここに置いて下さい」って、もう泣けた。杉崎花が絵具だらけにされたあと、制服がなくなったのに、いじめと認めない学校(担任)に腹が立った。オダギリジョーのスケールの小さな旦那役がはまっていて、それでもカッコ良かった。桃李君が出ているのを知らなかったので、トクした気分。心配をかけるからと車椅子に乗らずに会いに行った母親に拒否されて、窓ガラスを割るシーンも泣けた。駿河学の探偵も良かった。
末期がんでガリガリに痩せていく演技としては実際、りえちゃんが痩せているのでリアリティあったけどちょっと心配になっちゃった。 子役の演技がとても上手で花ちゃんが泣くのを堪えてるシーンにこっちが泣かされた。 ラストは、、、どうなんですかね?見ているみんな誰しも、え!?自分ちの風呂の釜で??しかもそれで沸いた風呂に??って思ったと思いますが・・・ その、え?ってなった瞬間にぞぞってなっちゃって冷めました。
★★★☆☆(20170826鑑賞)評判がいいので見てみたけど、個人的にはそんなにすごくいいとは思わなかったです。でも、宮沢りえさんと杉咲花さんの熱演は良かったと思います。杉咲花さんがある人と手話をするシーンは、ジーンときましたね。(´;ω;`)
杉咲花が良かったです。ラストは衝撃
泣けるし、笑えるところもあるし、なかなかいい映画だった。 いい映画だったんだけど・・・ なんか終始イライラしてしまった。 何に対してのイライラなのかわからないけど。 登場人物になのか、作品そのものになのか、自分でもよくわからないがずっとイライラしていた。 もちろん泣くところでは泣きましたよ。 笑うところでは笑いましたよ。 非常にいい映画だと思いますよ。 それなのになぜだろう。 まあわからないものはわからない。 もう1回見てもいいと思う。 それくらいの映画なのにね。 なんでだ?
なぜこんなに評価が高いのか不明。私には、まったく共感するところがゼロで、登場人物達の不自然さに違和感しか感じなかった。俳優達の演技は素晴らしかったので、そんなはずはないと何となく最後まで観たのを後悔した映画。ラストは気持ち悪すぎて、どんなホラー映画よりもゾッとする。子供達のトラウマになるでしょう?人里離れた山の中だったらまだしも。
評判が良いので観てみました。 ちょっと期待し過ぎたかな…宮沢りえの見るからに病的な痩身がとてもピッタリ。しかしながら映画としては所々っ込みたくなる。あの状態で大事な子供二人を載せ運転が出来るか? 家出した夫、実母の存在を明かされた娘、旅先で出会った青年など周りの人達がすんなりと馴染んでしまう不自然さも感じざるを得ない。 あぁーだけどしゃぶしゃぶ。杉咲花が食卓を囲むそのメニューはクックドゥではなくても美味しそうだった。
余命少ない女性が、遺される家族の事を思い、一人一人と向き合い、皆が前向きに生きていける様にしていく映画です。双葉が病室で「死にたくない」とむせび泣くシーンは本当に哀しい。そしてラストシーンでは「マジか!」と思わず言いそうになりました。杉咲花と言う女優さんは今後どんな役を演じていくのか本当に楽しみです。
トリヴィアルなことはさておいていい作品だった。タイトルと余命幾許という前情報からある程度の感動は予告されていたとはいえ感動した。受け取るべきは人生の意味だろう。行動することの勇気にも目配せしつつ、死に行く母が生き残る子らへと何を与えられるかと考えたときに、破線的な繋がりに再び線を引いていく関係のネットワークであったのは含蓄がある。沸かされた湯の熱さが何を象徴しているか、それはまあ愛なのだろう。ではその湯の熱さに浴する者たちは何に人心地をついているのか。そこには人生の意味や価値の基礎づけというテーマがある。
国際線の飛行機の中で。泣いた
良かった~結構感動した。
最新のコメント20件表示中[もっと見る]

湯を沸かすほどの熱い愛 通常版を観たいと思ったみんな最新10件(37)

09/15:ニコ
09/06:はな
09/05:TerraPeople
08/16:のんこ
07/27:ys
07/21:こばやし
07/08:つめ

湯を沸かすほどの熱い愛 通常版を観た人はこんな映画も観ています

風立ちぬ [DVD]
風立ちぬ [DVD]

5681登録

湯を沸かすほどの熱い愛 通常版の評価:78% レビュー数:47
ログイン 新規登録